So-net無料ブログ作成
検索選択

反日の動き(大江健三郎氏の人権侵害) [国家・日本近代歴史・戦争関連]


追記。

日本を侵略者とし、反省を促す大江健三郎の声明は、当初、ソースが「中央日報」のみだったことから、ひょっとしたら捏造か、と思ったが、MSN産経でも取り上げていた。http://sankei.jp.msn.com/world/news/120929/kor12092922120005-n1.htm

メディアは「日本は右傾化している」と騒ぐが、ネット保守派の人たちは「右傾化ではなく『正常化』してきている」と言っている。私もそう思う。
日本は異常だったのかも・・・単なる左傾化ではなく、そこに反日という要素がくっつくのだから。

左翼の人たちも発言を考えたほうがいいのでは、と思う。このままでは「左翼思想=反日思想」と思われてしまうだろう。

「反日」は、自国を攻撃してくる敵、搾取しようとする敵とみなさざるを得ない。
これは偏狭なナショナリズムではなく、自衛である。

反日左翼は、この「自衛」も悪だとし、情報戦を仕掛け、情報操作、印象操作し、日本の自衛をおろそかにするよう、仕向けてくるかもしれない。

これから日本国内では、情報戦による内戦が始まるかも。
メディアにだまされないようにしなくては・・・


それにしても・・・梅沢氏に対し人権侵害を行った大江氏が「ノーベル平和賞」をもらうのだから・・・世の中、恐ろしいことだ。

反日左翼の仕掛けた罠に苦しみ、悪に仕立て上げられ、泣いた人たちは、どれくらいいるのだろうか。

もはや「平和」も胡散臭く、偽善にしか思えない。


ーーーーーーーーーーーー
このようなニュースを目にした。

大江健三郎氏ら日本の知識人と市民団体が、1300名の署名を得て「日本は侵略者。反省すべきは日本」という声明を出したそうだ。

さて、大江健三郎氏といえば、沖縄集団自決の問題で、軍人の梅沢隊長を、悪に仕立て貶めたことで有名だ。

梅沢隊長は、自決しようとした沖縄の村民を、諭し、自決をとめようとした。
しかし大江健三郎氏らによって、「梅沢隊長が命令し、村民を自決させた」と悪に仕立て上げられたのだ。

ここにも日本軍を貶める捏造があった。


櫻井よしこ氏のブログより転載。
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2007/01/11/post_497/

【梅澤隊長命による住民の集団自決”は、家永三郎氏の『太平洋戦争』、中野好夫・新崎盛暉両氏の『沖縄問題二十年』、大江健三郎氏の『沖縄ノート』などによって喧伝され、「梅澤=集団自決命令=軍国主義の悪」の構図が強調された。ノーベル平和賞を受賞した大江氏の『沖縄ノート』は1970年の出版以来、49版を重ねている。】

【戦後、全ての日本人がそうであったように、沖縄の住民も食べるに困った。特に沖縄は烈しい戦闘で焼き尽くされ、多数が亡くなった。国の援助を申請したとき、自決というだけでは、軍人でもない一般住民への援助は無理だとされた。

そこで考えられたのが、軍によって自決命令が下されたという理由づけだった。
生きるために事実無根の話が創られ、梅澤氏への根拠なき非難が一人歩きを始めたのだ。
それを調査せずに喧伝したのが大江氏らである。】


転載終わり。

梅沢隊長が自決を止めてくれたことを証言する者「宮城初枝氏」も現れた。
彼女は「国の補償金がとまったら、弁償しろ」などの非難を浴びた。
だが、彼女が再び発言を変えることはなく、幾人かの住民も真実を語り始め、自決命令は、村の助役である宮里が下したと判明した、というのが真相のようだ。

その後、梅澤氏は、大江氏らの著作の出版・販売・頒布の禁止を求める訴えをおこしたが、大江氏はまだ一度も出廷していないそうだ。


元軍人の梅沢氏を、悪人に仕立てあげた大江氏。
裁判にも現れず、責任をとろうとしない大江氏。

梅沢氏は濡れ衣を着せられ、職を転々とせざるを得ず、家族も隠れるように暮した。
ずいぶん苦しんだことだろう。

正義を振りかざし、誰かを悪に仕立て上げる・・・悪に仕立て上げられてしまった人は生活もままならなくなる。
大江氏は梅沢氏に対し「人権侵害」を行ったのだ。

大江氏は、まずは梅沢氏に謝罪をするべきだろう。 悪人に仕立て上げたことを反省するべきだろう。
そして、自分が間違っていたことを認め、それを自ら世間に公表するべきである。

しかし、そういった責任はとっていないようだ。

こういう人が「平和」を訴え、日本を悪とし、日本への反省を促す。
裏では、こういった人権侵害をしながらだ。
まずはご自分が反省しなくてはいけないのにだ。

つまり大江氏は信用できないということだ。 偽善者と言っていいだろう。

すぎやまこういち氏が言っていた通り、今、日本は「国内にいる反日との内戦状態」なのかもしれない。
国内にはこういった「日本国および日本軍人」を悪に仕立てて、反日活動をする人たちがいるのだ・・・

情報戦では、まだネットはテレビや新聞にかなわないかもしれないが・・・発信していくしかない。ネットの力もだんだん大きくなっていると思う。
私も微力ながら、こういった反日左翼に対抗しようと思う。

大江健三郎氏は梅沢氏に対し人権侵害を行いながら、ご自分は反省せず、相変わらず、日本を悪に仕立て上げようとしているようだ。

大江氏といい、朝日新聞といい・・・全く信用できない。
悪を仕立て上げ、正義を振りかざす。そして悪に仕立てた相手に謝罪と反省を求める・・・これは恥ずかしい最低の行為ではないか?



