So-net無料ブログ作成

サヨクと在特会は似ている [国家・日本近代歴史・戦争関連]

サヨクは、嘘、矛盾、ダブルスタンダードが指摘されても、無視するか、指摘した人物の人格批判をし、見下した態度を取りつつ、その指摘に答えることなく、ごまかす。

そういったやりとりを、ネット上でよく目にする。

そう、反論できず、論破されそうになったら・・・その相手の人格や性格を批判し、攻撃する人は、サヨクに限らず多い。論点のすり替えもよく行う。

さて、サヨクは、体のいい標的として、在特会などのデモを批判するが・・・
(もちろん、在特会の言動は褒められたものではない)

しかし、その背景について、サヨクは在特会やネトウヨの人格のみ問題にしたり、あるいは、「ほんとうは彼らも寂しいのだ。そのウップン晴らしに在日コリアンを標的にしているに過ぎない」と、彼ら自身の心の問題して片付けてしまう。

いやいや、背景には韓国の異常な反日ぶり、日本の在日外国人に対する甘いシステムへの不満などがあるはずだが、そういったことは無視する。

無視するのは、サヨクにとって触れたくない都合の悪い問題だからだろう。

韓国の異常な反日ぶりについては、「それは韓国人の問題。日本人が口出しできる問題ではない」などというサヨクもいるようだが、「それならば、日本の問題も韓国人や中国人や在日コリアンなど在日外国人も口出しするな」ということになるが、なぜかサヨクは口出ししてくる中韓や在日外国人の発言には「耳を傾けよ、配慮せよ」などという。欧米諸国の日本批判にも敏感であり、とにかく「日本は反省せよ」と訴える材料となる外国人の日本批判には喜んで飛びつく。

また、サヨクが大々的に広めてきた嘘(南京大虐殺、従軍慰安婦強制連行、朝鮮人強制連行などなど)について、右派が指摘すると、「鬼のクビをとったように今さらそんなことを言って来る」と聞き飽きたとばかりにバカにする発言をする。

サヨクも、それらは嘘であったと認めつつ、デマを広めたことについて、あるいは、そのデマを信じてしまったがために日本を不当に批判したことについて、決して謝罪も反省もしない。
それどころか・・・今まで日本を悪に貶めてきたことを指摘すると「鬼の首を取ったように、今さら・・・」と見下す。

うむ、実にサヨク様らしい。

今まで散々デマを流して日本を悪に貶めてきたことを反省しないサヨクだが、「日本は過去の過ちについて反省せよ」「在特会や、在日コリアンに対し差別発言をする右派は反省せよ」「在特会は、在日コリアンについて、悪に貶めるようなデマを流すな」と言う。

うむ、実に実に、サヨク様らしいダブルスタンダード・・・

なぜサヨクは反省しないのか・・・
やはり自分の過ちを認めることによって、自分たちサヨクの存在価値がなくなるのを恐れているのだろうか・・・

※こういったサヨクの矛盾、ダブルスタンダードも、田山たかし氏がツイッターで指摘していた。
田山たかし氏のツイッター発言、宮島理氏のブログはおすすめだ。サヨクを論破したい人は、田山氏や宮島氏の発言を参考にするといいだろう。

といっても、サヨクは無視するか、ごまかすか、論点をずらすか、はたまた人格攻撃、感情論に擦りかえるだろうが・・・(笑)


在特会など在日外国人に対し暴言を行うのは、日本の中ではごくごく一部の人たちであるが、韓国の反日、日本への暴言は、国をあげて行われている。韓国政府もコントロールできず、韓国の国民の顔色を伺うしかない。韓国の司法もマスメディアも異常な反日であり、こちらのほうが、はるかに大きい問題だろう。

だから、韓国人による日本人を標的にした無差別殺人未遂事件が起きたり、靖国放火未遂事件が起きるのだろう。日本へ帰化した元韓国人が韓国批判をしたからといって、韓国入国を拒否したり、韓国人が盗み持ち帰った対馬の仏像を未だ返還しないことについても、唖然とする。韓国は言論の自由もなく、法治国家ですらないのだ。

これでは、「多くの韓国人は、日本への犯罪は是である、と思っている=日本人は、韓国人に警戒すべきだ」と思われても仕方ないだろう・・・それが韓国人差別につながっても仕方ない。一部の韓国人の問題ではなく、韓国社会全体が反日なのだから。

