So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜ椰月美智子氏の「恋愛小説」に嫌悪感を感じたのか? [本・テレビ番組・ドラマ・映画・マンガ・アニメ]

オタクを気持ち悪く描写した作品は他にもあるのに、なぜ椰月美智子氏の「恋愛小説」を底意地悪く感じたのか?

それは『いじめっ子側の視点からのみ描かれたもの』だからかもしれない。

『ジェロさん』という女性について。
『オタク女子』『不潔』『気味悪い』『気持ち悪い』『おしゃれでない』、しかし性格は明るく、横暴、堂々としている、ということが・・・神視点と、主人公視点から描かれる。

この「ジェロ」というあだ名は・・・
「009」の005、またはキン肉マンに出てくる『ジェロニモ』に似ているということで、「ジェロさん」と呼ばれているが、【本人は気にしている様子もなく、そのあだ名を受け入れている】し・・・【周囲も親愛の情を持って、「ジェロさん」と呼んでいる】

・・・と神視点で、説明されている。

でも、これ、まるっきり、いじめっ子側の視点、言い訳だよね。

その『あだ名』には蔑視、嘲笑が込められているにも関わらず、「いえいえ、親しみを込めて、呼んでいたんです」「本人だって気にしていなかったし」「傷ついている様子もなかったし」「嫌がってなかったし」と・・・いじめっ子らが、自分たちのイジメを正当化するみたいに。
これは、いじめじゃないよ、と。

けど、侮蔑や嘲笑を込められたあだ名で呼ばれることを、まるで気にしないでいられる年頃の女性など皆無ではないか、と思う。女子だけではなく、男子もだ。
それでも「嫌だ」と言えず、笑って受け入れてしまういじめられっ子は多いだろうな、と思う。

ジェロさんが傷ついている描写は一切ない。
もし、傷つき、陰で泣いている描写があれば、私は「恋愛小説」に嫌悪感を抱かなかっただろう。

が、ジェロさんが傷つく描写を入れてしまうと、主人公および周囲の者が『悪者』になってしまう。だから、そんな描写を入れなかった=ジェロさんは傷ついていないし、気にしていないとしたかった・・・完全に「いじめっ子側の論理」に立つ。
だから、この「恋愛小説」にぞっとしたのかもしれない。

『気持ち悪いとされているジェロさん』と、昔、一度だけセックスをしてしまった主人公の彼氏サスケ。
そのサスケを、執拗に責め立てる美人主人公・美緒。
サスケがジェロさんとセックスしたのは、主人公・美緒とつきあう前の話だ。
で、サスケはほかにも、いろんな女の子とセックスしている。

なのに、主人公・美緒は『彼氏が、気持ち悪いジェロさんとセックスしたこと』が許せない。
そのセックスシーンを想像する・・・おえっ、と吐き気がこみ上げてくる。

そのうち「ジェロさん」を彷彿させるものすべてに吐き気を催すようになる。
例えば、少々太目な女性、ワキガの人、大きなほくろがある人、漫画の同人誌、髪がぼさぼさの人などなど。

※「髪がぼさぼさ」・・・ジェロさんは、おそらく今現在の篠原涼子のような髪型だと思われる。篠原涼子なら素敵だが、ブスはダメらしい。単に髪がぼさぼさ、不潔、となるようだ。

サスケに主人公・美緒はこう言う。
「あの人=ジェロさんを触った手で、わたしに触ってほしくない」
「消毒液に全身浸かって、身体中を清めたい」
「サスケにこそ、消毒液に浸かってほしい」

と、ジェロさんを【ばい菌扱い】する。

おえっ・・・

学校などでは、そういった子をばい菌扱いし、その子の前で吐く真似をしたり、そういう虐めってあるよなあ・・・

もちろん、主人公はジェロさんの前では、そんなことしないが、とにかくジェロさんが気持ち悪くて仕方ない、そんな描写が何度かある。

そして主人公・美緒は、今もなおジェロさんと職場で会ってしまうサスケが許せなくなり、サスケに職を替えるよう迫り、サスケは仕方なく言うことを聞く。

まさに「あの子と一切関わるな」「あの子から離れろ」「無視しろ」「あいさつするな」という『イジメ』と一緒。
ただ、この場合、サスケと美緒だけの個人的なことだから、「いじめ」にはならないだろうけど、本質は同じ。

そんな主人公・美緒が、それほど「嫌な女」に見えないのは、ジェロさんが傷ついている様子が一切描かれないからだ。
で、恋愛という特殊な感情がそうさせたのだ、としているからだろう。