沖縄集団自決冤罪訴訟について・・・参照サイト
http://blog.zaq.ne.jp/osjes/


ーーーーーーーーーーーーーー
MSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120929/kor12092922120005-n1.htm

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

偏向メディアおよび右翼団体について [国家・日本近代歴史・戦争関連]

先日「日韓歴史問題」をテーマにNHK番組があったが・・・
櫻井よしこ氏を出演させていたので、NHKも少しは偏りをなくそうとしたのかも。

以前、2010年の段階では、NHKは相当偏っていたらしい。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3943.html
↑2010年8月14日放送のNHK番組「日韓のこれから」について書かれた記事のようだ。
私は見なかったが・・・この記事から受けた印象では、在日韓国人の映画監督の方の傲慢さを感じる。歴史を語る視点から、違う歴史観があるのは当然。それを否定し、自分の歴史観が正しいと思い込み、それを人に押し付け、それに疑問を持つ者を恫喝する・・・今の中国や韓国と同じである。

自分が被害者の立場である、ということを主張し、相手を加害扱いし、攻撃し、謝罪を引き出そうとする。もちろん謝罪は言葉だけではすまない。言葉だけの謝罪は「誠意がない。言葉だけの謝罪は要らない」ということで、結局はお金を請求される。加害者は悪ければ悪いほど、多額のお金を引き出せる。あるいは、お金の代わりに「特権」「利権」「義務の免除」などなど・・・

今回の「竹島問題」「尖閣問題」で、いろんな情報が錯綜し、考えさせられた。

とにかく平和ボケしていたことに反省。
もっと警戒感を持つべきだと痛感。

ちなみに、このNHKの「これからシリーズ」に出演している人たちを選ぶ基準
http://www.youtube.com/watch?v=ko-7Q8E-pVY

ただ、NHKはまだまだ信用できないけど、少しずつ変わってきている?
櫻井よしこ氏を起用し、保守派の意見も取り上げられるようになった。

NHKは正しいと思い込んでいる中高年層を動かすには・・・
やはりNHKも変わって欲しい。

先日の日韓問題を、韓国人識者らも招いての、櫻井よしこ氏を起用した番組では・・・櫻井よしこ氏の鋭い指摘や質問から、NHK(仕切っていた司会者)は韓国人識者らを守ろうとしていた気もしないでもなかったが・・・

よく考えてみれば、番組に出ていた韓国人識者たちも「韓国に不利になるようなことは言えない立場」であり、それでも出演してくれたのだから、NHKとしても気を使わざるを得なかったのだろう。韓国は13歳の少年が親日言動をしたということで逮捕されるような言論統制の厳しい国である。少しでも日本に理解を示すことを言えば、何かしらの制裁があり、韓国に帰れなくなるのかもしれない。

所詮、言論統制された国の人との討論など成り立たない。
櫻井よしこ氏がNHKで起用されただけでも良しとするしかないのかもしれない。

しかし、NHKのほかの番組では・・・
「中国とは経済的には切れない仲。中国は面子を重視する国。尖閣国有化は中国の面子をつぶしてしまった。中国の面子をつぶさないように気をつけながら、中国のことをもっと知って、友好関係を築こう」というようなことを訴えていた。

もちろん、それも正しい考え方なのかもしれないが・・・

櫻井よしこ氏の中国観はこうである。

櫻井よしこ氏のブログ「国防の危機」
http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2012/09/27/%e3%80%8c%e3%80%80%e5%9b%bd%e9%98%b2%e3%81%ae%e5%8d%b1%e6%a9%9f%ef%bc%81%e3%80%80%e5%b0%96%e9%96%a3%e3%82%92%e8%ad%b7%e3%82%8c%e3%80%80%e3%80%8d/

NHKはまだまだ平和ボケしているのか、中国に対する危機感がない気がする。
尖閣問題は「中国の面子だけの問題」ではないように思うが・・・
あるいは、櫻井よしこ氏が「危機感を煽っている」だけなのか?

NHKと櫻井よしこ氏の考え方には、まだまだ大きな開きがあるようだ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

さて、先日の櫻井氏を起用したNHK番組・・・そこでも取り上げられた「従軍慰安婦問題」であるが・・・このサイトもなかなか分かりやすい。おすすめである。

慰安婦の真実・・・http://makizushi33.ninja-web.net/


ところで、従軍慰安婦問題といえば、やはり【朝日新聞】の捏造記事を思う。
もはや、朝日新聞は「偏向、反日左翼新聞」と、私も思うようになってしまった。


池田信夫氏のブログ
「安倍晋三VS朝日新聞」http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51812433.html


朝日新聞が今後、どのように安倍氏を叩くのか・・・朝日新聞に対する興味はある(笑)
そして、朝日が叩く安倍氏を支持しようと考えてしまう(笑)


「従軍慰安婦問題」について、橋下徹氏VS朝日新聞記者のツイッター発言も目にしたが・・・橋下氏に対する朝日新聞記者の失礼な言動・・・未だに「新聞記者は偉い」と思っているのかも。

ま、昔は新聞記者の書く記事が社会に大きな影響を与え、世論を動かす=操る、ということもできただろう。現に、朝日新聞が捏造した従軍慰安婦問題は広がり、日本政府を謝罪させ、未だに日本は韓国や中国から責められ、国益を損なっている。朝日新聞が社会を、いや国を(悪いほうへ)動かした、と言えるだろう。だから記者が傲慢になってしまうのも無理はない。

けど、今はネットでいろんな情報が手に入り、特に若者は新聞を読まなくなった。
このことについて、マスメディアは嘆くが、作曲家のすぎやまこういちさんは「むしろ良いことだ」とおっしゃっている。新聞の影響を受けないから。

よって今の若者はこの反日自虐史観をそれほど持っていないようだ。
そして、若者はわりと「保守派・愛国心」の安倍氏を支持している。

これから朝日新聞はどうやって反日左翼思想ぶりを展開するのか・・・を見ていきたいと思う。

ただ、まだまだ中高年層はNHKと朝日新聞に信頼を寄せているだろうから、このメディアの活躍は当分続くと思う。社会にも大きな影響を与えるだろう。

なので朝日新聞記者は未だに「傲慢な態度」がとれるのかもしれない。この橋下氏にかみついた朝日新聞記者も「自分の考えこそが正義」とでも思っているのかもしれない。(ま、失礼な態度を謝罪したらしいが・・・この記者こそ、「従軍慰安婦問題」を勘違いしているのでは、と思う)

