So-net無料ブログ作成

とりあえずのつぶやき(2013年) [国家・日本近代歴史・戦争関連]

4月9日

追記
しばき隊はこのような恐喝、恫喝を行っていた?

ツイッターhttps://twitter.com/keiko0753/status/321231815425789952より転載。

【「おまえら顔覚えたからな 警察いなくなったら覚えてろよ」

レイシストしばき隊の奴が言っていた
証拠の動画を投稿するなよ

脅迫した集団を特定できる
ネットを使った脅迫行為になる

これは脅迫行為に該当する
投稿動画は証拠にもなる
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/2013/04/blog-post_6372.html?m=1 …】

転載終わり。

さてさて、有田氏が支持する「しばき隊」は、今では単なる反韓デモや反中デモに対しても、すべて「ヘイトデモ」「レイシストデモ」として、カウンターデモを行っているようだ。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5023.html

「仲良くしようぜ」のプラカードを持ちながら、中指を突きたて悪意むき出しの姿は、「日本人は好きですよ」と言いながら、本音では日本を嫌うどこかの国の人を思わせる。

左翼メディアは「仲良くしようぜ」のみを取り上げ(朝日新聞はそうだった。京都新聞もそういう扱いをしていた)、悪意むき出しの姿は報道しない。

もしもネットがなかった時代であれば、「しばき隊」は正義、反韓反中デモを行う者は悪、というイメージを植えつけられていただろう。

メディアは信用できない、ということが、このことでも分かる。

そして、左翼は自分と敵対する者を【悪】に仕立て上げ、攻撃し、言論封殺したり、人権侵害を行う。

沖縄集団自決で無実の元日本軍人を悪に仕立てた大江健三郎が良い例だろう。
しかし、大江氏は「ノーベル平和賞受賞者」として、今も名高く、活躍している。
大江氏は、無実の人を悪に仕立てたことを、何とも思っていないのだろうか。
いや、それが左翼というものなのかもしれない。

「しばき隊」は、過激な発言を行った在特会に限らず、あらゆる反韓反中デモに出向き、暴力的な行為で、封殺を試みたようで、ツイッター上では「勝った」と勝利宣言し、有田氏もリツイートし、応援していた。

・・・言論封殺は、共産圏の国でよくやられていたことだよなあ。

そこで、ツイッターで、有田氏に問うてみた。
https://twitter.com/aritayoshifu/status/321231549775372290

【在特会と関係ない「中国の脅威を周知するデモ」に有田さんが支持する「しばき隊」が現れ、大変な騒ぎになったと聞きました。ここまでくると、韓国や中国に対する抗議デモはすべて「ヘイトデモ」に仕立てられ、言論弾圧の空気さえ感じ、恐ろしいことだと思いました。】

【有田さんは本当に「しばき隊」を支持しているのですか?今までの有田さんのツイートから支持していると多くの人は捉えてます。国会議員として説明責任があるのでは、と思いますが・・・】

果たして有田氏は応えてくれるだろうか。


4月7日
新大久保の【レイシストデモ】と有田氏について。
http://matome.naver.jp/odai/2136484750856943401

「しばき隊」はかなり暴力的な集団のようだ。中指を立て、挑発行為をし、生卵をぶつけてくる過激なデモをしていたそうだ。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52952304.html
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52952620.html

過激な発言をするデモを非難した有田氏は、この「しばき隊」も批判しなくては、おかしい。
いくらご自分の主張に同調してくれた味方とはいえ、「しばき隊」を応援するのは国会議員としてかなり問題である。

もちろん、応援していた当初は「しばき隊」のことを知らなかったのかもしれない。ならば、後で「しばき隊」を批判すべきであるが・・・しない。
韓国を批判しないのと同じく、なぜか、批判しないのだ。
そういった姿勢に、有田氏の本当の姿が見える気がした。

在特会やそれに同調する者の怒りを理解しようとしない限り、過激な行動に出るものは増えるだろう。

※他、気になった記事http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52953141.html

国会議員のやる仕事はただひとつ、韓国や中国に毅然とした態度で、国内の在日外国人への優遇制度はやめ、日本人と区別することだ。
生活保護制度も見直すべきだろう。

日本の社会保障制度を守り、領土領海を守り、国益を追求し、主権と国民の命、財産を守ることである。

しかし、左翼はやらないだろう。社会制度を破綻させ、領土領海を他国に差し出し、他国の国益のために働き、主権はどうでもよく、国民の命でさえ守ろうとは思わないのだろう。
ただただ理想を追い求める無責任な平和ボケか、または日本を破綻させ、つぶすことを目的とする売国奴である。