もし反日ではないというのであれば、韓国人はその誤解を解く努力をしなくてはいけないだろう。「差別だ」と訴えるばかりでは解決しない。
日本のほうが、韓国人によるヘイトスピーチやヘイトクライムによる実害を受けているのだから。

が、決して、サヨクはこちらの問題には触れない。

こちらの問題が解決しない限り、一般日本人の反韓感情も高まり、在特会など一部過激な右派の言動を後押ししてしまうことになるだろう。

※右派の暴言は置いておいて、右派の主張「朝鮮学校や韓国学校の、日本国民の税金を使っての無償化は反対」「慰安婦問題でデマを流すな」「社会保障制度が破綻しそうな中、外国人の生活保護受給制度に反対」「竹島を返せ」「対馬の仏像返せ」などは、まっとうな当然の主張だろう。

※サヨクは「子どもの権利」を盾に、朝鮮学校や韓国学校の無償化を訴えるが、たとえば、韓国に日本人学校を、韓国の税金使って無償化にすることについて、韓国人は反対するだろう、それと同じだ。外国人学校は、せいぜい、私立の学校と同じ扱いにしないとおかしいだろう。


さてさて、韓国側に目を向けると・・・

韓国人の中にも日本を認める人もいる。
しかし、日本の朝鮮統治時代を「良いところもあった」と日本を認める発言をした95歳の韓国人が、韓国人の若者に殴り殺された事件もあった・・・(若者は5年の懲役刑となったらしい。傷害致死ということなのだろうが・・・)
日本を肯定するような発言は命取りになりかねない。


だが、一部の冷静な韓国人たちも、捏造された歴史に気づき始めているようだ。


韓国人大学生の発言「漢江の奇跡と慰安婦について」
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/33127792.html

韓国人が日帝時代の小学校の教科書(参考書)をアップ・・・「なぜハングルを教えてるのか?」と困惑
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5208.html

以下、一部転載。
朝鮮では、日韓併合前、文盲率は98%だった。
日韓併合前から、福沢諭吉や井上角五郎らの日本人は、読み書き出来る朝鮮人を増やそうと尽力していた。
朝鮮最古の国語辞典『朝鮮語辞典』は、1920年に朝鮮総督府(主に日本人)が作った。
朝鮮の学校では、1930年代にも、日本人が作った国語辞典『朝鮮語辞典』で朝鮮語の勉強が続けられていた。
学校で「朝鮮語」の授業がなくなった1940年代でも、朝鮮語の使用を禁止した事実はなく、普段の会話等はもちろん朝鮮語で行われた。
日韓併合前は98%だった朝鮮における朝鮮語の文盲率は、40%前後まで下がった。
韓国人や反日左翼が主張している「日帝は言葉を奪った」は大嘘だ!

転載終わり。


強制連行説といい、本当にサヨクは日本を悪に貶めてきたのだな・・・本当の敵は、中韓よりも日本国内にいるサヨクだと改めて思う。


では、宮島理氏のブログ記事を紹介しよう。

「在日コリアンを神格化した朝日新聞」について
http://miyajima.ne.jp/index.php?UID=1380078672

一部転載
【戦後しばらくは在日韓国・朝鮮人に対する差別が存在した。しかし、1980年頃には、社会保障上の差別や就職上の差別などは解消されている。
 実質的な差別が解消された頃、それと入れ替わるようにリベラルメディアが広めたのが観念的な差別、すなわち「強制連行神話」だった。

 実質的な差別であれば、解消に向けて日本人と在日韓国・朝鮮人が協力することができる。だが、観念的な差別を解消することはできない。一方的な憎悪と、それに対する罪悪感、さらには謝罪と反省が永久に続くだけである。

 リベラルメディアは観念的な差別をめぐる民族的対立を引き起こし、それまで実質的な関係を築いてきた日本人と在日韓国・朝鮮人を分断した。そう、在日韓国・朝鮮人に対する「ふつうの感覚」を破壊したのは、ほかならぬ朝日新聞だったのだ。】


