So-net無料ブログ作成
検索選択

結婚できないという恵まれた主人公たち>家族ノカタチ(ドラマ) [本・テレビ番組・ドラマ・映画・マンガ・アニメ]

日曜のドラマ「家族ノカタチ」を楽しく見ている。

ドラマってお仕事ものなら見ることあるけれど、家族もの恋愛ものは見ない。どこか「きれいごと」だったり、現実味がまるで感じられず白けることが多いので。

けどこの「家族~」は「結婚できない男」と同じ匂いを感じ、見始めた。
ただやっぱり「結婚できない男」と同じく、主人公たちは高収入、仕事が充実している、容姿もいい、ということで、この恵まれたキャラに共感できる同世代がいるのだろうか、とふと思ってしまった。

「結婚できない男」の主人公らは、バブル世代と重なるので、共感した人も多かっただろうけど。
「家族~」の主人公らは、氷河期世代じゃないのか? 遠いセカイのお話に感じる人もわりといるかも。
やっぱりテレビドラマはファンタジーの世界だな、厳しい現実はあまり見せずに楽しく、夢の世界を提供するのが基本なのかもな、とふと思ってしまった。

で、今回放送分(2月19日)。
ああ、この手のお話では非モテブサって、軽く描かれるよな、とつくづく思ってしまった。

「家族~」では非モテのブサメン同僚が婚活で詐欺に遭いそうになり、結局、難を逃れたわけだけど、なぜかすぐに立ち直る。
まあ、深刻に描いても、見る方は嫌な気持ちになるだけだから軽く流し、非モテ・ブサは深刻な傷を受けることなく、異常に前向きに描かれるんだろう。でも、うざいほど前向き・・・。なので共感できない。

これで、ふと椰月美智子氏の「恋愛小説」に出てくる、不細工で気持ち悪いとされるオタク女子の「ジェロニモさん」や、ブスだけど積極的でやりマン化してしまった「かおるさん」を思い出した。
この小説の物語も「世間の基準から外れた、世間の価値観から見て容姿の劣る人、非モテ」キャラが、なぜかうざいほど明るくて前向きで、さほど傷つかず、積極的なのだ。
あまりにうざいので、こちらもやはり共感もできない。
共感できないように描いているのか?、とすら思うほどだ。

「家族~」は、この「恋愛小説」ほどに非モテに対し意地悪ではないが、ここでも非モテ・容姿の劣る者を哂いものにしているな、哂いものにできるように、キャラをすぐに立ち直らせて明るく積極的な性格付けにしているんだな、とふと白けてしまった。

※ただ「家族~」の場合・・・例の同僚は非モテ・ブサだけど収入は良さそうなので、あれだけ積極的で、ふられてもめげることなく結婚に前向きなら・・・理想が高くなければ誰かいるだろう。

いやあ、「家族~」の『独りでいたい、傷つきたくない』という主人公、けれどモテるし、彼女もいたことがあるし、高収入で仕事も充実し、容姿もいい・・・という設定。
だから深刻にならず、楽しい物語になるのだろう。

もしこれが、非モテ、恋愛もしたことない、低収入、仕事がつらい、容姿に恵まれない、という設定のキャラだったら・・・「傷つきたくない」という言葉もすごく現実的だ。それまで人から散々傷つけられてきただろうから。

「家族~」の主人公は結局は「優しい人」としての「傷つきたくない」であり、世間でいうところの勝ち組でもあり、周囲も放っておかない。
人から自尊心を傷つけられたことはないのだろうから、この場合の「傷つきたくない」はきれいごとで軽いなあ、とも思った。

そんなファンタジーではなく、現実的なお話も見てみたいけど、テレビドラマでは無理なんだろうな。
なので、もっぱら私は「小説派」なのだ。もちろん小説もファンタジーが多いけれど、たまに「おお、これは」という小説に出会うことがある。

たとえば・・・
朝比奈あすかの「自画像」
窪美澄の「雨の名前」(短編集。非モテキャラは3話目。しかし他のお話もなかなか。つまり「きれいごと」がなく、安易にハッピーに持ち込まない)

もちろん「自画像」はご都合主義のところもあるけれど、自尊心を傷つけられコンプレックスに苛まれる人間の心理描写が逸脱だ。

現実から離れた演出=世間でいうところの「冴えない人」「気持ち悪いとされる人」「容姿の劣る人」「異性に相手にされない人、非モテ」なキャラが性格が明るく積極的で、馬鹿にされても哂いものにされても気にせず、うざいほどに人に絡み、深刻に悩んだりしないので・・・主人公含め周囲のキャラは安心して、「そいつ」をバカにする(「恋愛小説」)、または読者・視聴者を哂わせようとする物語(「家族~」)に、違和感を持ってしまう。
いや、それが何となく「イジメの空気」にリンクする気がするので。

