So-net無料ブログ作成
検索選択

女性蔑視ヤジ問題>やはり朝日が絡んでいたか~ [社会・ニュース]

この問題、やはり朝日がからんでいたかということで、徹底的にいきます。

まずは、塩村都議の放送作家時代のお仕事をしつこくネタにしよう。
実にファンキーだぜ。

そう、塩村さんの放送作家時代のあまりに「えげつない内容の仕事」を知って、びっくらこいた~。
(注 ものすごく下劣な画像がのってます)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5493.html

ま、2010年のときの過去のお仕事だし~、そのときは~議員じゃなかったから関係ない、過去を暴くなんて虐めだ~、ネトウヨめ~・・・と左派の人たちはいうだろうが~、一般の人がこれを知ったら、「ええ???」となるだろう。

いやあ、ファンキ~な問題だね。でも都議って税金で運営されるんだよね、税金払いたくなくなるよね~~・・・

さてさてさて~、この議会を朝日記者が録音して、朝日新聞とテレビ朝日がそれを分析し、今朝のテレビ朝日の番組で、ほかにどんなに酷いヤジが飛ばされていたかを話題にしていた。

そうか~狙っていたのか。
朝日が絡んでいたと知ったからには、ワシもファンキーにしつこく、とことん、やりますぜ。

ここで、納得した。なぜ、海外にまでこの問題を広げて大きくしたのか。
そう、朝日が絡んでいたからだろう。

「日本はこんなに酷い国なんですっ、女性差別が酷くて、女性たちが人権侵害にあってます」と訴え、巧妙に慰安婦問題につなげ、「だから昔の日本は相当、悪どいことをやりました。強制連行の証拠はありませんが、きっとやったにきまってます。朝日新聞は正しいのですっ。日本は賠償しましょう、補償しましょう」としたいのか~

・・・と穿った目で見てしまう。

もちろん、今までも相当、国会や地方議会では、酷いヤジがあった。
だからこそ、逆に、「なんで今まで問題にならなかったのか」だ。
そして、なぜ「今回だけこんな大きな問題になったのか?」です。

やはり慰安婦問題で捏造記事をのせて「日本を悪にしたがった朝日新聞」が今、相当追い詰められているので、朝日としては「日本がどんなに女性を差別し、酷い国か」ということを海外に訴え、朝日新聞がやったことを正当化したかったのかもしれない。

ま、私の妄想かもしれないが・・・
朝日新聞、巧妙に実は酷い日本人差別を行う新聞だったりして~
とにかく、もう私にとって朝日新聞は敵です。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

塩村都議の放送作家時代の「女性蔑視的」な仕事 [社会・ニュース]

追記
塩村議員を擁護し、過去を話題にする者を批判していたテレ朝「モーニングバード」に投稿した。2010年に発言したツイッターは塩村議員本人のものであり、「下劣な番組」に関わっていたことは事実だということで。

以下、投稿メールコピペ

【昨日もこの件についてメールしました。
塩村都議が、過去、放送作家時代に関わった番組の内容があまりに「女性蔑視的」で驚き、鈴木都議同様、塩村議員も追及されるべきではないかと思ったので、投稿させていただきました。

その番組とは「日テレジェニックの穴」「アイドル☆リーグ」パンチラ運動会です。
塩村議員本人(なりすましではありません)の2010年に発言されたツイッターが残っています。
https://twitter.com/shiomura/status/11949303458
https://twitter.com/shiomura/statuses/12351000249

この番組の内容を知り、唖然としました。
過去のこととはいえ、女性蔑視を促すような番組に仕事として関わっていた件を見過ごすことは出来ません。それでもモーニングバードでは鈴木議員だけを非難し、塩村議員を擁護するのでしょうか?女性を絶対的弱者とし、男性のみ非難の対象にすることに違和感をおぼえる今日この頃です。
モーニングバードに期待している分、公正中立であることを願ってます】

ーーーーーーーーー
本文

本当か?と思った、塩村さんの放送作家時代のあまりに「えげつない内容の仕事」を知って。

以下リンクするこのサイトは、デマ情報であることは少なく、デマだった場合、必ず後日、訂正するサイトであり、管理人の主張はともかくとして、私はその情報内容をわりと信用している。