【やがて在日韓国・朝鮮人の経済的成功や、本国である韓国の躍進を受けて、日本人はまず、貧困者として在日韓国・朝鮮人を見ることをやめた。さらに、「強制連行神話」の虚偽が明らかとなり、被差別者としての在日韓国・朝鮮人像も崩れていく。

 ところが、朝日新聞などのリベラルメディアは、相変わらず在日韓国・朝鮮人を被差別者として描き、日本人に罪悪感を抱かせることしか考えない。ついに、一部の日本人の中から、それまで押し殺していた在日韓国・朝鮮人への反発が最も歪んだ形で噴出した。

 朝日新聞が作り出した、「ふつうの感覚」を喪失した異常な土壌の上に、ヘイトスピーチという異常な花が咲いてしまったのである。

 朝日新聞が自分たちの過去の過ちを認めることはないだろう。それどころか、ヘイトスピーチを新たな材料として、再び観念的な差別を喧伝し、被差別者としての在日韓国・朝鮮人像を強めようとしている。そうした新たな神話化は、集団的憎悪を抑制するどころか、また別の集団的憎悪を生み出すことにしかならない。】

転載終わり。

ツイッターでも田山たかし氏が同じような指摘をしていた。

日本人と在日コリアンを分断しているのは、朝日新聞など在日の味方をしているように見えるサヨクたちである。

サヨクは、在日コリアンを嫌う一部の勢力に対し、ますます敵意を燃やし、この対立を煽り、自分たちを正義とし、この状況を「安倍政権のせいだ、日本が右傾化したせいだ」と、とんちんかんなことを言う。(※在特会による暴言デモは民主党政権時からあった)

サヨクは本当にえげつない。
在日コリアンの方も、ぜひサヨクを疑ってほしい。本当の敵は「暴言を吐く右派、在日コリアンを嫌う右派」ではなく、在日の味方を装うサヨクのほうだと思う。根本解決を邪魔しているのはサヨクだ。

では、もうひとつ、宮島理氏の記事を紹介しよう。

韓国人の靖国放火未遂事件・・・「韓国の日本に対するヘイトクライム」について
http://miyajima.ne.jp/index.php?UID=1379982623

一部転載
【これは明白なヘイトクライム(民族・宗教に対する憎悪犯罪)だ。いかなる理由があるにせよ、特定の民族・宗教に対して暴力行為やテロ行為を働くことがあってはならない。この事件を大々的に取り上げ、強い口調で非難しない国内外のメディアが存在するとしたら、それはメディアとしての完全なる死を意味する。

 同時に、ヘイトクライムに対する認識をそろそろ改める時が来ているように思う。これまでは、ヘイトクライムとは言いながら、実際にはマイノリティや小国だけがその“対象”とされてきた。

 つまり、日本人が韓国や中国のことを少しでも批判したり、アメリカ人がムスリムのことを少しでも批判すると(それが正当な言論行為であっても)「ヘイトスピーチだ。ヘイトクライムだ」と糾弾された。
 一方で、韓国人が日の丸を燃やして「日本人を殺せ」と叫んだり、中国人が日本出自の企業というだけで略奪行為を働いたり、ムスリムが「ヤンキー、ゴー・ホーム」と声を荒げても、なぜかヘイトクライムとはみなされてこなかった。】


転載終わり。

メディアは韓国人による靖国放火未遂事件をきちんと報道するべきだが、NHKは全国ニュースとして取り上げず、首都圏ニュースとして取り上げ、この問題をあまり報道したがらなかったようだ。

そのことについては、こちらのサイトも話題にしていた。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5206.html

またNHKはデモについても、相変わらず偏向報道をしているようだ。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5205.html

※東京韓国学校無償化撤廃デモについて
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5202.html


そして、韓国は、従軍慰安婦問題を捏造し、日本へのヘイトスピーチを世界で行っている。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5207.html・・・【朝鮮戦争当時、日本軍に無惨に踏みにじられた。謝れ!」フランスで響いた絶叫・元慰安婦の金福童】


・・・ということで、朝鮮戦争時は、日本軍は存在していない・・・

が、日本の歴史など知らないフランス人はこの嘘に気がつかず、信じてしまう人もいるかもしれない。

韓国の日本に対するヘイトスピーチ、ヘイトクライムを許してはならない。
しかし、日本のサヨクが足をひっぱり、裏で韓国の味方をする。

実は、日本のサヨクが、日本人へのヘイトスピーチ、ヘイトクライムをしているのかもしれない。もともと慰安婦問題も朝日新聞のデマから始まり、中韓が利用しているに過ぎないのだから。