その上、主人公視点のみならず神視点(客観的な視点)でも、ジェロさんに対し、とことん侮蔑と嘲笑が込められ、ジェロさんがいかに気持ち悪いかが、表現される。

まるで小説全体でもって、あるキャラクター(おしゃれに無関心で流行に無頓着な我が道を行く不細工なオタク女子)を侮蔑し嘲笑し、容赦なくイジメまくっている気がした。

小説からは、こんな声が聞こえてくる。
【いじめられている側が、気持ち悪いんだから、仕方ないんだよ。いじめられる方が悪いんだよ】と。
【というか、そもそも、いじめてないよ、だって本人も傷ついてないじゃん】と。

なので、この「恋愛小説」に、ことさら嫌な感じを受けたのだろう。
そして作者・椰月美智子氏が、数々の児童文学賞を受賞している作家で、学校を舞台にイジメを描いた作品も真面目に描いている作家さんであることも一因かもしれない。


ちなみに「恋愛小説」で、もう一人登場する不細工女子も、なぜか自信家で、やがて男性を誘いまくり、「やりまん」になっていき、陰で男性らからバカにされる。
しかし不細工女子は「条件のいい男との結婚を夢見ている」ということで・・・これも作者からの嘲笑と蔑視をヒシヒシと感じる^^;

そして作者・椰月美智子氏は美人だ。エッセイからは、ちゃきちゃきした、はっきり物事を言う印象を持った。高嶋ちさこを思わせた。高嶋ちさこもブスが嫌いだとテレビで公言したことあったっけ^^;

なので、椰月さんもブスが嫌いなのかも・・・おしゃれでない、ちょっと太めの不細工オタク女子に限っては、もう大っ嫌いなのかもなあ。
いや、好き嫌いは仕方ないんだけれど。

まあ、とにかく、いじめられっこは、傷ついていないふりをして、実は傷ついているし、周囲から蔑視や嘲笑を受けて、それに気づかない=鈍感でいられる人は少ないし、自信を持っている人も皆無だろう。劣等感に苛まれ、場合によっては自殺願望を持つこともある。

なので、傷ついている様子を描写せず、なぜか自信家に描かれる不細工キャラを徹底的に貶めたこの作品に、いじめ的な臭いを感じてしまったのかもしれない。

世間には、まだまだ「気持ち悪いオタクや不細工はいじめていい」「いじめられるほうが悪い」「いじめられて当然」「馬鹿にされて当然」という空気が残っている気がする。そして学校では最下層に位置づけされているのだろうな。

いや、ワシもキモオタなので世間様が怖いw。

・・・近寄るな、あっち行け、ばい菌、死ね、気持ち悪い、目障り、えんがちょ・・・

こんなふうに嫌われていることを、自覚しないといけませんね。
オタクに触れたら、消毒液で清めないと。何しろ「ばい菌」ですから。

生きていてごめんなさい。
79a77861.png

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

【ネタバレ注意】椰月美智子の「恋愛小説」(オタクやブスを悪しざまに描写)にうすら寒さを感じた [本・テレビ番組・ドラマ・映画・マンガ・アニメ]

椰月美智子の小説―『恋愛小説』を読んだ。
何というか、わりとえげつなかったんで、話題にする^^

ただ、ほかの人の感想を見てみると、私が気になったところは注目していなかったんで、たぶん、私の感覚がおかしい、被害妄想なのだろう。
ということで「私=ハヤシさんの感覚がおかしいかもしれない」ということを前置きしておく。

私はオタク寄りだから、どうしても「オタクの味方」をするし、「オタク」の肩を持つ。
なので恋愛至上主義者の女性も苦手。彼女らもオタクが嫌いで、理解不能の存在だろう。ま、お互い様である。

世間では・・・オタクはだいぶ、認められてきたとはいえ、それでもバブル期の「オタクは気持ち悪い、人間として問題がある、犯罪者予備軍」という空気も生きている。

あの反差別を訴える「しばき隊」や在日の一部も、「オタク死ね」「オタクは嫌い」と言い、民主党議員の有田芳生氏も、「オタク死ね」というイラストを自らのツイッターにRTしてアップしたくらいだ。

それくらい一部の一般人に「オタク」は嫌われ、平気で【オタク死ね】と言える雰囲気が、今もなお残っているのだ。

【在日死ね】と言ったら、そりゃあもう、言った方は「レイシスト」と周囲から攻撃されるけど、オタクへの悪口は許されているのである。

おっと、話がずれた。

要するに、オタクはまだまだ世間では嫌われているし・・・もちろん、バブル期の恋愛至上主義者たちからも嫌われているだろう。

だから、『恋愛小説』を書いた椰月さんも、ああいった描写をするのだろうか、と、とても嫌な気分を味わった。
そのことについて語る。

以下、椰月美智子氏の『恋愛小説』についての感想・ネタバレです。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0)