罪悪感を持たずに心置きなく「そいつ」を笑い者にするには、「そいつ」が深く傷ついてしまってはやりにくい。
だから「そいつ」は深く傷ついていないとしたいのだろうけど、それっていじめっ子の心理に似ている気がする。

だから「家族~」のあの非モテキャラは、笑えない。あそこまで明るく前向きなうざいキャラにして、なんか痛々しい。ま、現実に、あんな人間はいないけれど、だからこそ、わざとらしい非モテキャラの描かれ方に製作者側の「哂い=いじめ」体質を見る気がして、楽しい気分になるどころか、あの非モテキャラが出てくると白けてしまう。

結婚しなくてもいい、独りでいてもいい、というような今までにないテーマのドラマを期待していたけどそうではなさそう^^;
結局、結婚=良し、独り=良くない、人と深く関わろう、結婚しよう、結婚して幸せ、結婚を怖がらないで、というありきたりなテーマになるんだろうか。

あ、そうそう、結婚は置いておいて、子どもを持つことについて。
「子どもを持たない人生を選んだ」という山口智子がちょっち話題になっていたっけな。
https://news.careerconnection.jp/?p=20978
【山口智子の「産まない人生」宣言で考える 子どもを持たない選択した女性にも優しい社会】

子どもがいる=幸せ、子どもがいない=さびしい、この価値観はそろそろひっくり返ろうとしている気はするけれど。(小説レベルでは、子どもがいる厳しさ、不幸を描くものが出ているが、テレビドラマでは絶対に描けないだろう)

既存の価値観をひっくり返すような、そんな物語に出会いたい。それは小説で出会うことが多い。

nice!(0)  トラックバック(0) 

高嶋ちさ子氏のスパルタ教育、なのに・・・ [音楽・ピアノ・ショパン・「音吉君のピアノ物語」]

2月17日
追記その2

朝日新聞にこんなことが書かれていた。
【教育とは、安全に失敗を経験させること】

発表会で失敗していいのだ。その失敗を次に活かせば。
小学校低学年までは楽しんで弾ければそれでいいのでは、と。
小学校高学年になり、失敗すれば、「恥ずかしい」「悔しい」という気持ちが出てくるはず。(出てこなければ、まあ、少なくともプロには向かないだろう)
その気持ちがあれば、失敗は次に活かせると思う。

6歳(小学校低学年)で失敗を恐れさせるのは酷だと個人的に思う。


追記その1

この件で、いろいろ考えさせられた。

子どもに恐怖を与えずに、練習させる、勉強させるには、どうしたらいいんだろう・・・と。
口やかましいだけじゃ、いうこと聞いてくれない子もいるだろうし。 褒めても、そこで安心するのか、やっぱり練習しない。

教える立場になると、今度は「あまりに練習しない生徒」に、無力感。

もちろん・・・言葉を尽くして練習しなければいけない理由を説明し、決して無理なことを要求していない(中学生で、週に3日、30分程度で)のだけど、それも結局はやらず、ほとんど練習しないまま、レッスンにくる・・・当然、先週、やっとできたところが、またできなくなっていて、元の木阿弥、それがずっとずっと続く・・・

やはり徒労感を感じてしまう・・・

生徒の親の方は「楽しくやらせてほしい」「塾やほかの習い事で忙しい」という感じで、子どもに強制的に練習させる親はほとんどおらず・・・(プロになるわけじゃないから、趣味みたいなものだから、親の方も練習よりは勉強してほしいだろうし、口やかましく「練習するよう」に言うことはないのだろう)

なので、高嶋さんほど厳しくするのはあれだけど、ほどほどに厳しくしないと、子どもは練習してくれないよなあ、と思ったり・・・

ただ「練習してくれ」とお願いするのも違うしなあ・・・

なので、「練習ができたら、連絡して、そこでレッスンの日時を決める」というワンレッスン方式に。
当然、練習しないから、そこで事実上、ピアノをやめることになる・・・

たぶん、そうなるだろうな、と私も思いながら、ワンレッスン方式にするのだけど。

基本、もうそこまで練習しないのであれば、ピアノは向かない。言葉を尽くしても分かってもらえないのであれば、仕方ないなと。

怒ることはしないけど、冷たいやり方ではあるかも。

まあ、あくまでも楽器の練習の話。
これが学科の勉強になると、やはり子どもの将来がかかるので、親は大変そう。

先生は生徒を見限ることはできるけど、親は子どもを見限ることはできないから、責任の差がそこで出てくる。なので親はやっぱり大変。先生はある意味、気楽かも、とは思った。