日本のサヨクは、現実を見ようとせず、正義を振りかざし、日本人と在日外国人を分断し、日本と中韓を分断し、それぞれの対立を煽り、平和を壊していく・・・本当の敵はサヨクである。

ま、サヨクの敵は「日本」なのだから、「日本の敵はサヨク」であることは当然なのかもしれない。

中韓は自分たちの利益になりそうなので、日本のサヨクを利用し、反日になっているだけである。

日本はこれまではサヨクがうるさいので、中韓が反日言動を行っても抗議することなく、おとなしく、あまり反撃してこなかった。それどころか中韓に配慮してきたし、譲ってきた。なので、中韓は安心して日本を敵にすることができ、反日になれるのである。それどころか反日になればなるほど、日本は譲ってくれるので、自分たちの利益になる。
中韓にとって、反日サヨクが巣くう日本は、うってつけな敵なのである。

サヨクがいる限り、平和は訪れないのでは、と思う。
・・・戦争の抑止力(軍備)も認めないしね・・・中国の海洋侵略についても無視する。日本よりも、国際常識が通じない軍を持つ中韓を信じているようだ・・・やれやれ。


田山たかし氏も指摘していたが、サヨクがやるべきことは、まずは、デマを流して日本を悪に貶めてきた反省と謝罪だろう。じゃなければ、在特会を批判する資格はない。

サヨクと在特会、どっちもどっち・・・と思われるだろう。
そう、実はサヨクと在特会はよく似ているのかもしれない。いや、サヨクのほうが在特会よりタチが悪い気がする。それに、在特会は規模は小さいが、サヨクは大規模だし、日本の中枢(政界、マスメディア)に入り込んでいるからね。


では、もうひとつ、宮島理氏の記事をリンクしておこう。

「絶対正義を振りかざす朝日新聞」について書いてある。
http://miyajima.ne.jp/index.php?UID=1380257116

現実を見ようとせず、絶対平和、絶対正義を振りかざすサヨクこそ要注意。
自分たちの敵を絶対悪とし、攻撃してくる。自分たちのダブルスタンダードに気づいても、無視し、反省せず、巧妙にえげつないことをしてくる・・・それがサヨクである。


最後に、日本に理解のある韓国人ツイッターを紹介。
https://twitter.com/zittaikokuhaku

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

日韓の敵「サヨク」 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

サヨクは日本だけではなく、在日コリアンや韓国にとっても敵ではないのか、と思う^^

ま、サヨクについて、考えさせられる今日この頃なのだが・・・

「弱者の味方」を掲げるために、強者と位置づけた者を攻撃し、その攻撃を是とするために、強者に位置づけた者を悪に仕立てる・・・これがサヨクの本質かもしれない、と思うようになった。

強者と位置づけたものを悪にし立て、攻撃する・・・これが極端に現れたのが、中国の文化大革命、カンボジアのポルポト大虐殺なのかも・・・

(がんばっても、がんばらなくても同じどころか・・・がんばって富を築いた者が悪に仕立てられ攻撃される場合もあった共産主義、社会主義・・・今の日本のサヨクに通じるところを感じる)

弱者を守る=強者を攻撃する、ということで、「強者攻撃が正義である、良いことである」と捉えてしまいがちなのかもしれない。
しかも・・・強者攻撃を是とするために、中には強者を悪に仕立ててしまうサヨクもいる。日本を強者と位置づけ、なにかと日本を悪に仕立てようとしてきた朝日新聞や毎日新聞がその典型かも。


中韓とつながって、自分の利益のために活動しているサヨクもいるだろうけど、サヨク思想(絶対平和を信じ、国家の枠組みを嫌い、国家を敵視する、地球市民として生きたい、絶対性善説で物事を考えがち)にはまり、自分=サヨクの存在価値を高めたいが為に活動している人も多いのでは、と感じるようになった。