そのサイトに、塩村議員が放送作家時代、どういう内容の番組に関わっていたのかが、のっていた。
正直、びっくりした。

(注 ものすごく下劣な画像がのってます)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5493.html


さて、さんまテレビ発言にしろ、この放送作家時代のお仕事にしろ、「おもしろおかしく、人気をとるためにやった」のは理解できる。
私も漫画でエロも描いたことあるから。人気を取りたいがため、えげつないものを描いたことがある。パンチラだって描いた。
私も日記ではえらそうなことを書いているが、漫画では昔、そういうものも描いたこともあるのだ。そして、どうしても過激になってしまうのだ。人目を引くために。人気をとりたいがために。
だから塩村さんの「放送作家」としての立場も分かるつもりだ。

が、しかし、一度でもこういう仕事をしてしまったら、男女同権を訴えるような仕事をする議員になるのは問題があるかもしれない。
説得力がゼロになってしまうからだ。

塩村議員は、女性蔑視を促すような仕事をしてしまったのだ。
これはもう、さんまテレビ発言どころではない。
鈴木議員の「結婚すれば」ヤジなんてカワイイものに思えてくる。
塩村さんは、議員としての仕事を続けるならば、「女性蔑視的な内容のお仕事」に関わったことをどう思っているのだろうか、釈明すべきではないか、と思った。

そう、女性蔑視問題、女性差別問題って・・・女性自ら加担していることも大いにあったりする・・・マスコミはこのことも取り上げて欲しい。取り上げるべきだろう。
左派の人たちが「これで幕引きにするな」と叫んでいるが・・・そう、鈴木議員や自民党都議だけの問題ではなくなった。幕引きしないで、塩村議員のことも追及すべきだろう。

もちろん、上に示したサイトの情報がデマだったとしたら、このようなことを日記に書いて申し訳ないのだけど・・・
このサイトの管理人は必ずソースを確認し、情報を流すので、信用性は高いと思い、こういう記事を書きました。
ま、私自身もゲスな人間なので、偉そうなことは言えないのだけど・・・女性蔑視か・・・私も加担していたのかもしれないな。反省してます。


nice!(0)  トラックバック(0) 

テレビ朝日および朝日新聞へ「結婚ヤジ問題について」 [社会・ニュース]

追記ひとこと

そういえば、安倍首相に対しても
子どもがいないから、日本の将来のことが考えられないのでは」という発言もわりと耳にします。著名人がそう発言することもありますが、これも差別発言では?

ーーーーーーーーーーーー

結婚ヤジ問題で、共産党が「人権侵害」だと息巻いているようだけど、これを「人権侵害」というのであれば、ほかにもっと人権侵害が行われている事件がたくさんあるように思う。

たとえば慰安婦問題検証もやってほしいが・・・
慰安婦問題はもうむしかえすな、ちょっとウソがあったとしても、全て認めて、謝罪し、反省しろ・・・というのも、日本人への人権侵害のように思う。

さてさて、すっかり、テレビもこの話題でヒートアップしているようだったので、テレビ朝日のモーニングバードにこのような意見を投稿メールした。

以下、投稿コピペ

ーーーーーーーーーー
今朝の番組で、塩村議員のあるテレビ番組での過去発言が話題になった件について、批判していましたが、議員になったからには過去にどういった発言をしていたかについて取り上げられるのは当然です。
もちろん、塩村議員のそのテレビ発言では誇張もあったでしょう。ならば、あれは「テレビ用として面白おかしくするために、ウソを発言しました」と本人が説明するべきです。
鈴木議員について「品性が欠ける」と批判されてましたが、ならば同様、塩村議員の「か弱い女性の立場を利用し、男にたかる話を誇らしげにしていたこと」も品性に欠ける行為です。
塩村議員の過去の言動をみれば、女性蔑視する男性が出てきても仕方ないでしょう。女性蔑視されても仕方ない言動を過去に塩村議員はしてしまったのです。
もちろん、そのような人を選んだ私達も悪いのですが。
鈴木議員は批判されて当然ですが、塩村議員も過去発言を追及されても仕方ありません。

それをおかしいと(コメンテータの方が)主張されてましたが、塩村議員が「弱い女性」だから擁護しているのですか?
それこそ差別だと思いました。

ーーーーーーーーーーー
コピペ終わり。

では、朝日新聞へ・・・

この問題でこんなに大騒ぎするのであれば、
過去、西原理恵子氏(漫画家)が朝日新聞で専業主婦を物乞い呼ばわりしたことについても、もっと責められるべきだろう。朝日新聞は「専業主婦侮蔑発言」を2ページもの紙面を割いてのせたのだ。
このことについて朝日新聞はどう思っているのだろうか。
それとも専業主婦に対してならば、侮蔑していいのか?