従軍慰安婦問題では「軍や日本国による強制はなかった」「単に兵士を相手する慰安婦=売春婦という仕事があっただけ」というのは、この新聞記者も知っているとは思うが・・・
「強制されたかどうかは関係なく、女性に対する人権侵害を行った。だから反省と謝罪、賠償をしろ」と言いたいのかもしれないが、今の恵まれた社会の価値観で、過去を裁くのは筋違いだろう。(福島瑞穂氏もこのような考え方なのだろう)



朝日新聞の捏造「日本国(日本軍)が強制連行したという従軍慰安婦問題」は、韓国の反日教育にも利用され、一般の韓国人は「日本軍が朝鮮女性を拉致し、脅し、強制連行し、奴隷化し、無理やりに売春させた」と思っているのかもしれない。

ちなみに、現在、在日および韓国人によるこのような事件が多発しているそうだhttp://tokua33.ninja-web.net/


また、在日がこういった犯罪を行っても、本名がメディアで取り扱われることなく、【日本名(通称名)】で報道されるようだ。(私はそういったことも今まで知らなかった)


朝日新聞だけに限らず、日本のマスコミは、韓国・朝鮮人の犯罪を隠す傾向があるようだ。日本のマスコミは「韓国・朝鮮人のイメージが悪化しないように」本名を報じないないことが多いという。

なんだか加害者の人権ばかりを重視する、今の日本社会と重なる。被害者の人権だけ踏みにじられる。偏った人権思想、それが今の日本の左翼思想なのかも。

ちなみに、韓国は今現在もベトナムでも女性に対し酷いことをし、社会問題になっているようだ。http://www.news-postseven.com/archives/20120925_144616.html



ということで・・・
マスメディアは、在日コリアンが犯罪を犯しても【日本名で報道】し、本名での報道は行わず(在日コリアンのみ、犯罪者はプライバシーが守られるということだ・・・)、在日を過度に擁護している気がする。

反対に、愛国心を持つ者に対する攻撃は凄まじいように思う。


その愛国心を持つ者を右翼扱いする世間だが・・・

右翼は実は【在日コリアンが多数を占める暴力団体】だという。
日本人に愛国心を持たせないよう、このような印象操作を行っていたのか?と疑問を持ってしまった。

右翼団体のほとんどが、在日コリアンである・・・http://www.geocities.jp/uyoku33/
※日本名を名乗り、表向きは日本人を装っているという。

目的はもちろん、右翼たちは過激で攻撃的なパフォーマンスによって、「愛国者に対する嫌悪感」を国民に植え付けるため、らしい。

詳しくは、このサイトhttp://www.geocities.jp/uyoku33/にて。
右翼は在日コリアンが占めている・・・初めて知った・・・本当にびっくりした。


在日コリアン問題も怖いが、在日中国人も・・・中国人は毎年1万人のペースで日本国籍を取得している・・・とのこと。

日本は内側からすでに侵略されているのかもしれない。


ネットでは、こういった情報を見ることが出来るが、ネットをしない人、ネット情報をウソだと思い込み、新聞やテレビ報道が正しいと思っている中高年層から上の世代は、まだまだ多いだろう。

学生時代に左翼思想に染まった団塊の世代も、左翼の理想的考え方から抜け出すのは厳しいみたい?

池田信夫氏のブログ記事にもこんなことが書いてあった。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51812433.htmlより転載。

【戦後すぐ教育を受けた朝日の幹部の世代にとって、平和憲法は絶対の善であり、社会主義は理想だった。日本は非武装中立から社会主義に向かって「進歩」することになっていた。しかしその後、彼らの嫌悪する資本主義がめざましい発展を実現する一方、社会主義は挫折し、冷戦の終了でその勝敗は明らかになった。

しかし彼らは平和憲法の理想に人生を賭け、民主党の首脳には学生運動で人生を棒に振った人も少なくない。彼らにとっては、「戦後民主主義」を否定することは自分の人生に意味がなかったと認めることになる。これは太平洋戦争の遺族が戦争を批判する「自虐史観」をきらうのと同じ心理である。サンクコストを守ることは将来の投資の役には立たないが、感情を安定させる役には立つ。

こうしたバイアスは暗黙知(システム1)に深く埋め込まれているので、論理で説得することはできず、世代交代するしかない。】

転載終わり。


また、同じく池田氏の記事より。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51811267.html

【(全共闘世代・・・団塊の世代の学生時代は)国家の保証する豊かさは享受しながら、「資本主義が人間を疎外している」とか「大学が独占資本に奉仕している」といった漠然たる不満を街頭の行動で発散させていた】

転載終わり。

※ポスト団塊の世代(1950年代前半生まれ)については、大学入学の時期が学生運動時代の末期(終わる前)であり、大学時代に学生運動時代が終わった事から、全共闘世代に含まれる場合と、全共闘世代から外されてしらけ世代に含まれる場合の両方があるそうだ。



学生時代、左翼活動に興味をもってしまい、今も社会に関心がある団塊の世代が一番、朝日新聞を好んで読んでいそうだ^^;
まあ、リベラル、知的な人は朝日新聞を読む、というイメージがあった。(今思えば、とんでもないことだ・・・)

だから、朝日新聞に影響を受ける人はまだ多い気もする。
朝日新聞が一番厄介だと思う。

もちろんテレビのほうがさらに影響力は大きいだろうが・・・


ドラクエの作曲家すぎやまこういち氏はこう発言している。
http://www.news-postseven.com/archives/20120925_144970.html
今の日本は「日本軍vs反日軍の内戦状態」だと。

以下一部転載。

【一部のメディアを中心とした「反日工作」は、着実に進んでいる。例えば、公教育の場で愛国心を育てるため、国家斉唱・国旗掲揚を行なおうとすれば、思想信条の自由を盾に、自国を愛する行為に「右翼」のレッテルを貼り付け、否定的に報じる。