生活保護制度が良い例だが・・・日本を「弱い者勝ちの国」にし、不公平な社会システムで国力を衰退させる・・・これが左翼の本当の目的かもしれない。


下記で韓国高官?の発言を紹介したが、つくづく・・・的を得ていると思ったので、もう一度、転載。

「2012年(民主党政権時代)の日本について、韓国高官の発言」、以下、転載。

【韓国側の認識は、外交交渉の常識の範囲で少し強く出れば、過剰に反応して 金を持っくる、領土も差し出してくるのが日本の政権である。

土肥隆一という民主党議員は韓国まで来て
「独島(竹島)は韓国のものだ」という書面にサインをした。
そのような領土を他国に渡す行為をしても、いまだに国会議員でいられる。
韓国ならば殺されているであろう。

このほかにも、岡崎トミ子という人は韓国まで来て日の丸を汚し
日本の悪口を言って帰った。その人が大臣をしている。

日本人は、韓国が悪いというが、実際は日本の中にいる日本人が
最も日本を馬鹿にしているではないか。
韓国と中国は永久に韓国や中国の国益のために日本に圧力をかけることになるだろう。
忘れてはいけないのは、その韓国や中国の国論の形成を
日本人の国会議員が主導しているということ
そしてその人が政権にいるということだ。
韓国であれば本当に暗殺されることだ。
日本では満足なデモも何も起きない。

「世界で最も反日なのは日本である」 】

転載終わり。

これでは、韓国や中国が日本を甘く見て強硬に出るのは当然である。
日本は国内に敵(売国議員)をたくさん抱えているのだ。そして、一時、売国党が政権をとっていたのだから。


4月4日
民主党は売国党と言われても仕方ない。もちろん、自民党も弱腰なところはあったけど、それは左翼マスメディアが国民を自虐史観&平和ボケづけにし、日本が他国に配慮し、譲り、強硬に出ることを良しとしなかった空気があったので、仕方ないとも思える。

事実、平和憲法改正、核武装など言えなかった。自虐史観に疑いを持つことも許されなかった。それはタブーであり、それに触れることは許されなかった。触れれば、右翼&軍国主義、暴力、野蛮、悪人というレッテルを貼られ、干されるのである。

しかし、民主党はほんとうに酷かった。韓国や中国、在日外国人をあきらかに優遇し、日本の社会保障制度を食いつぶさせようとした。

ツイッターで拾った情報、発言。以下転載。

【民主の小宮山元厚労大臣の悪行。外国人の国保加入条件大幅緩和、二泊三日の観光の外国人も加入可、3ヶ月ビザで児童手当支給、その後5年間再入国の手続きすると本国帰国後も児童手当と日本の保険使える。国民の血税ばら撒き、ほとんどの対象は中共と南朝鮮。】

【今まで、外国人の国民健康保険の適用用件は一年以上の在留資格を持つ者で、出入国管理をしていた。が、本年7月からは3月以上の在留で可とし、住基台帳で管理される。これでは該当者が異常に増え、出入国管理も出来ずに帰国した外国人に保険金が支払われる事案が多発する。】


転載終わり。


ーーーーーーーーーー

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

左翼という敵 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

まずは・・・「なるほど」と思った麻生太郎氏の言葉を紹介。
【友好のために国益を損なうのは愚かです。国益のために友好が成り立つのだと思っています】

さすが・・・麻生さん。現実的な考え方である。

左翼は国益を損なってでも、友好を結ぼうと、日本をつぶしていく。
それが良いことだと信じているのか、それとも、本当は日本をつぶすことが目的なのか・・・とにかく、左翼は信用できなくなってしまった。


さてさて、民主党の有田氏と「しばき隊」のことが話題になっている。

韓国や中国への抗議デモに対し、すべて【レイシスト】扱いし、攻撃的なカウンターデモをする「しばき隊」・・・国会議員有田氏も支持する「しばき隊」・・・「仲良くしようぜ」というプラカードを持ちながら、悪意むき出しで中指を突きたて挑発する「しばき隊」・・・