サヨクの存在価値を高めるためには・・・手っ取り早いのは「敵=悪」をつくることである。
日本国はお手ごろな【敵】である。

でも現代の日本人に嫌われないように、日本を叩くにはどうしたら良いか・・・過去の日本は悪であった、とすればいいのだ。(戦後、GHQが日本を統治するため、日本人に罪悪感を植えつけようとしたのが始まりだが、それがサヨクに利用されていったという)

悪であればあるほど、そしてそれが強者であれば、それに対峙するサヨクの価値は高まる。
だから捏造してまで、過去の日本を悪に仕立ててしまったのかもしれない。

そして、現在の日本人に反省を促すサヨクは正義の人であると、皆に思われ、存在価値が高まる。

また敵は強いほうがいい。その敵に対峙するサヨクは「弱者の味方」になれる。
よって「絶対弱者の存在」も必要だ。
「人権意識に篤いサヨクは優しい」と皆に思われる。

なので、一般日本人を強者とし、欧米以外の在日外国人を弱者と位置づけ、外国人の人権を重視する。あるいは、弱者の権利を勝ち得た生活保護受給者の人権を重視する。

サヨクは存在価値を高めるために、人権活動に力を入れてきたのだろう。

ある程度までは、人権は守られるべきであるが、サヨクは自らの存在価値を高めるために、度を越した人権を要求するようになったのかもしれない。

たとえば、生活保護について・・・
生活保護受給者は、国民年金受給者や低所得者より、はるか上のレベルの生活を手に入れるようになった。
最低限の生活ではなく、平均的な生活を求めるようになった気がする。

だから、月額手取り29万円(子ども二人、住居手当込み、その上、医療費無料、水道料金やNHK受信料無料、タクシー代など通院交通費など、諸々手当てがつく、所得税はもちろん住民税も無税、ほか年金、健康保険料、介護保険料など義務は免除または軽減される)という権利を手にできるようになったのだろう。

現在の日本人の平均月収31万円・・・そこから税金や保険料が引かれ、医療費やNHK受信料や水道料金なども普通に負担するし、タクシー代など通院費も自己負担・・・を考えれば、生活保護受給者はあきらかに優遇されすぎだろう。

また生活保護受給の不正も、なかなか見つけづらい。捜査権がないので、不正が後を絶たない。罰則も厳しくない。不正の抑止力がない。

不正を見逃さないよう、厳重な監視が必要だが、サヨクは「プライバシー侵害=人権侵害」だとして反対する。

不正はごくわずかである、と根拠のない【性善説】をとる。不正を見逃している可能性が高いのだから、不正は氷山の一角と考えるのが普通だろう。

ちなみに、サヨクは強者側の不正については【氷山の一角】と考えるようだ・・・

相手が「弱者」であるが、「強者」であるかで、サヨクは態度を変える。
しかも、サヨクが捉える「弱者、強者」である。

欧米以外の在日外国人は弱者と捉え、日本の社会保障費が膨らみ、破綻に追い込まれそうにも関わらず、外国人にも生活保護を与え続けることを良しとし、制限することに断固反対しているようだ。
一般日本人は強者と位置づけられ、一般日本人は負担を強いられることになる。

国民年金を納めない人が増えるのは当然である。
資産を持っていなければ、老後は国民年金ではなく、生活保護のほうが絶対に良いに決まっている。

バブル後半の時代、国民年金の負担は、月額8000円程度だったと記憶している。日本人平均月収は当時、37万円と聞いた。

そして現在、国民年金の負担は月額15000円強、しかし、日本人平均月収は31万円だ。

国民年金の負担がこんなに重くなるとは・・・当時、予想できなかった。

40年満期で納めて、やっと月額63000円。しかも、そこから健康保険料や介護保険料が引かれるだろう。
低所得者は免除するというが、支給額はその分、減額される。

生活保護制度のような不公平な制度を続ければ、国民年金は必ず破綻するだろう。
健康保険も破綻するかもしれない。

それでもサヨクは、財政無視で人権重視を掲げる・・・ここのところが疑問だったが(もちろん、サヨクの目的が日本財政破綻=日本をつぶすことであれば、これはなかなか有効な作戦である)、自分=サヨクの存在価値を高めるため、今までの自分のサヨク活動を否定したくないがため=自分の今まで歩んできた人生を否定をされたくないがため、という理由もあったのか、と・・・サヨク考察をしている(笑)

