So-net無料ブログ作成
検索選択

炎上、長谷川豊「透析者は殺せ」発言について [社会・ニュース]

9月30日追記
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48552418.html#comments
長谷川氏、テレビ大阪の番組を降板させられたみたいだな。

ま、言葉があまりに過激すぎたか。
「日本、死ね」の場合だって、「日本人、死ね」だったら国会に取り上げられなかっただろう。匿名ブログだし。

しかし大人が「死ね」「殺せ」という言葉を軽々しく使う世の中。子どもの心も荒むはずだわ。子どもが「死ね」「殺せ」と言っても注意できないよね。

荒んだ世の中について関連記事をリンクします。
※ブログ「これも何かの縁・ハヤシのエッセイと物語集」より

「えげつない本音・美容整形の果てにあるもの」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-28

・・・・・・・・・・・
9月24日
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48511272.html
『あまりの低レベルな言葉が利に戸惑ってます』(長谷川豊ブログより)

「透析者は殺せ」発言・・・と書くと、長谷川氏は「はしょるな」と言うだろうな^^;
けど、センセーショナルな見出しは仕方ない。マスメディアにいた人間なら分かるだろう。

長谷川氏も目立つために、炎上を狙って、わざと過激な言葉を選んで使ったのでは?

「保育園落ちた、日本死ね」も過激な言葉を使ったからこそ、ここまで話題になった。

話題になりたくて、その言葉を使ったのだろう。
炎上、批判、嫌がらせも覚悟の上だったのでは、と。

「殺せ」「死ね」という言葉を、公に名前が知られている大人が使うことの意味と覚悟を持っているのかと思ったら・・・あら、まあ・・・

つくづく思う。子どもに「死ね、殺せと言ってはいけません」と注意できなくなったよね、だって大人だって使っているんだから。

ただ、もちろん前の記事「透析者が身体障碍者1級? 不公平かも」http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22に書いた通り、「透析者だけ優遇されている感」は否めない。

なぜ透析患者だけ??? 不公正だ、差別だ、と。

※障碍者1級ということで、さまざまな恩恵がある。タクシー初乗り運賃無料、医療費も月額上限1万円だ。

医療費を普通に払っているガン患者の方などは思うだろう。
身体障碍者2級でタクシーで病院に通っている人も、「なぜ透析者だけ・・・」と思うだろう。

不公平だ。
だから、世の中がギスギスし、「殺せ」「死ね」という言葉が蔓延するのかもしれない。

そういうことでは、長谷川豊氏は問題提起をしてくれたのかもしれない。


続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

これは気持ち悪い・鹿児島県志布志市 ふるさと納税PR動画「少女U」 [社会・ニュース]

追記。
うなぎ少女飼育動画、リンクしたユーチューブ、削除されたらしい。

http://www.sankei.com/west/news/160926/wst1609260095-n1.htmlより転載。

鹿児島県志布志市が「ふるさと納税」のPRのためにインターネット上で公開した動画に「性差別だ」といった批判が相次ぎ、市は26日に削除した。返礼品として人気が高い特産のウナギを黒い水着姿の少女に擬人化し、視聴者に「養って」と語り掛ける内容だった。市の担当者は「配慮が足りなかったかもしれない」と話している。

 動画は約2分間。プールで泳ぐ少女の映像に、男性の声で「僕は決めた。彼女のためにできる限りのことをしてやると」「おいしい物をおなかいっぱい食べさせ、ぐっすりと眠れるようにした」などのナレーションが重なる。最後は少女がウナギに姿を変えて水の中に去っていく。

 21日に動画サイト「ユーチューブ」で公開されると、ネット上では「男尊女卑」「少女監禁を想像させる」などの批判が上がり、市には約50件の苦情電話が寄せられた。

 市のふるさと納税推進室は「『養って』は、天然水で大事に養殖したウナギを強調する意図だった。養鰻業者が風評被害を受ける恐れがあり、削除を決めた」と説明している。】


そんな折、朝霞の少女拉致事件の初公判のニュースが。
http://news.so-net.ne.jp/article/detail/1294829/?nv=c_top_latestより転載。