それに日本には、他の国では見られない、自国を貶める「反日」の政治家がいる。それも与党・民主党内に少なくないのだから、嘆かわしい限りである。

だが、一部の輩やメディアがいくら「反日」を洗脳しようとしても、希望の光はある。それは、若い世代が新聞を読まなくなったことだ。嘆く有識者は多いが、私は逆だと思う。

新聞やテレビといった既成メディアでは、真の「愛国者」たらんと発言すれば、「軍国主義者」や「右翼」とレッテルを貼られ、攻撃の的にされるため、怖々しか発言できない。

一方、ネットでの言論では国を憂いた「日本軍」の方がやや優勢である。

今後はこうしたネット世代の台頭が日本の政治を動かし、国を変える力となると感じている。 】


転載終わり。


日本は情報内戦状態。
若者はネットから、中高年層はテレビや新聞から情報を得てしまい、その影響を受けてしまう。

今、マスメディアでは自民党の安倍氏叩きが始まっているようだ。(ということで、メディアにとって、安倍氏が重要なポストにつくのは困る、ということか?ならば安倍氏を応援しようと思う)

一部メディア(テレビ、新聞)はまだまだ影響力が大きく、世論を作り上げてしまう。
まだまだ反日左翼勢力が強い気がする。とても偏っているように思う。

偏りは、不満がたまり、反動を起こしやすく、攻撃的な社会になりやすいように感じる。

なので、とりあえず今は、保守派を応援しようと思う。(考え方は違うところがけっこうあるが)

やはり自民党が一番、日本の国益を考えられる現実主義でまともな政治家が多いのかも?(もちろん反日、左翼的な政治家もいるが・・・)

橋下氏率いる維新の会・・・マルハンやソフトバンクから支持を得ているということでは警戒すべき団体かも。在日コリアンを甘く見てはいけないと思う。

狭量ナショナリズムと批判するのは簡単だが、だからこそ警戒心の足らない日本は防衛が甘く、気づかないうちに反日に支配されつつあるのかも。


池田信夫氏の発言より
【反原発派は、団塊世代と日教組の「平和主義」の末裔。彼らの「ゼロリスク幻想」こそ、日本が清算しなければならない社会主義のレガシー。安倍氏の経済政策には期待してないが、軍事・外交には期待】

私も外交に期待したい。
それと在日特権をなくし、また社会福祉を公平なシステムにしてほしい。在日外国人などによる内側からの侵略を止めて欲しい。安倍氏を応援しようと思う。
メディアの安倍氏に対する印象・情報操作には気をつけよう。


ーーーーーーーーーーー

「テレビや新聞を信用する中高年世代」VS「ネットで情報を得る若者」・・・
社会保障の格差だけでなく、こういった日本に対する考えに対しても、対立していくかもしれない?

もちろん、中高年の中にもテレビや新聞情報に惑わされないたくさんの保守派がいるだろうが・・・で、その人たちがいたからこそ、自虐史観が食い止められ、歴史の捏造が明るみになり、今現在の問題も明るみになってきたと思う。

すぎやまこういち氏のいう「内戦状態」に突入したのかも?


情報操作・・・右翼が実は在日コリアンで占められていること(ヤクザもそのようだ)、在日コリアンが罪を犯しても日本名で報道されること・・・メディアの在日への気の使いよう・・・いろいろ知ると、なんだか恐ろしい気がする・・・狭量ナショナリズムといわれようが、在日に警戒感を持ってしまう。
もちろん、中にはガセネタもあるだろうし、絶対に正しいともいえないかもしれないが・・・

政治家は反日左翼からの日本侵食を食い止めて欲しい。その法律を作り、逆に外国人参政権と人権擁護法案は食い止めて欲しい。
この二つの法案が通ってしまえば、弱者、被害者を名乗る一部の者たち(在日、同和など)が手にしている特権や利権に対する批判が出来なくなり、一般日本人は不当に搾取され、利用される気がする。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

橋下徹VS池田信夫 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

橋下徹氏のツイッター発言が気になる今日この頃。

以下、橋下氏のツイッター発言より転載。

【日本の過去の戦争についても、悪いところは悪いと認め、しかしその時代でのやむを得なかった事情、そして一定の貢献があればその事実を堂々と主張し、また世界で言われているが事実誤認のところはきちんと正すべきだ。全てうやむやになっている。このうやむやがあらゆる問題の全ての元凶。 】

【過去の戦争について、完全自虐になったり、完全正当化したり。そんなものではないでしょ。悪いところは悪いとしっかり認めれば、その時のやむに已まれぬ事情や一定の貢献も堂々と主張できるし、事実誤認もそれは違うとはっきり主張できる。うやむやにしている過去の政府談話はもっと明確化すべきだ。】

転載終わり。

これは個人としては100パーセント共感。

しかし、国としては「できるだけ完全正当化」しなくてはいけないと思う。とくに、韓国や中国が相手なのである。もしも「悪いところを認めてしまえば=弱みを見せれば」、相手はそこをついてくる。そして、必ずこちらの譲歩を求めるだろう。(今までがそうだからだ。いい加減、学習したほうがいいと思う)

しかも、日本側は賠償は済んでいる。経済的な支援も行った。これ以上、譲るわけには行かない。譲れば、また相手は再び譲歩を引き出しにかかるだろう。(今までがそうだからだ)

外交はずるく立ち回らないといけないのに、「正義ぶって」うまくやっていけるのか?と思う。

「正義」は決して相手に通じない。正義は「きれいごと」である。(もちろん、「自分に都合の良い正義」ならばありだ。つまり自分に都合の良い正義=正当化ということで)

「きれいごと」は外交には不必要、害である。

自分の非は認めず、正当化するべし(他国は皆、そうしている)・・・日本はただただ自国の国益を守るのみ、そのためには「ずるく」立ち回らなければ・・・
「ずるい中国や韓国」に負けるだろう。