サヨクは「日本は強者」と位置付けているので、日本がつぶれるかもしれない、ということを考えないのかもしれない。(地球市民を目指して、国家の枠組みをとっぱらうために、日本国をつぶしたいサヨクも、もちろんいるだろう)

なので、一般日本人に負担を押し付けることを、不公平だとも思わないのかもしれない。
しかも、日本は過去、外国に対し、悪を行ったということにして、現在も日本人が在日外国人のために相応の負担するのは当然だ、としたいのだろう。

そういえば・・・
先日、新大久保で、韓国人学校無償化撤廃デモが行われたらしいが・・・

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52992211.html

まず、韓国人学校は、日本の学校基本法に基づいていないだろうし、私立の学校と同じなのだから、日本の血税を使って、無償化にするのはおかしいだろう。
学校は設立していい、しかし、日本国の血税を使っての無償化は反対だ。
これは差別とは言わないだろう。

ただし、在日コリアンが、過去、日本国によって何万人も強制連行された=無理に日本に連れてこられた、というのであれば、無償化も仕方ないかもしれないが・・・日本国による強制連行はなかった、戦時徴用された245名の朝鮮人は帰国した、それ以外の朝鮮人たちは自らの自由意志によって日本に来たのである。
日本の血税を使ってまで、外国人の学校まで無償化することはない。

たとえば、韓国に日本人学校を作り、日本人学校を無償化するために韓国の税金を使う、といえば、当然、韓国人は反対するだろう。それについて在韓日本人は差別だとは訴えないだろう。それと同じだ。

が、なぜか韓国人学校の無償化撤廃を訴えると、「韓国人の子どもたちへの攻撃だ」とサヨクは騒ぎ、差別だと訴える、

もちろん、このデモでは在日韓国人への過激な攻撃的な言葉もあったようで、そのことについては同調できない。

しかし、デモに対するサヨクのカウンターも凄まじく、暴力的行為もあったようだ。

サヨクが平和主義者であるのならば、暴力を認めてはいけないだろう。しかし、民主党の有田議員などのサヨクは、カウンター勢力を正義とし、暴力を行うものはごく一部だとして、無視するのだろう。
ならば、デモで攻撃的な言葉を吐く者も一部かもしれない。デモの主旨は「日本国民の血税を使っての韓国人学校無償化反対」なのだから。

が、こちらはサヨクにとって無視できない、許すことができない行いのようだ。
よって、許されない者たちへの暴力は仕方ない、ということなのだろうか。

でも、考えてみれば、反戦を訴える「はだしのゲン」も、主人公とその親友は暴力でものごとを解決していったっけ。
親友は殺人も行い、物語最終では、主人公は殺人を犯した親友の逃走を手助けする。
「暴力は自衛のため、仕方のないこと」「弱い子どもが身を守るため、強者の大人を殺害したことは是」と受け取れる内容だ。これのどこが「平和を訴える漫画」なのだろうか。

いや、物事はきれいごとで片付かない、ということの表れだろう。

サヨクの捏造、二重基準や矛盾が明らかになるたびに、左派には不信感しか持てなくなる。

平和を唱えるくせに暴力容認、平等を唱えるくせに弱者と位置づけられた者を過度に優遇し、不公平な社会システムを支持する・・・などなど。

強者を悪に仕立てるための捏造・・・ここまでいくと、不信どころか、悪辣で卑劣にしか思えない。

とくに私のような「どっちかというと昔、左派であった」「左派の教育を受けてしまった者」は、その反感は凄まじいかもしれない。そういった左派教育を受けていない者よりも、受けてきた者のほうが、反動は大きいだろう。


ところで、一部右派の在日コリアンへの反感は凄まじいが、「ほとんどの在日コリアンは反日である、被害者意識が強く、日本を攻撃する、日本人と同等の権利を与えろとうるさい、日本の過去について今もなお謝罪と反省=賠償や補償を求める」と思っているのかもしれない。

もちろん、サヨクと手を組む在日コリアンはそうだろうが、そうではない在日コリアンも大勢いるかもしれない。

「そうではない在日コリアン」=日本での差別を別に感じない、韓国の反日に批判的、参政権もいらないし、日本の財政が厳しいのだから外国人への生活保護制度は撤廃していいと考えている、日本国の生活保護に世話になるつもりはない、過去の補償は解決している、今の日本について右傾化しているとは思わない)」もいるだろう。