【 2014年3月に埼玉県朝霞市の少女(15)が誘拐され、今年3月に2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐、監禁致傷、窃盗の罪に問われた東京都中野区東中野、寺内樺風かぶ被告(24)の初公判が27日午前、さいたま地裁(松原里美裁判長)で行われた。

 寺内被告は罪状認否で、未成年者誘拐と窃盗の罪については「間違いありません」と認めた上で、監禁致傷罪については「行動を監視したというのは連れ込んでから数日から数週間については認めるが、2年間監視したということはありません」と起訴事実を一部否認した。

 寺内被告は紺色の上下スーツに白いワイシャツ姿で、黒縁眼鏡をかけ、頭髪は丸刈りにして出廷した。一部否認した理由について「外出したり、アルバイトに出ていたりしたこともあったので、監視ではないと思います」と述べた。】

水着少女をプールに囲って飼育するPR動画が普通に作られるのだから、案外、この「かぶ被告」のようなメンタリティを持っている人は多いのかも。
かぶ被告は実行してしまったが・・・きっと、これからもこういった事件が起きるのかも。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

お彼岸最終日 [創作について]

もう一つのブログで短編小説を更新したので、お知らせ。

短編集「縁」番外編4作目
「お彼岸―アラフォー女子の幸せ」
http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-24-1

恋愛結婚を一歩引いて見ている冷静な主人公。果たして彼女は勝ち組なのか負け組なのか。

今回は明るい話。
お彼岸のプチ知識など情報も入った軽く読めるお話です。(4000字)
秋の夜長にぜひ。(ちなみに今日9月25日は彼岸明け)

ところで・・・旧暦で言うと、今日はまだ8月25日。
秋の夜長=夜長月=長月=旧暦9月は、新暦でいうと10月に入ってからなんだよなあ^^;
なので旧暦ではまだ葉月なのじゃ。

20131202135150.jpg
・・・とは言っても食欲の秋に変わりはないが。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

透析者が身体障碍者1級? 不公平かも [社会・ニュース]

「自堕落な生活で人工透析やってる連中なんか全員殺せ」 長谷川豊ブログ・発言が物議
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00000010-jct-soci

この記事で目に留まった箇所を一部転載。

【人工透析患者の多くは「身体障害者1級」に認定されることから、「公共交通機関の利用料の半額」「タクシーの初乗運賃の無料チケットが貰える」「高速道路の利用料金の半額」といった優遇措置も受けられるそうだ。さらに、透析治療を通じて医療機関に流れ込む障害者年金は「金の成る木」であり、透析を中心にやっている病院は「大変なもうけを毎月出しています」という。】

えええ、それは不公平だ。なぜ、透析者だけそんなに優遇されるのだ?

うちの親族は脳出血で半身麻痺で2級の診断が下され、高齢者でもあるので歩くのも困難。だから病院へはタクシーを使わざるを得ないが、初乗り運賃無料チケットなんてもらえないぞ。それがもらえるなら、だいぶ浸かるのだが・・・
2級だと、受けられる恩恵は「1割引き」だ。

1級と2級の差は大きい。受けられる恩恵の差がかなりある。だから1級はなかなかもらえない。なのに透析者はもらえるのか・・・

ということで透析者が支払う医療費を調べてみた。

http://www.zjk.or.jp/kidney-disease/expense/dialysis/より一部転載。
【高額療養費の特例として(一般の高額療養費とは異なる)により保険給付され、透析治療の自己負担は1か月1万円が上限となります。
(一定以上の所得のある人は2万円が上限になります。外来・入院・薬局等、それぞれでの負担となります。また、入院時の食事代は自己負担です。)】

1万円で済むのか・・・
ガン患者は、人にもよるけどもっとかかるのでは。

ちなみにほかの病気でかかる場合、一般の人は上限8万円。8万を超えると、それ以上の医療費は1パーセント負担になる。(高所得者は確か上限16万円)
非課税世帯は上限4万円。生活保護受給者は無料。