そのほか、勝間和代氏は著書にて、結婚せず独身のまま会社に居座る人は『会社にとって化石』(邪魔、有害)というような内容のことを書いていた。
これも「いつまでも結婚しない人への侮蔑発言」だろう。

鈴木氏の発言がこれほど非難されるのであれば、勝間氏も相当の非難を浴びていいはずだ。
勝間氏も結婚しない人への差別発言をしていたのだ。

それとも、西原氏や勝間氏は女性だから、そういう発言をしてもいいのか?
これらと、「結婚すれば発言」と、どう違うのか?
女性は差別発言してもいいけど、男性はダメなのか?
これこそ差別じゃないのか?

もうひとつ、男性が差別発言をした件といえば、石原慎太郎氏が都知事時代だった頃(あるいは都知事選の頃だったか、このへんは定かではない)「ババア有害論」を発言をされたことがある。それなりに騒ぎになったが、ここまでではなかった。
『ババア有害論』こそ、もっと酷い発言だろう。 (ババア有害論とは、子どもを産めなくなったババアは用済み。社会の害になるだけ、ということ)

もちろん、議会でのヤジはなさけないし、やめるべきだろう。
だが、鈴木議員の「結婚すれば」発言が、これほどまでに大騒ぎし、「人権侵害だ」と訴えるほど酷いものにも思えないのだ。 ならば、それまでにもっと酷い発言が行われていた。

石原氏「ババア有害論」、
朝日新聞での西原氏「専業主婦物乞い呼ばわり」、
勝間氏の著書での「結婚してない人への化石呼ばわり」

これらをどう思う?


nice!(0)  トラックバック(0) 

中国が喜ぶから検証しなおすなだって?慰安婦問題 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

都議会での『結婚野次問題」で、塩村議員は世界に広く取り上げて欲しいというのか、外国人特派員の前でも、この「野次問題」で発言した。

『日本は女性蔑視の国なんです』と世界に広く伝えたかったようだ。
左翼の方は喜んでいるだろう。
フィフィさんも指摘していたように、慰安婦問題につなげてしまうことだろう。
「日本は今でも女性蔑視をする国。だから過去も女性に対し、相当酷いことをしたにちがいない。やはり慰安婦問題も韓国が主張するとおりのことがあったのだ」と思われることを、左翼は期待しているだろう。

さて、その慰安婦問題について。

慰安婦問題で、検証しなおすことについて、韓国の金教授が「世界では、もう河野談話が常識となっている。広義での強制連行はあり、女性の人権侵害があったのは事実。今さら検証し直しても仕方ない。河野談話を日本政府も認めているのだから、むしかえすな」というような発言をしていた。

いや、検証しなおしてほしい、というのが正直な感情だ。

今出回っている情報には、かなりのウソがあり、それが世界の常識?になっていて、検証も許されないことこそ、日本人への『人権侵害』なのでは、と思った。

いろい細かい部分については冤罪の可能性はあるけど、全て罪を認めろ、と、そういうことになる。

おそろしい話だと思った。
金教授の発言にぞっとした。

左翼系の人だって・・・ふつう「冤罪事件」は許さないだろう。なのに、なぜ、日本国への冤罪は見て見ぬふりをする?、というか、冤罪を歴史的事実と喧伝し、貶めることに躍起になっている。これこそ「悪」だと思うのだけど。
だから、左派の言うことは全て信用できなくなった。二重基準もはなはだしい。

「未来志向でいくべき。日本と韓国がいがみあって、喜ぶのは中国」だとしても、検証するべきだろう。それで日本と韓国の溝がさらに深まっても。譲るのは日本ではなく、韓国の方だろう。日本はすでに散々譲ってきたのだから。