やはり橋下さんは、在日コリアンに配慮をせざるを得ない立場にいるようだ。ソフトバンクやマルハンが支持しているのだから、どうしてもそうなるだろう。となると、橋下さんは、中国には強く出られるかもしれないが、韓国には出られない。

よって、橋下さんに国政、外交はまかせられないのでは、と思う。



私個人は【日本は全く悪くなかった】とも思わない。それぞれの国が「黒歴史」を抱えていると思う。

正義を求めるのであれば、すべての国が反省し、謝罪をするべきだが、それはありえない。だから、理論武装し、自国をできるだけ完全正当化するべき。でなければ、外交に勝てないのでは、と思う。

また橋下氏は他の人の意見に対し、このようなことも言っていた。

○他の人の意見・・・
【多くの人たちが処刑され、賠償金を払い、条約を結んで、戦争後の処理を終えているはずですが?和解金を払い和解書を交わしたのに、まだ不十分 】
【日韓基本条約を破棄したいのかな?】


○橋下氏の発言・・・
【法的には解決済み。しかし心の問題は別です。法と心は別です】
【国内のいわれなき事故・事件に巻き込まれたご遺族の方に、同じことを言えますか】


これに対し、池田信夫氏のツイッター内で、こういった発言があった。

【彼(橋下氏)の話はどんどん河野談話に近づいている。 RT 心の問題に政治家が踏み込むのは危険。日本の政治家が心の問題として米国の原爆投下に文句言うのか】



私もそう思った。国は「心の問題」に踏み込むべきではない。

国は自国民の国益を守るのみ・・・そのために行動するべき。他国に弱みを見せてはいけない。韓国も中国もそのようにしている。

国と国の国益がぶつかる外交と、国内のいわれなき事故、事件と一緒にすべきではない、と思う。次元が違う。
(そもそも国内のいわれなき事故や事件だって、一度、お互いに同意した賠償金が支払われれば、被害者側はもう請求はできないだろう。)



池田信夫氏が橋下氏の考えをこのように評価している。http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51812599.html



日本は、ダブルスタンダードであろうが、尖閣は【領土問題はなし。自国の領土であり、侵犯されれば守る】のであり、竹島は【韓国が不法占拠しているので、国際社会に訴える】のである。

現実問題、竹島を取り戻すのは難しいと思う。ただし、簡単に引き下がれないだろう。よって竹島については韓国に圧力をかけ続け(経済制裁しかない)、なんらかの譲歩を引き出してほしい。尖閣は自国領土領海として守る。

表向きは「武力衝突もやむなし」という強い態度を他国に見せるべきだろう。最初から「武力は使わない」と公に宣言する外交など、ほかの国ではありえないのでは、と思う。

日本が強い態度を見せることについて、左翼は騒ぐだろうが、外交の駆け引きについて、足を引っ張る真似はしないでほしい。

いや、反日左翼であれば、「戦争反対」と足を引っ張り、陰で韓国や中国の応援をし、日本には武力を使わせないことを公言させ、日本からの譲歩を引き出すよう、国内で工作するのかもしれない?


強硬的態度を見せると、メディアなどは「もっと冷静に」と言うが、【強い態度を見せること】も外交かけひきの方法、と思うのだが。




国政を担う政治家には・・・

また韓国や中国の主張する【日本を絶対悪とする歴史問題】は捏造されたところや、歪みがあるので、明確に否定し、国際社会に訴えて欲しい。

在日の方への特権もなくしてほしい。公平に、ということで、日本人逆差別はなくしてほしい。でなければ、在日への反発や嫌悪が生まれるだろう。



続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

ドラマ「吉田茂」、憲法、天皇制、左翼について [国家・日本近代歴史・戦争関連]

9月24日 
追記。

下のほうで話題にした「NHKで櫻井よしこ氏が、韓国の識者らと討論していた番組」について。

その内容を掘り起こしたサイトがあったので、リンクします。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1258.html#sequel

NHKは、まだまだ韓国側に気を使っているように見えた。
その気の使いようは、日本(保守派)の主張を封じ込めているようだ。

それでも櫻井よしこ氏を出した、というところは、少しずつ変わっていっているのかもしれない?
メディアも公正に中立の立場をとるよう、改革してほしいと思う。


それにしても番組中で話題になった「16名の従軍慰安婦を名乗る女性らの証言」が、未だに公開されず、非公開のままというのは驚いた。

なぜ非公開?開示しないのだ?
開示すれば「日本軍が強制連行していないこと」が、ばれてしまうからではないか?

日本は捏造されたことまで黙って見過ごしつつ、なぜ、ここまで弱腰にならなければいけなかったんだろうか?

それは日本の中にも「反日(売国奴=日本の国益を損なうよう仕向ける者、近隣諸国の国益のために働く者)がいるからだと、改めて思ってしまった。

中国テレビに出演し、「日本人として恥ずかしい、お詫びする」と発言した元自民党の野中広務氏のような人も未だにいるのだ。

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
9月23日

自虐史観の洗脳?から抜け始めたばかりで、まだまだ無知です。
そんな私の駄文記事よりも、よほど参考になる2つのサイトをリンクしておきます。
私もゆっくり読ませていただき、勉強させていただこうと思います。

「歴史問題を含め、日本や近隣諸国のことを知るのに勉強になるサイト」
http://nezu621.blog7.fc2.com/
http://kkmyo.blog70.fc2.com/

ーーーーーーーーーーーー

上で紹介したサイト中の記事だが・・・私が書くよりも、こちらの記事のほうが分かりやすく、問題点や批判がきちんと書かれているので、紹介します。
野中氏の今までの功績はきちんと認めていることから、わりと中立性がある考察サイトだと思います。

「野中広務氏の、尖閣問題にて中国へのお詫び発言」について
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1645.html#more


ーーーーーーーーーーーー

野中氏のことにしろ、あるいは福島瑞穂氏のことにしろ・・・全否定はしないけど、ほかの功績はあるけれど・・・現実的ではない考え方、国益にならない考え方、言動をしているように思う。