※だから、よくテレビドラマで聞く「莫大な医療費がかかるから、お金のために犯罪起こしました」という犯行動機はおかしいのだ。海外で治療を受けるなら莫大な医療費になるが、日本国内で保険適用の医療を受けるなら、数百万単位のお金がいる、というのはありえない。

なぜ、透析者だけが優遇される?
こういった不公平が、長谷川氏のような考えの人を生むのだろう。


続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

サヨク祭りが終わってしまった・・・と思ったら・・・ [雑記]

追記。
藤沢数希氏の発言・ツイート転載。
【民主主義とは、バカたちの自傷行為との闘いである】
【もうね、こういう人たちに目をつけられたら、豊洲の地下水は、飲料基準を満たさないと許してくれんのよwww 放射能だからね】
【僕は気づいたんだが、国民の7割ぐらいは人の不幸は楽しいと思っていて、3割ぐらいは破滅願望みたいなものがあって、日本が破滅して、その過程でいま上にいる人たちが落ちぶれることを望んでいるんじゃないか? そうした需要に答えているのがマスコミで、結局、太平洋戦争のときと何も変わってない】

まさに日本破滅は、リべサヨさまが望んでいることじゃ。

はっ・・・「サヨクは終わった」と油断していると、大変なことに?
終わったと油断させ、実はじわじわと日本破滅工作を進めているのかも~っ。

というわけで、藤沢数希氏のツイートに興味シンシン。
※それに比べて、勝間さん、なんかつまらなくなっちゃったよな・・・無難になったというか・・・

・・・・・・・・・・
一時は「サヨク様ネタ」で賑わっていた当ブログも、更新が滞りがちになり、今は閑古鳥。
すっかり落ち目のサヨク様を弄っても、闘志が湧かないつうか・・・要するに飽きたのだな^^;

(いや、つまり無知なハヤシが今更騒いだところで無意味なことだと、今更ながらに思ったのじゃ)

それでも鳥越フィーバーは楽しかった。
一時はまさか都知事に?と警戒感が漂ったが、日を追うごとに、鳥越っちのつっこみどろこ満載な面白すぎるネタにガツンとやられ、「鳥越っち、こんなおバカキャラだっけ?」「都知事の線はなくなった」と安心して、お祭りに参加していた。

そして祭りは終わり、あの蓮舫議員も「私は保守です」などといって、リベラルと言われることから距離を置いている様子・・・

サヨクは終わった・・・祭りも終わった・・・さらばサヨクネタ。(でも、たまにやるかもしれない)

そんなわけで、別所に新しく開設した「これも何かの縁・ハヤシのエッセイと物語集」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/と連携して、ここを動かしてみることにした。

鳥越っちが消えてしまい、政治ネタからは距離をおくことにし、普通に「面白い人、ワクワクさせる人、えげつない人、元気をくれる人、お勉強になる人」をチェックし、追っかけている。

かつては勝間さんにはまっていたハヤシであるが・・・
今、ツイッターなどで発言を頻繁にチェックしているのは・・・ほりえもん、ちきりん、藤沢数希氏。
密かに「ネット界の御三家」と呼んでおる。

で、急上昇中は・・・「ブスについて語らせるならこの人」というカレー沢薫氏。とにかくブスについて厳しい。
で、その対として見ると面白そうなのが「はあちゅうさん」だ。

みんな、きれいごとなしで語っている。だから、おもしろい。で、少々えげつない。
けどパワーがもらえる。

ま、近況はそんな感じ。

が「近況」を語っても、そこだけアクセスがとれない。いつも、そうじゃ。
「お前の近況なんて興味ねえんだよ」と言われているようじゃ。
うむ、数字は正直。
・・・受け止めねばな。

やはり毒を吐くのが、ここのブログの売りなのかもしれない。
上記の人たちを見習おう・・・

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。