しかし、有田氏は「しばき隊」を応援しているようだ。

また左翼系新聞も、このことを取り上げ、しばき隊が【中指を突き立てている場面】は隠し、【仲良くしようぜプラカード】のみ写っている写真を使い、「しばき隊」を持ち上げているようだ。知らない人は「しばき隊」を正義と思うだろう。

「しばき隊」については、こちら参照。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5023.html
http://matome.naver.jp/odai/2136534113066156701


もちろん、「殺せ」などという過激な反韓デモはいけないことだが、カウンターデモ「しばき隊」も褒められたものではない。しかし、左派は「しばき隊」を支持し持ち上げ、彼らの暴力的な行為は話題にしない。
ここにも偏向ぶりが見て取れた気がする。

左翼は、反韓反中に過激に走る彼らの怒りを理解しようとせず、ひたすら見下す。社会的弱者と位置づけ、馬鹿にして挑発する。

そして、在日コリアンは被害者という図にする。

有田氏のツイッター発言にも、それが見受けられる。
(もちろん、有田氏もネトウヨと称される人たちから過剰な非難攻撃を受け、辟易していただろうが・・・彼らを非難する前に、韓国批判があれば、これほどの攻撃は受けなかっただろう。そして「しばき隊」に対する批判もあれば、わりと中立公正だという評価も受けただろう)

反韓デモに参加した人たちは、反日左翼に牛耳られている情けない日本社会に怒っているのだろう。
従軍慰安婦という捏造された歴史問題を盾にとり、また日韓基本条約で解決されたはずの統治時代を蒸し返し、自分たちは被害者として、いつまでも謝罪と賠償(支援)を求め、日本は反省しないと攻撃する韓国人たちに辟易しているのだろう。

少なくとも私はそうだ。昔は韓国人に対し、何とも思っていなかったが、いや、むしろ友好ムードを歓迎していたが、今は警戒心しか抱けない。
ま、おそらく韓国人のほうもそうだろう。

日本は友好を結ぼうと努力したが、韓国は日本に憎しみを抱くような空気を国家規模で作り上げた。
今度は韓国が相当の努力をしなければいけないが、おそらく、しないだろう。それどころか、今度は世界に向かって、日本を貶める作戦に打って出たようだ。

韓国にとって日本は敵国である。よって日本もそれを認め、韓国を敵と見なし、警戒しなくてはいけないだろう。

そして、在日外国人に甘い社会システムには、怒りをおぼえる。いずれその負担は私たち日本人にかかってくるからだ。負担増か、あるいは低福祉になるか、破綻するか・・・

在日外国人に甘いシステムは日本の社会保障制度の破壊につながる。おまけに、その在日外国人のほとんどは韓国人、朝鮮人、中国人という反日国家の出身である。

反韓デモに参加する彼らの怒りは、ちゃんとした理由があるのだと思う。

※在日朝鮮人韓国人も、集団での過激で暴力的な行為により、日本国の生活保護の資格を手にした。「甘い日本人は暴力で屈することが出来る」と学習されてしまった。
本国、韓国でも過激なデモは行われ、児童には「日本を火の海にする」「日本人をたたき殺す」「日本に核爆弾を落とす」などなど凄まじい反日画を描かせ、反日教育を施し、日本を憎むように仕向けている。

こういう民族に対し、強硬姿勢で臨むしかないだろう。配慮は彼らに無効であり、かえって彼らを増長させることとなり、ますます事態を悪くしたことは日本も学習したと思う。強硬姿勢を過激に見せるくらいで、ちょうどいいのかもしれない。

私は、どちらかというと「プチ左派」であった。
しかし、ここにきて、保守派を全力で応援しないといけないと思うようになった。

左翼は日本の敵である、と言える。左翼の言動は、韓国や中国の代弁者となり、どうしても「反日要素」が入ってしまうからだ。

もちろん、左翼を全否定はしないし、認めているところもあるが、もはや、そのような甘いことを言ってられないようなので、全力で否定する。
それくらい左翼は強敵である。

だから、違法にならないぎりぎりのところまで、がんばるしかない、とさえ思う。

なので、NHK受信料支払い拒否=解約については、NHKのほうが偏向報道をし、放送法違反をしているのだから、解約できる人はどんどんしてほしいと思う。NHKへの抗議も当然だが、一番効果的なのは受信料を払わないことである。ただでさえ、NHK職員は高給とり、そのうえ偏向報道をしているのだから、強制的に受信料を取る権利はない。