福島瑞穂氏も、女性の地位向上については、本当によく活躍してくれたと思うし、この功績は大きいと思う。こういった人たちのおかげで、女性は自由を手に入れ、本当に生きやすくなったと思う。

昔はもっと抑圧されていたし、男女差別は確かにあったのだ。戦前は女性の参政権もなかった。職業も限られていた。賃金差別があった。

けど、今はそこそこ自由な生き方を選択できる。(昔は「女性は結婚できなければ人生終わり」ということで、丙午生まれの女性は結婚が不利になるという迷信が信じられていた1966年は、出生率が下がり、もちろん中絶は増え、恐ろしいことに年々右肩下がりだった乳児死亡率がこの年だけ増えたくらいである・・・消極的殺人=病気になっても放置されたなど、ネグレクトの可能性があったのでは、と邪推してしまう)

なので、社民党の役目はもう充分果たしたのでは、とも思う。(もちろん福島氏から見れば、女性の地位向上も充分ではないと考えているだろう・・・ならば国内でのフェミニズム問題に絞って活動されたほうがいいのでは、と思う。)

北朝鮮の拉致問題、従軍慰安婦問題など、国外のこと、外交が絡むと、社民党(社会党)は害にしかならないように思う。

左翼を批判してしまっているが、左翼思想=人権を大切に、というのはやっぱり重要なことだと思う。重要なのは【偏っていない人権】ということで。

もちろん、左翼的な考えも社会には必要なこともわかるし、国家権力の暴走は恐ろしく、簡単に国民を犠牲にするので、それを抑止することも大切である。

ただし国家への敵視が過ぎれば、結局は国民のためにもならない気がする。国力が落ちれば、他国から良いように搾取されてしまうように思う。

戦前戦中の日本社会のほうが良かったとは決して思わない。当時、人権意識もうすかったと思う。一般国民には人権という概念もなかったのでは、と思う。
なので、もちろん中国や韓国、北朝鮮に対し、今で言う「人権侵害」は行われただろう。

戦後の日本に対するアメリカの指導も大きかっただろう。アメリカは日本人を大量殺戮したが、戦後の面倒はよく見てくれたようにも思う。(もちろん、それはアメリカの国益になるからやったのだ。親切心からではないのは百も承知だが・・・)

恵まれた社会にいる今の視点に立って、昔のことを裁くのは、筋が違うように思う。
それをしてしまえば、昔の行為はすベて野蛮であり、人権侵害である。

戦争のこと、あるいは、統治のことは、謝罪も賠償も解決済みということで、国交を結んでいるのである。
それを蒸し返すというのは、約束違反である。

どうしても謝罪と賠償がしたければ、個人や民間がするべきで、国はしてはいけないのである。
ましてや解決済みのものを蒸し返すことはしてはいけないと思う。(個人や民間であれば、自己責任のもと、自由である)

ーーーーーーーーーーーー

ところで、やっとドラマ「吉田茂」の1話2話を見たのであるが・・・

当時の人たちの「天皇に対する気持ち」だけは、よく分からない。
「ほかのすべてを犠牲にしてでもいいから、天皇陛下だけは守って欲しい。守りたい」という天皇崇拝の気持ちを抱いている人は、今の時代はそんなに多くないのではと思う。

また、天皇制存続にこだわり、降伏が遅れたことで、広島長崎に原爆投下されてしまい、21万以上の国民の命が犠牲になったことを思うと、天皇制については複雑な気持ちだ。

左翼でなくても、天皇制に疑問をもつ人もいても不思議ではない。戦争責任についてはともかく、国民の命を犠牲にしてまで、そこまでして存続させたい制度というものには違和感をもつ。

ここは保守派の人とは、いまいち共感しづらいところである^^;
社会システムはできるだけ公平であってほしいと思うので、ほんとうに天皇制(生まれながらにして階級が決まっており、国民の上位に位置する)が今の時代に合うのか?とも思う。

もちろん皇族方が国民の模範となり、尊敬するにふさわしい人物であればいいが・・・
最近の皇太子殿下は、正直、敬意も持てないし、国民の血税で贅沢な暮らしをしていながら遊んでばかり、という印象さえ持ってしまう。

この8月は、フェルメールご観賞という公務しかされていないようだ。
いや、フェルメール美術館観賞が仕事?それは単なる趣味ではないのか?とも思う。
「ご会釈」は仕事のうちに入らないだろう。奉仕してくれる人たちへの礼儀である。
そして2回もご静養に行かれているようだ・・・仕事もしないのに、静養ばかり・・・と思われても仕方ないだろう。

雅子妃はまだ「心の病気」という名目があるが、だからこそ皇太子殿下は雅子妃の分まで公務に励まないといけないだろうに・・・高齢の天皇陛下よりも公務が少ない健康な皇太子、自分が好きな公務だけ選んでいるようにも見える皇太子、遊んでばかりの皇太子・・・そんな皇太子の姿を見ると、天皇制って必要なのか?と思う。


http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_143291より転載。

この夏、皇太子ご一家は静岡県の須崎御用邸に続いて、栃木県の那須御用邸と連続で静養されるという日々をお過ごしになった。だが、宮内庁のホームページを見てみると、いささか首を傾げたくなるような事実が記されていた。

というのも、8月中の皇太子さまのプライベート以外のご日程は、8月7日、8日の勤労奉仕団へのご会釈、3日、7日、9日の人事異動者へのご会釈、そして8月20日の東京都美術館ご訪問のみ。つまり、皇太子さまの外出を伴うご公務は、“フェルメール”ご鑑賞だけだったのだ。

「勤労奉仕団へのご会釈は、奉仕してくれる人々への感謝の意を表すものですから、公務ではなく、どちらかといえば私的なものといえるでしょう。さらに本来、“皇太子”とは陛下を支える立場です。陛下はご高齢に加えて、今年は心臓の手術も受けられた。ですから、本来であれば皇太子さまが長期間静養されるのではなく、その期間、両陛下が静養なさるべきだったと感じました」

