So-net無料ブログ作成
検索選択

高畑裕太事件、真相が分からなくなってきた [社会・ニュース]

追記。
↓ここの記事が一番まとも。
『高畑裕太さん強姦致傷事件の真相は何なのか。歯ブラシ云々の事実はどうなのか』
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20160919-00062363/

・・・・・・・・・・
何度かこの話題に触れてきたけど、ここにきてついに文春が、「被害女性の知人男性は暴力団関係者」と報じた。

※当ブログでの、この件に関する今までの記事
「高畑裕太示談成立しかし無罪主張」http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-10
「高畑裕太容疑者強姦事件」http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-25

9月3日追記で、私も反省し、本当に高畑裕太氏が100%悪いのか? と疑問を持つようになった。

考えてみれば・・・もし私が被害者ならば、男になど相談しない、まずは女性に相談する・・・そう思ったからだ。
が、あの時点で、それを書いたら「被害女性へのセカンドレイプ」「女性の人権侵害」と批判されるだろう、と、ちょっと怖い空気も感じていた。

もち、その知人男性が暴力団関係者だからと言って、即「やはり美人局」と断定もできないが。
裁判が行われないので、もう詳細は知りようがない。

このことについて、このサイト記事を参照。
https://geinou-news.jp/articles/%E9%AB%98%E7%95%91%E8%A3%95%E5%A4%AA-%E4%BA%8B%E4%BB%B6-%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3

一部転載
【まず被害者女性との証言の食い違い。事件の現場となった群馬県にあるホテルの従業員である被害者女性は高畑裕太に「部屋に歯ブラシを持ってきてほしい」といわれ部屋に行ったところ引きずり込まれて乱暴された、という証言をし、テレビでもそのように大々的に報道されていました。しかし高畑裕太は合意の上だったと発言。調書にも歯ブラシの記載はなく、被害者女性とはエレベーターで一緒に部屋まで行ったとされています。もしも高畑裕太が言っていることが本当であれば誰もが合意の上だと思うし事件性なんてまるでないわけですが、事件後にこれまでの悪い評判が出てきてコイツならやりかねないって雰囲気になりました。】

文春によると、示談金は1500万円だというが・・・。

そして確実に高畑裕太氏は仕事をなくし、母の淳子さんもこれからどうなることか・・・
この事件、一人の人間の仕事を奪い、その母親までもが非難にさらされるほどの事件だったのか?
こんなことを言うと、「被害女性へのセカンドレイプ」になるんだろうか?

そして、高畑裕太を100%の悪・加害者、被害女性側を100パーセント絶対被害者として報じてしまったテレビのワイドショー、コメンテーターたちは暴力団関係者が関わっていたことについては頬被りをするのかもしれない。


ただ、一方では東大生らによる女子学生への悪質な強制わいせつ事件もあったりして・・・
※「ゲス東大生」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-20

なんだか、男女関係、けっこう怖いね。
油断すれば、被害者、あるいは加害者=犯罪者になってしまう。

世間は恋愛しろ、エッチしろってうるさいけどね・・・。
これについてはこちらの記事をどうぞ↓。
「エッチしない若者を揶揄する毎日新聞系マンガ」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-16-1
「早くエッチしろという世間様」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-08-23

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

高畑裕太示談成立しかし無罪主張 [社会・ニュース]

【高畑裕太さん釈放】「高畑さんは合意があるものと思っていた可能性が高い」「裁判になっていれば無罪主張をしたと思われた事件」
http://www.sankei.com/affairs/news/160909/afr1609090021-n1.html

一部転載。
【前橋市内のビジネスホテルの客室で女性従業員に乱暴したとして、強姦致傷の疑いで逮捕され、9日に不起訴処分となり釈放された俳優、高畑裕太さん(22)の弁護人は同日、「高畑裕太さんの方では(性行為に)合意があるものと思っていた可能性が高い」などとするコメントを発表した】

転載終わり。

合意があるものと思っていた、という高畑氏。またバッシングされるのかも。
これは第三者には分からない。合意があったのか、なかったのか・・・
裁判になれば、その時の状況が事細やかに説明され、どっちの言い分に説得力があるのかが明確に出てくるだろうけど、それはもうなくなってしまったのだから。

まあ、これは柔道の金メダリスト内柴氏も同じようなことを主張し、反省の色がないということで、懲役刑を食らって、囚人生活を送っているのだけど。
こちらは裁判になり、その時の状況が表に出てきた上での、裁判官の判断だ。

一方、東大生らによる女性への強制わいせつ事件では、主犯格の男だけ、示談が成立せず、裁判となったようだ。この主犯格の男だけは許せなかったのだろう・・・女性は示談を拒否し、裁判で、主犯格の男を裁くことを望んだ。

高畑事件の場合は、うやむやになった感がする。

以下、高畑裕太氏の弁護士の話より、一部転載。
【知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く、少なくとも、逮捕時報道にあるような、電話で「部屋に歯ブラシを持ってきて」と呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えております。つまり、先ほど述べたような、違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件であります。以上のこともあり、不起訴という結論に至ったと考えております】