・・・・・・・
2月16日

【今「練習で間違えたくらいであんなに怒るんだから、発表会で間違えたら殺すんでしょ」と泣いてます。】 (高嶋さんの息子が)

https://twitter.com/chisako824/status/686026491193245696
高嶋ちさこ氏のツイッターより

練習でミスすると怒るのか・・・
私なら耐えられないだろうなあ。
(息子さん、6歳くらいらしい? 私は6歳の時は、まあ、遊び感覚で、のんべんだらりとやっていたなあ。間違えることなんて、気にしてなかったし)

本番のミス・・・悔しさなら味わったけど、恐怖は味わったことない。
ああ、けど音高音大の試験は「恐怖に近いもの」だったかなあ。

まあ、教育方法は人それぞれ。
五嶋龍君だって、お母さんの節さん、怖かったもんなあ、レッスン中。

耐えられる子ならきっと有効な方法なのだろう。音楽も嫌いにならないのだろう。

でも、私なら嫌いになるだろうな。
ミスしたくらいでそれだけ怒られるんだとしたら。
そもそもミスしたくてするわけじゃないし。

6歳(たぶん、そのくらい・・・)で「殺す」(親から殺される)という言葉が出てくるなんて、すごいな・・・音楽ってそんな物騒なものなのか・・・と。
高嶋さん、息子をチェリストにでもするつもりなのかしら。
(ただ、高嶋さん、ネタとして話を大きく盛っているのかもしれないが)

ちなみに、へたれなワシは逆に怒ること=叱ることもができない。
なので「教えること」に向いてない。
それに自分には怒る=叱る資格がないと思ってしまう。
けど、子どもってなかなか練習しないから、怒る=叱ることも大切なんだろう。

なので、そのへんは高嶋さんはすごいと思う。
子どもに期待し、それなりのものを要求しているのだろう。
けど、自分自身もとても「できる人」で、失敗しない、自分に自信がある人でないと、子どもにそこまで要求できないよなあ。

6歳、いや6歳でなくても、練習中のミス、私はまあ仕方ないと思ってしまうけど。
つうかミスするから練習するんだよね?

中学生になれば、本人がミスすることを悔しく思うようになるだろうし。
逆にミスしても悔しくならないなら、「合わない」「やめたほうがいい」のかもしれない。

ああ、でも今は私の場合、ミスしても「ま、いいか」だもんな。
それに本番をノーミスで弾けたことなんぞない。

音楽って何だろ?

・・・・・・・

ところで・・・
気になったのがツイッター上の高嶋さんのプロフィール。「自称ヴァイオリニスト」と今現在ある。(2月16日)
なぜ、普通に「ヴァイオリニスト=プロ」と堂々と名乗らないのだろう? 息子にここまで高い要求をしておきながら・・・

ここからは私の邪推。
「自称」と自ら名乗る場合、「自信がない」「逃げ道を作っている」かもしれない。
自信があるなら堂々と「ヴァイオリニスト」とすればいい。

プロのヴァイオリニストを名乗れば、もちろん、ほかのプロと比較される。
たとえば、五嶋みどりとか、諏訪内晶子とか。
そういった本格派と較べられるのが嫌だから、「自称」として逃げているように思えてしまう。

高嶋さんはどう見ても、客からお金をとり、音楽で食っているのだから「プロ」だろう。

いや、べつに「自称」でもいいのだ。気が楽だもの。
「私は自分の実力わかってます、プロを名乗るなんておこがましい」ということを表したくて、そうする人はけっこういる。

それなのに・・・息子に高い要求をするのに、自分は「自称ヴァイオリニスト」と逃げていることに、ちょっと違和感を持ってしまったのだ。そして、それを公表してしまうことに。

もちろん「ネタ」の可能性もあるけれど・・・ちょっと、ちぐはぐな印象を受けた。
いやあ、気楽にいきたいなら、息子も気楽でいいんじゃね? と。

高嶋さんが、自分に厳しいプロの矜持があるなら、堂々と「ヴァイオリニスト」とすればいい。「自称」なんてつけずに。
nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。