そのNHKに、またまたこんな疑惑が浮上。

NHK黒い疑惑、北朝鮮工作員リストに塚本壮一の名が・・・
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5021.html 
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5022.html


そして、ついにNHKは、日本海(東海)と併記し始めた。http://goo.gl/mR5a1
在日韓国人朝鮮人の犯罪者の通名(日本名=偽名)報道も相変わらずだ。


さてさて・・・NHKのほか、左翼といえば朝日新聞・・・(いや、日本のマスメディアのほとんどは左翼だが・・・)

橋下徹氏がまた週刊朝日&朝日新聞を攻撃。

橋下氏ツイッターhttps://twitter.com/t_ishin/status/320728753493925889より

橋下氏の発言、転載
【繰り返し言う。朝日新聞グループと俺は、加害者と被害者の関係なんだ。これは俺が生きている限り、そして俺の子孫が生きている限り付きまとうことだ。それだけのことをしたんだ。そこを忘れるな。もう一度、グループあげて、被害者への謝り方、償い方を研修しろ。いつもあんたらが紙面で言ってることだ】


・・・相変わらずだな、橋下さん。

「オレが生きている限り、オレの子孫が生きている限り、つきまとう」って、「この恨みはずっと忘れない・・・」「こちらは永遠に被害者だ」というこの思考って・・・韓国朝鮮的だよなあ、と思ってしまった。

そのうえ、橋下さん・・・ヤクザみたいだよなあ。つきまとって、謝罪と金をせびる韓国スタイルだよなあ・・・橋下さんって、なんだか日本人というよりも朝鮮人に近いような・・・

・・・という穿った見方をしてしまうが、まず、左翼から日本を取り戻すには、朝日をつぶすことである。

私は橋下さんには警戒している。(橋下さんは外国人地方参政権に賛成派)

しかし、ここはまず朝日を攻撃することが先だ。
だから、私は橋下氏を応援する。朝日が倒れるまでだ。


それにしても・・・橋下さんが言うとおり、朝日系は【人権】を大切にしているはずなのだが、自分と敵対する者に対しては人権侵害を平気で行う。

大江健三郎氏も、沖縄集団自決の件で無人の元軍人を悪人に仕立て上げ、人権侵害を行ったっけ。
左翼とはそういうものなのかもしれない。彼らの言う「人権」はとても都合の良い、まやかしものである。

・・・その人権についての考察は、こちらのサイトを紹介しておこう。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1850.html#more


これから情報戦争である。
敵は日本国内にいる左翼。

もちろん、反日国家である韓国や中国も敵である。
彼らは日本を貶める情報操作を世界で行っている。

それに対抗するために・・・こちらをリンクしておこう。
英語で発信「日本の真実」http://undertakerrach.gouketu.com/

まずは、国内にいる左翼に打ち勝たなくてはならないと思う。日本国内中枢に左翼がいる限り、韓国や中国は日本を甘く見て、強硬に出てくる可能性もあり、ますますお互い憎しみ合うことになるだろう。

もしかして、左翼を追い出したほうが、韓国と中国は日本を尊重するようになり、良い関係を築けるかもしれない。

しかし、多くの人を洗脳し、操作できてしまうマスメディアは強敵だし、政治家も左翼が多い。

これら左翼に負けるかもしれないと思いつつ・・・せめて保守派の応援に努めたいと思う。
できることは情報拡散くらいだが。

そんなわけで、当ブログは、いつもテーマが同じになってしまっているし、重複内容が多いが・・・それだけ日本の危機を感じているということである。


ーーーーーーーー
関連事項・・・橋下氏ツイッター発言について

https://twitter.com/t_ishin/status/320670794550235137より転載。

【従軍慰安婦問題も、日韓基本条約で法的な賠償問題は解決済みであるにもかかわらず、韓国に配慮せよと朝日新聞は言い続けている。僕もね、事実誤認や言われない日本国に対する批判には断固反論しなければならないと思っているが、大変な苦痛を与えた場合に、心情的に相手を慮る必要性があることは認める】


転載終わり。

橋下氏のこの【大変な苦痛を与えた場合に、心情的に相手を慮る必要性があることは認める】という発言にはクビをかしげた。
国が、被害を受けた個人に対し、賠償以外で心情的に慮ることはできないからだ。これは個人対個人でしかできない。国は「賠償」しかできない。しかし、日本国としては日韓基本条約で解決済みである。韓国政府が、被害を受けた韓国人に対し、賠償をするなど、これは韓国の問題となる。