示談が成立したからと言って、高畑さん側が罪を認めたというわけではなさそうだ。

こういうと、被害女性を傷つける、セカンドレイプだ、女性差別、女性への人権侵害だと叩かれるかもしれないが、高畑さん側にも言い分があるだろうし、それを全く聞かないのも人権侵害かもしれない。

となると、まあ鳥越氏の件もそれに当てはまるけれど。
ただ、鳥越さんは、サンデー毎日編集長時代、当時、自民党の宇野総理の愛人問題を暴き、道義的責任を問い、辞任に追いやったのだから、不倫しようとした鳥越さんも道義的責任が問われて当然である。

高畑裕太氏は仕事を失った。もう二度と芸能界には戻れないだろう。が、ほかの職業に就けるのだろうか。
しかし本当に合意のもとだと思い込んでいたとしたら・・・もしも高畑氏が発達障害だとしたら、特有の思い込みの激しさがそうさせたのか・・・

とにかく、これだけは言える。
男性は女性を誘う時、よほど慎重にならないといけない。ほんとうにその気があるのかないのか。


※関連記事
http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2016-08-25「高畑裕太容疑者強姦事件」
http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-03「発達障害・高畑裕太容疑者」

続きを読む


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

高校生夫婦 [人生・生き方・生活・人間関係]

https://news.careerconnection.jp/?p=27180
『16歳で出産、親から自立して生活する高校生夫婦が羨ましい! 学校に通いながらバイトで家計をやり繰り』

※ワシはこのテレビ番組を見ていないので、↑この記事からの感想を述べてみる。

フィクションの世界なら、高校生夫婦でお話を妄想してみるの、楽しいけど・・・
う~ん、現実に考えて、うらやましいと思う人、いるのかな?
自分たちは生活するのに追われているのに、同級生らは遊んだり、春を謳歌しているわけで、ガマンしている部分も多々あるだろうと推測する。
そして、この先ずっと頑張り続けることができるのか、だな。一時の熱い思いだけでは家庭生活は維持できないのではと思う。

普通の高校生が子どもを産み育てるのは、かなり無理がある。しかも親の援助なしで。
まず、乳児は夜中のミルク、おむつ換えもある。この女子高生は本当に夜中、2,3時間置きの授乳をしながら、高校の授業に出席できていたのか?
いや、できないだろう。大人の働く女性も「育休」をとるわけで、ひどい睡眠不足がずっと続くのだ。
勉学はおろそかになるに決まっている。休学しないと無理だろう。
で、子どもはよく熱を出したりする。保育園は預かってくれない。だから「働くママ」も苦労している。結局、実家の自分の親に助けてもらい、おばあちゃんおじいちゃんに面倒をみてもらうことになる。

賞賛されている「自立した高校生夫婦」だが・・・本当に親の助けなしで、学校に通いながら、子どもを育てることができるのか、と思った。

経済的にも・・・今のままだと相当厳しそう。いや、日本って子どもの教育費がけっこうかかるから。もちろん、公立高校までと決めて、習い事も塾もなしということあれば、何とかやっていけるのかもしれないが。
ま、この高校生夫婦の場合、家賃は払わなくていいようだが、これからもその収入でずっとやっていけるのかどうか・・・収入がアップする可能性があるのかどうか、だな。
現実、かなり苦しいだろうと推測する。

そういえば、NHKで放送された「貧困女子高校生」は、アニメ制作の専門学校に行きたいけど経済的に無理ということで、夢をあきらめざるをえないという話にしていたらしいけど・・・
愛さえあればいい、という生活にずっとずっと耐えられる人は少ないだろう。
余裕のない生活は心をギスギスさせる。そんな生活に疲弊してしまう人もいるだろう。愛も壊れるかもしれない。

親を頼らない高校生夫婦、少ない収入でやりくりをしながら生活を維持していく姿は立派な生き方ではある。
が、世間が賞賛するような立派な生き方は、本当に厳しく、ごく一握りの人にしかできないと思う。だから賞賛されるのだ。
そして、この生き方はものすごい覚悟が問われる。子どもがいたらギブアップも簡単には許されない。

そう、世間から「偉い」と賞賛されるような忍耐力を必要とされる生き方をずっとずっと続けていけるのか、問題はそこだ。
※どうしても子どもが育てられなくなれば、児童養護施設があるが・・・