皇太子さまの唯一の、外出してのご公務となった“フェルメール”ご鑑賞には、報道陣からも疑問の声があがった。

ーーーーーーーーーーーー
憲法改正について。

憲法9条は難しいところであるが・・・無人島であろうが領海領土を侵されたとき、自衛隊が出動できるよう、法改正ができるのであれば、憲法9条を維持し、アメリカが起こす戦争に巻き込まれないようにするほうが国益にかなうかもしれない。

アメリカに頼らなくてすむ=言いなりにならなくてすむようにということで、憲法9条改正をするのであれば、核武装もやらないと、憲法改正には賛成できないかもしれない・・・

また保守派の人たちが言う【天皇を国家元首にする】というのも、よく分からない。象徴で良いのでは、と思うが。

先の戦争では、戦争責任はとらなかった=戦争責任はない、としたのだから、「今後も政治にはノータッチ」ということで、「象徴」のままのほうが分かりやすい。
「国家元首」にするのであれば、国が何か失敗した時、責任が発生するように思う。

それでも、今の中国や韓国の国をあげての反日教育、反日思想を見ると、警戒しなくてはいけない、あまりにも平和ボケすぎた、ということで、この時代の状況から保守派を支持したいと思う。
左翼はあまりに理想主義的で、このままでは国益を損ない、国力が落ちる、他国の侵略を許すことになるということで。また歪んだ歴史認識を植えつけられた反動もあるだろう。左翼への不信感もある。

保守派の言う「すべてのこと」に賛成するわけではないが、今の日本はあまりに「左」に傾きすぎていたように思う。

ーーーーーーーーーーーー

ところで本日、櫻井よしこ氏がNHKで、韓国側の識者たちと討論していた。

韓国側の識者は通訳なしの日本語での討論なので不利であろうが・・・
櫻井よしこ氏の鋭い質問や主張、意見に、うまく答えることができていないように思った。
やはり【理】は櫻井よしこ氏のほうにあったと思う。

しかし、せっかくの櫻井よしこ氏の問いかけや質問に、ぜひ韓国人識者は答えて欲しいと思ったところは、「時間切れ」ということで、遮られ、次の議題にいってしまうのだ・・・
「NHKは韓国人識者をかばっているのjか、と勘ぐりたくなるほどに(笑)

いや、生放送だから、本当に時間がなく、次の話題に移らざるを得なかったのだろうが・・・マスメディアに不審を抱いているので、穿った見方をしてしまうのだ。

そんな櫻井よしこ氏の「横暴な中国に迷惑しているアジア諸国は、日本に期待を寄せている」という内容の記事をリンクしておきます。
http://news.ameba.jp/20120920-701/


nice!(0)  トラックバック(0) 

日本の中の反日 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1193.html
↑すぎやまこういち氏の講演内容の記事

「日本の中に反日という敵がいる」・・・
今なら「ほんとうにそうだ」と思える。
そこで、日本の中の「反日思想」について考えてみた。


http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-448.html
↑中国共産党による「日本解放第二期工作要綱」

もちろん、ガセかもしれないが・・・はじめて知った。

中国国交正常化、日本の中の反日メディア・・・
そして、民主党は「人権擁護法案」と「外国人参政権」にご執心のようだった。【売国党】と言われても仕方ないと思う。

在日中国人も大幅に増えているようだし・・・
外国人参政権が通ってしまったら、ほんと、中国の目論み通りになっていたかも???

けど、ネットのおかげで、いろんな情報が入り、今までのマスメディアの情報がいかに偏ったものだったか分かり・・・

友好を結んでいるふりをしていた中国と韓国が馬脚を現し、
ま、中国と韓国に馬脚を現すよう仕向けさせてしまったのが、野田さんでもある・・・と今なら言えるわけで、その点は野田さんに感謝?

そのおかげで、警戒しなくてはいけない国だと、多くの人が気づきはじめたのではないだろうか。

でも、まだ注意が必要のよう・・・


テレビは「どういう印象操作をしているのか?」という視点で見るようになった^^;

朝日テレビは、尖閣問題を「中国との間では、領土問題は棚上げにする、ということで国交していた」とし、日本がそれを「破ってしまった」という。

【棚上げ】・・・だから自民党は、騒ぎにせず、中国漁船が来ても、粛々と追い返していたし、日米同盟を重視していたのかあ、と今さらながらに知った^^;
しかし、民主党は外交ヘタで、日米関係を重視しなかったため、中国から少し強気に出られてしまい、弱腰ぶりを見せてしまった。中国はずっと様子見していたのだろう。そして、またまた、ちょっかいを出され、石原都知事が動き、国も動かざるを得なくなってしまい、中国が反発した・・・

当時、中国が「棚上げ」を言い出したのは、まだまだ経済的にも軍事的にも弱い立場だったからだろう。
将来、経済力と軍事力をつけたときに動くつもりだったのだろう。

まだ、今の段階では、軍事力で取ることは難しく、経済制裁をちらつかせているが、実は本格的に経済制裁をかけられるような力は、まだ中国にはないようだ。

日本は、外交を誤った、という見方をする人、メディアも多いみたいだが・・・
多くの日本国民が、中国の本当の姿を知ることが出来た、警戒するべき国だと知って、良かったのではないだろうか。


その朝日テレビのワイドショーでは・・・
「このままでは日本も中国も損をし、一番、得をするのはアメリカ(日本がアメリカを頼りにし、アメリカの言いなりにならざるをえないから)」とし・・・

なんだかアメリカ脅威論に摩り替えようし、だから中国と仲良くしよう(譲歩しよう)、と言いたいのが見えた気がした・・・(そこまで明け透けには言ってなかったが)

もちろん、アメリカも油断ならない国であることは皆、分かっているだろう。
しかし現実問題、アメリカに頼らざるを得ない。

もしアメリカを頼らないようにしたいならば、日本は憲法9条の改正(または現憲法破棄し、新しく作り直す)、国防軍をもつこと、核武装することが必須になる。

アメリカ脅威論を持ち出すのであれば、そこまで議論を深めるべき。

まさか朝日ちゃんったら・・・アメリカを頼るな、でも憲法9条は維持、軍隊は持たない、核武装などもってのほか、と思っているのかしら・・・


考えてみれば、中国という国は、言論の自由もなく、一党独裁の特殊な国であり、人権侵害も平気で行われる国であり、反日思想で国民をまとめようとし、歪んだ教育を行い・・・北朝鮮と同じような国である・・・韓国も似たようなものだろう。