なので、橋下氏には警戒する。結局は、【日本国は韓国に対し賠償する必要がある】と聞こえるからだ。
韓国もそう捉えるだろう。そして、韓国は橋下氏に期待するだろう。在日コリアンを通して、なんらかの応援をするかもしれない。

橋下氏の朝日攻撃については応援するが、基本的には警戒すべき政治家である。
橋下氏は、韓国の心情を慮って、在日コリアンに対し、何かしらの優遇をするかもしれない。

だが・・・100歩譲って、心情を慮る相手は、昔の日本国から受けたという直の被害者だろう。今、日本にいる多くの在日コリアンには関係のないことだ。

彼らが【自分たちの祖先は被害者だ】と訴えたところで、本人は、今の日本の恵まれた社会システムを享受し、日本国から何かしらの加害を受けたわけではない。むしろ、在日コリアン、朝鮮人たちの優遇策を見直し、取りやめるべきだろう。それが公平というものである。

また彼らは日本人ではないのだから、日本国民と同じ参政権や同等の社会保障を受ける資格はないのである。これは差別ではなく、区別である。

日本国は、日本国民の命と安全と財産を守るのが義務である。日本人が優先されて当然である。

在日コリアン、在日朝鮮人は、それが不満ならば、自分の国に帰ればいいのである。彼らの祖先は日本国に強制連行されたわけではない。自由意志で日本にやってきたのだ。中には密入国までして。

主権に関わる問題に、外国人が口出しする権利はないのである。

続きを読む


nice!(1)  トラックバック(0) 

地方から日本破壊・・・名前を変えた外国人参政権&外国人公務員 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

4月8日

外国人が日本の公務員に・・・彼らは反日国家出身者が多いだろう。

公務員の国籍条項撤廃県
【岩手県・神奈川県・愛知県・滋賀県・三重県・奈良県・大阪府・鳥取県・高知県・大分県・沖縄県】


3月31日
『常設型住民投票条例』が話題になっている。
これは名前を変えた在日外国人地方参政権・・・

全国で条例化・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/kgjbb/24775620.html

http://blogs.yahoo.co.jp/hisao3aruga/33435367.html?fb_action_ids=271253763010571&fb_action_types=og.likes&fb_source=other_multiline&action_object_map=%7B%22271253763010571%22%3A523771230999209%7D&action_type_map=%7B%22271253763010571%22%3A%22og.likes%22%7D&action_ref_map=%5B%5D

常設型住民投票条例とは・・・

投票資格は永住外国人や日本滞在が3年を超える外国人らを含む18歳以上の住民。投票を発議できるのは市長、市議会、住民だが、住民の場合は投票資格者数の10分の1以上の署名が必要。実施対象は市政にかかわる重要事項。

・・・とのこと。

日本人でも選挙権は20歳からだが、これは18歳・・・

地方から侵食されていくのかもしれない。


以下、転載。

川崎市の永住外国人らを含む18歳以上に投票資格を認める市提案の常設型の住民投票条例案が、19日の市議会本会議で可決、成立した。市によると、同様の条例の制定は、政令指定都市では広島市に次ぎ2番目。
 
在日韓国人2世で、外国人と地元住民の交流施設「ふれあい館」(川崎市)館長の☆重度(ぺ・チュンド)さん(63)は「当然の権利で、喜ばしい結果だ。在日外国人が行政参加するための第一歩」と評価した。
 
投票資格は永住外国人や日本滞在が3年を超える外国人らを含む18歳以上の住民。投票を発議できるのは市長、市議会、住民だが、住民の場合は投票資格者数の10分の1以上の署名が必要。実施対象は市政にかかわる重要事項。
 
川崎市の18歳以上の住民は、3月末現在で約112万2000人。このうち投票資格を持つ外国人は約1万9000人。阿部孝夫市長が2001年に初当選する際、市民参加の行政の一環として公約に掲げていた。


(注)☆は、褒の保が非




外国人に選挙権を与えた市


●埼玉県富士見市


●埼玉県上里町


●埼玉県美里町


●群馬県桐生市


●広島県広島市


●千葉県我孫子市


●埼玉県坂戸市


●広島県大竹市


●三重県名張市


●東京都三鷹市


●山口県山陽小野田市


●神奈川県逗子市


●大阪府岸和田市


●神奈川県大和市


nice!(0)  トラックバック(0)