だいたい、いつまでもむしかえしてきたのは韓国のほう。だから日本はついに「検証しなおそう」という声が大きくなったのだ。

何度も書くが、もちろん、日韓関係が壊れて、喜ぶのは中国。

もしや中国と中国を応援する左派の人たちの策略にはまっちゃった?
中国の策略を手助けし、反日を煽ったのは、朝日や毎日、NHKといったマスコミ
今も、手助けしている感じ。
毎日はもう確信的。
朝日も今さら『反日』をやめられない。いや「反日」の自覚はないだろうけど、慰安婦問題も朝日が始めたわけだから今さら引けないのだろう。「日本が悪かった、韓国と仲良くしよう、補償しよう」となるのだろう。で、「検証しなおすな、日本は我慢しろ」となるわけだ。

日本は我慢して全ての罪を認めろ、じゃないと中国が喜ぶぞ、アメリカが怒るぞ、と。

韓国も、左翼が「反日」を煽り、政府も「反日」にならざるをえない状況になっていった。

今にして思う、本当の敵は「左翼」だったか、と。

今さら韓国は反日をやめられない。
日本も、もう反動がきてしまった。

慰安婦も南京大虐殺も、あまりにウソが多く、でも「検証はするな、それを望む野派、歴史修正主義者だ、右翼だ」というのは理不尽だ。

おそろしいとも思った。
左翼の恐ろしさを今さらながらに感じた。

ほくそえんでいる中国・・・
してやられた・・・かも。

南京事件も検証しなおしてほしい。うやむやなことしないで、とことん検証し、世界に発信していくべきだろう。

なぜ非戦闘員が殺害されたのか。
それは、中国側の兵士が一般民間人を装っていたからだ。
そして、民間人を集めての大量虐殺はなかった。当時、南京にいた外国人もそう証言している。
が、世界では、民間人をターゲットに日本軍が大量殺戮した、と見ている。

ま、日本は南京大虐殺を認めるべきと思っているだろう朝日新聞も中国の味方をし、日本を貶めるべくいろいろがんばっているようだけど。

慰安婦問題を検証すれば、さらに日韓関係が悪くなって、喜ぶ中国。
韓国も、毎日朝日など日本のマスコミも今さら「反日」をやめられない。
今まで語られてきた歴史認識に疑問を持つものを右翼と呼び、右傾化していると揶揄する。
けど、すでに反動はきている。
中国が喜ぶとしても、慰安婦問題は検証し、ウソの部分を訂正して欲しいという声が大きくなるだろう。
今まで我慢に我慢をしてきた日本人の反動がついに来たのだ。
けど、その反動を喜んでいるのも、実は中国かもしれない。

左翼にしてやられた・・・

中国は現在進行形で『人権侵害』を行っている国。そっちを非難すべきだが、左翼の方にとってみれば、「過去、日本は人権侵害を行って来た」ということのほうが重要のようで・・・

日本の敵は「左翼」・・・いやあ、ほんと思い知りました。


nice!(0)  トラックバック(0) 

女性都議の過去(結婚しろ野次問題) [社会・ニュース]

6月25日追記

塩村議員は外国人特派員の前でも、この「野次問題」で発言し、『日本は女性蔑視の国なんです』と世界に広く伝えたかったようだ。

左翼の方は喜んでいるだろう。
フィフィさんも指摘していたように、慰安婦問題につなげてしまうことだろう。
「日本は今でも女性蔑視をする国。だから過去も女性に対し、相当酷いことをしたにちがいない。やはり慰安婦問題も韓国が主張するとおりのことがあったのだ」と思われることを、左翼は期待しているだろう。

さて、塩村議員が若い頃、さんまテレビで、男にたかっていたことを誇らしげに語っていた過去発言を取り上げることについて、「塩村議員に対するセカンドレイプだ」という意見もあるが・・・

過去、自分がテレビでどういう発言をしたのか、を取り上げられるのは当然のことだ。
議員としての覚悟が足りないんじゃない?とも思う。

「セカンドレイプ」ということで、虐められている被害者として、塩村議員を見ることはできない。
過去発言も取り上げられて、当然だ。

「みんなの党」も、塩村議員が過去にああいったテレビに出て、ああいった発言をしていたのを知って、候補にしたんじゃないのか?
だから「みんなの党」も何だかね、と思った。
もしかして、適当に「若い女でそこそこ知名度があって容姿もいいから」候補にした・・・のかもね。