「そうではない在日コリアン」の存在をもっと取り上げ、右派に「こういう在日コリアンもいるのです」と知らしめ、日本にとって一番の負担である生活保護制度について外国人への受給を制限すること(禁止が望ましい)、日本を守るために外国人に対する社会システムを是正すること・・・これが、在日への攻撃を沈静化させる方法だろうと思う。

しかし、サヨクは、「そうでない在日コリアン」を無視し、「日本は反省すべき、自分たちは差別を受けているという在日コリアン」の声だけ取り上げがち・・・外国人への生活保護受給も支持しているのだろう。外国人にも日本人と同等の権利を与えるべきだと考えているのだろう。

そして、右派による在日コリアンへの攻撃は「韓国の異常な反日ぶり」も大きな要因になっているだろう。
また、「数万人もの朝鮮人は日本に強制連行されてきた、今現在、日本にいる在日コリアンのほとんどは強制連行された子孫」という嘘にも怒っているだろう。
この嘘は、日本を悪に仕立てるべく、左翼が仕掛けたものだろう。サヨクと手を組む在日コリアンも自らの利益のために、被害者として何かと権利を得るために利用してしまったのだろう。それが広がってしまい、強制連行されたという嘘を信じてしまった在日コリアンもいただろう。

だが、サヨクはこのことを無視する。
ひたすら「日本が右傾化したせいだ(ややもすると安倍のせいだ)」と言う。いや、韓国の異常な反日ぶりは、日本が右傾化したせいだ、日本が悪い、と思っているのかもしれない。

※しかし、韓国寄りだった民主党政権時から韓国の反日は酷かった。反日になればなるほど、日本は弱腰外交で謝罪し譲ってくれると思っているのだろう。実際、これまでの日本のマスメディアも韓国の代弁者となり「日本が譲れ」と日本政府に圧力をかけてくれていたのだから、韓国は「反日」をやめられるはずがない。

「日本が悪い」「在日は被害者だ」と言うサヨクと手を組む在日コリアンの声は大きく、目立つ。
なので在日コリアン全てが【サヨクと同じく反日】に受け取られかねない。

これでは、右派との諍いはヒートアップするだろう。

けど、実はサヨクは、こうした右派との諍いを喜んでいるのでは、と邪推さえしてしまう。
そのほうが、自分たちの存在価値をアピールできるのだから。

サヨクが、在日コリアンを弱者・差別されている被害者と位置づけ、日本への敵対心、攻撃心を煽っているのかもしれない。
それが一部右派の怒りを刺激するのかもしれない。
在日コリアンも利益を得るために、サヨクを利用しているだろうが、サヨクも己の存在価値を高めるために、在日コリアンを利用しているのだろう。

サヨクも、なかなかの悪よの~。

・・・と穿ったことを思わせるほどに、サヨクの言動にますます違和感持つのであった。

ごく一般の在日コリアンの方も「味方を装っているかもしれないサヨク」を疑ってみたほうがいいかもしれない。


田山たかし氏のツイッター発言で紹介されていた【韓国人大学生が語ったという「韓国の反日の実態」】
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/33060130.html

・・・韓国にも、日本の「サヨク」と同じような敵がいるのだな。


中韓が反日なのは、もちろん、歴史認識は関係なく、単にそれを利用しているに過ぎない。
「反日」はあくまでも目的を達するための手段である。

手段としてあまり効果的でないとなれば、そして損することになれば、中韓は反日をやめるだろう。


在日コリアンが攻撃されないようにするためには、韓国社会が反日をやめること、日本が在日外国人への生活保護受給を禁止すること・・・これでほとんどの右派の怒りは収まるだろう。

しかし、サヨクがいる限り、それはかなえられないだろう。

日本の中に、サヨクメディアやサヨク政治家がいて、韓国の代弁者となり、反日活動をしているのだから、韓国社会も反日をやめることはないだろう。
外国人の生活保護受給禁止など、サヨクは全力で阻止しようと動くだろう。

サヨクは、日本と韓国の共通の敵かもしれない。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0)