そういえば昔、テレビドラマで「14歳の母」があったっけ。
もっと昔は「金八先生」・・・やはり15歳の中学生が子どもを産む話。
高校生が子どもを産む話ではインパクトがないから、中学生設定にするのだろう。
で、たいてい、命の大切さをテーマに、主人公らは産むことを選択し、女の子は痛みに耐えてお産をし、めでたしめでたしで終わる。
その後の子育ての苦労が語られることはない。本人たちで生活できないので、親がかりとなり、自立どころではないのだけど、そういったことも描かれない。
「14歳の母」では、最終回、相手の男の子は中卒で働くことになった。おそらくバイト・非正規。
けれど、めでたしめでたし、なのである。「きれいごと」もここまで来ると唖然とする。
高校生同士で子どもを作っても、同じ感じになるだろう。現実はいばらの道だ。

ま、若者が恋愛=エッチをあまりしなくなった、結婚しない人(できない人)が増えていると騒ぎ、少子化を嘆く日本社会にとってみれば、子どもさえ責任もって育ててくれさえすれば、中学生だろうが高校生だろうが、子どもをバンバン産んでほしいだろう。

高校生夫婦賞賛の裏に、なにか胡散臭さも感じてしまう。
いや、保育園はもちろん、病児保育施設、そして児童養護施設を増やし、日本社会がまるごとその子どもの面倒見ますというならば、「若者よ、経済力がなくても愛があれば大丈夫、安心して子どもをバンバン産んで」と言ってもいいだろうけれど。

続きを読む


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

発達障害(高畑裕太容疑者) [社会・ニュース]

高畑裕太容疑者の発達障害疑惑について。
人との距離感を詰めすぎる、空気を読まない、どこかおかしい言動、どこか変わっている、素直すぎ正直すぎ子どものよう、無邪気・・・これらのことから発達障害では、という噂があるようだ。
母親の高畑淳子さんも息子に対し、規律を守ることができず、どこか危うさを感じていたようだが・・・。

もしも発達障害を、コミュニケーション能力が劣っている、人間関係を築くのが苦手、距離感をはかれない人、空気が読めない人と定義するなら、私もそこに入るかも。いや、苦手であることは自覚しているので、あまり人の迷惑にならないよう自重しているので、ぎりぎりセーフなのか? あるいはグレーゾーンかも。

それにつけても親業というのは、おそらくどんな仕事よりも大変で厳しい。

自分自身はいくらでも気をつけることができるが、それをどう子どもに教えればいいのか。
私も他者を「いうことを聞かせる」「指導する」ことは苦手。子どもならなおさら。

特に人間関係(友だち関係、恋愛関係、夫婦関係など)を築くのが苦手な者は、一番大変な子どもとも関係を築くのは厳しいのかも、と考えてしまった。
それでも大人同士の関係なら最悪、切ることができる。
でも子だけは切れない。(ただ最悪、児童養護施設へ預けることもできるだろうが)
子が犯した問題について、親の責任も問われる日本社会。私のように自信のない者は子どもを持つことを躊躇するだろう。

ところで、こういったことで安易に親を批判する人って、何だか独身の男性に多い気がする。

発達障害の子どもを抱えた親御さんの苦労を思う。
こういった事件が起きるたびに不安で仕方ないだろう。

そして発達障害が遺伝要素があるとのことで、少しでも発達障害の気があったり、親族の発達障害がいたりした場合、結婚出産に躊躇する者も少なからずいるだろう。また結婚相手を見る時、そういった要素があるかないか、親族まで見られるようになるのかもしれない。

障碍者を差別するなというのは簡単だけど、向き合うのは難しい。とくに子どもを持った場合。
発達障害を含め、障害を持った子を育てる自信がない、育てられないという親がいても当然かもしれない。
子どもを持つのは相当な覚悟が必要かも。

児童養護施設には、2割の発達障害の子どもがいるという。(孤児は少ない、9割には親がいる)
親が子どもを見放すのだ。あるいは言うことを聞かない=聞けない子どもに、つい手をあげてしまい、虐待してしまうのかもしれない。
けしからん、というだけでは解決できない問題。

と、そんなことをつらつら思ってしまった。



nice!(0)  トラックバック(0) 

高畑裕太容疑者強姦事件 [社会・ニュース]

追記9月3日
この事件について、高畑容疑者が「黒」ということでマスコミは報道し、私も当初そのように受け取っていたが、違和感を持つ人もわりといるようだ。
高畑容疑者の性格から、警察から頭ごなしに言われれば、パニックになって何でも「はいはい」と認めてしまうだろう、という意見もある。また発達障害の定義もよくわからない。

今の時点で高畑容疑者を「黒」とするのは早すぎるかもしれない。
疑問を持つことも「被害女性へのセカンドレイプ」として批判される。が、この空気はちょっと危ないかもしれない? どういう状況だったのか、警察が垂れ流す発表しかない。高畑淳子さんは事件について何も公表することもできないし、少しでも言い訳めいたことを言えばバッシングされる状態だ。被害女性のコメントも聞けない状態だ。高畑容疑者が100パーセント悪いと認めなくていけない空気になっている。

もう少し冷静にならないといけないのかもしれない。
以下、8月25日に自分が書いた「高畑裕太氏を100パーセント黒」として書いてしまった記事の内容に反省。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。