いや、ほんと「日本は女性蔑視の国なんです」って世界に発信するならば、塩村議員のような「女の涙を武器に、か弱い女の立場を利用し、男にたかる話を誇らしげにできる日本」ということも世界に発信してはいかがかな、と思った。
女性自ら、女性蔑視されても仕方ないこともしているケースもあると。それをしていたのが塩村議員であると。

もちろん、鈴木議員も批判されて当然だけど、塩村議員も『過去の発言』で揶揄されるのは仕方ない。それはセカンドレイプとは言わないのでは、と思った。
議員は「過去」も見られるのだ。それを覚悟して議員になったのか、と思ったけど。

意地悪い見方をすれば、塩村さんにとっては、「男性は自分をちやほやしてくれる存在」だったのかもしれない。それが議会では「意地悪」されて、ショックだったのかな。

まあ「野次だらけの議会」「野次が当然」っていうのもなさけないし、税金使ってそんなことするなよ、と言いたいが。
そういうことでは、日本って恥ずかしい国かもしれない。

ーーーーーーーーーー
6月24日

女性都議の塩村さんも実はなかなか「したたかな女性」だったらしい。
グラビアアイドルもやっていて、男を手玉にとっていたらしい。
『さんまの恋の空騒ぎ』っていう番組で、自らこう発言している。

男と別れるとき、必ず慰謝料をとる。
過去最高で1500万円とったことがあると~

で、「女の計算してよく泣く」らしい。


さんまのテレビ番組
塩村都議、すご~い

http://www.youtube.com/watch?v=lu-KTUC8Dns


その「1500万円慰謝料をとった」と誇らしげに発言するシーンの動画もあったはずなんだけど、削除されているみたい。
上でリンクした動画も削除されてしまうかも。


塩村議員、すんごくモテたようで、うやらますい~♪
男には、一番値段の高いディナーをおごらせるんだそうだ。美人さんはいいな~。
で、1500万円の慰謝料♪

こんな女性が、「結婚すれば」という発言に泣いた?
うそ泣きかも~、と意地悪い目で見てしまった。

いやいやいや、モテないハヤシさんの僻みということで。
聞き流してくださいませ。

うん、泣くのも女の武器だもんね。
ハヤシが泣いても武器にはならんが、塩村さんは武器になるんだもんな~、うらやますい~♪

これだけ「涙を武器にして、か弱くてカワイイ女」としての立場を利用して散々男にたかっておきながら、「男女同権」叫ばれても・・・
何だか違和感。

塩村さんのような「か弱き女性としての立場を利用して、強者である男にたかる女性」もけっこういるんだから、そりゃあ、男性の中には「女性蔑視する人」もでてくるだろう。仕方ないと思った。

男性からしてみれば、「そりゃないぜ」だろ。
男女同権、男女平等を叫ぶんなら、高いディナーなんておごらないぜ、だろ。

ほんと塩村さんのような方は、若いうちにお金持ちの男性と結婚したほうがいいのでは、と思ってしまった。

いやいやいや、ハヤシさんの僻み根性が、塩村議員をそのような目で見てしまうのだ。
野次を飛ばした男の議員ももちろん、何だかね~と思ったが、塩村議員の過去を知って、びっくらこいた。

塩村議員の「さんまの恋の空騒ぎ」での発言は、削除されまくっているが、いたちごっこで、アップもされている。探せばすぐに見つかる。若き頃の塩村議員本人が誇らしげに「男にたかる話」をしているのだ。

か弱き女の立場を今まで散々利用して、今さら「男女同権」叫ばれても、なんだか『ムシが良いのでは』と思う男性もいるかもなあ、と思った。

この問題「日本は女性を差別する国なんです。女性の権利が侵害されているんです」と世界(アメリカとか)も話題にしたそうだけど、日本には「か弱き立場を良しとして、男性にたかる塩村さんのような女性議員」がいることも世界に発信して欲しいな、と思った。
つまり、どっちもどっちかな、と。

もちろん、さんまテレビの発言は誇張もあっただろうけど、女性のほうも『男にたかる話を誇らしげにする日本』っていうことで、ま、女性蔑視する男性がいるのは当然かな、と。

で、おそらく、塩村さんのような「男性にたかる女性」「涙も武器にする生き方をしてきた女性」って、男女同権を叫ぶ女性フェミニストをバカにしていたんじゃないかなあ・・・なのに なぜ、今はその方たちと徒党を組む?


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。