そのような国と友好を結び、警戒感なく交流、進出していくほうが、どうかしていたのかもしれない。

私も、本当に平和ボケしていた気がする。文化交流があると「中国や韓国と友好を結んでいる」とついつい勘違いしてしまう。


○企業・・・チャイナリスク
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-23.html

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-864.html



○中国のウイグル人弾圧動画
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-OEHLUtYk2U

ーーーーーーーーーーーーーーー
さてさて、今回の尖閣問題で・・・元自民党の野中広務氏が、中国にお詫びをし「日本として大変恥ずかしい」という発言が話題になっているようだ。

http://www.youtube.com/watch?v=C7RFNnsdE-E


○これまでの野中氏の中華人民共和国に関連する発言について、以下転載。

2008年4月17日、中国共産党中央対外連絡部部長王家瑞との会談の席でチベット問題に触れて「胡錦濤総書記をはじめ、中国政府の指導者は日本との関係発展を非常に重視している。チベット問題は中国の内政であり、われわれはこの問題を利用した
オリンピック大会のボイコットと破壊に反対する」と発言している。

2008年12月13日、東京都内で市民団体が開催した「南京事件71周年集会」で、野中は1971年に後援会の人々と南京を訪れた際、日本軍兵士だったという1人が「女子供を百数十人も殺した」と告白したエピソードを紹介し、「非人間的な事態があったことを知ることができた」とし「国の将来を思う時、歴史に忠実でなければならない」と主張した。

2012年09月 こんな不幸な事件が(尖閣問題)起きたのは、まったく日本の人間として恥ずかしいとこのように思って、中国の皆さんに大変申し訳ないと言うように心からお詫びを、かかわってきた一人としてお詫びを申し上げる次第です。



2008年9月20日
野中広務氏「日本は中国、韓国、北朝鮮、ロシアとともにEUのような国づくりを」
中日友好の集いで「歴史知り合うことが大切」と発言。
 
神戸中華総商会は神戸市中央区で「9・18中日友好の集い」を開き、元自民党幹事長の野中広務さん(82)が講演。

98年、政府高官・自民党幹部として初めて訪れた中国南京市の南京大虐殺記念館の様子を紹介し、「1人でも多くの日本人が訪れ、お互いの歴史を率直に知り、友好を深めることが大切」と語った。

1925年、京都府園部町(現南丹市)に生まれた野中さんは「自宅近くの山の斜面に兵器工場が疎開してきた。中国や朝鮮半島から連行されてきた人たちが働いていた」
と明かした。
将来は友好を深め、日本は「中国、韓国、北朝鮮、そしてロシアとともにEU(欧州連合)のような国づくりを描かなければならない」と述べた。

ーーーーーーーーーーーー
転載終わり。

南京事件については【捏造だった】ことが、今では広く知られている。

南京大虐殺記念館に飾られている捏造写真によって、思考停止状態に陥ったのかもしれない。
捏造写真と言うことも、よくよく調べれば分かることであり、その場で見せられれば、信じてしまうのかもしれない。

日中戦争前、日本の民間人は租界で、中国人らの抗日運動(テロ活動)によって惨い殺され方で殺戮されたという。野中さんは見た南京記念館に飾られている写真は、おそらく「日本人被害者」もあっただろう。


野中氏は戦争体験者である。日本が戦前と戦後とで「言っていること」が180度変わってしまい、そのため国に不信感を持ったと思う。
多くの国民が犠牲になり、結果的には国は道を誤った。

(後から振り返れば、当時の日本は、大国アメリカに睨まれるようなことはせず、アメリカのご機嫌を取り続け、犬のように振舞えばよかったのかもしれない?・・・そうすれば石油も止められなかっただろう。まあ、ひとつの国に資源依存してしまったのがいけなかったのかも・・・リスクは分散しなければ・・・ということで、中国に経済依存をするのはほんと危険だな、と思った)

野中氏は「日本の戦前は間違いでした」「日本は悪でした」というGHQの指導のもと、マスメディアの強烈な洗脳も受けただろう。

同和出身ということで、おそらく同じ日本人から差別やイジメも受けていただろう。
「日本は悪だった」を信じてしまうのも無理はないかもしれない。
自分が接してきた日本人も意地悪だっただろうから。

そして、同じ境遇の在日朝鮮人や中国人に共感を持ってしまうだろう。

朝鮮人や中国人に対し、強制連行はなかったといえど、やはり過酷な差別やイジメはあったと思う。

「異質なモノ」に対するイジメは、日本人に限ったことではなく、どこにでもあるものである。
今現在だって「イジメ」はあって、それが社会問題になるくらいだから。
学校のような閉鎖社会では犯罪といっていいイジメがある。

当時の日本も、犯罪に近いイジメはあったと推察できる。
そういった個人的なイジメ、差別に対しては、もちろん反省しなくてはいけないが、それについて国家が謝罪するのは筋違いだと思う。イジメや差別は日本人同士でもあることだ。

イジメや差別を外国人に対し行ったことについて日本国が謝罪しなければいけないのであれば、世界中のすべての国も謝罪すべきだと思う。

「反日」には、洗脳する者と、洗脳されてしまった者がいるのかも。
野中さんは「洗脳されてしまった人」のように思う。

ま、中国も、まだ経済的にも軍事的にも「機は熟していない」だろうから、なんとか平和的解決にこぎつけたいだろう。長期戦で攻めてくるとのこと。実効支配をするべく、いろんな手をつかってくるのだろう。
日本は根負けせず、粛々と対応していくしかないとのことらしい。

企業は、リスク分散ということで、ほかの国に進出したほうがいいと、識者たちも言っている。
これから長期戦である。

続きを読む


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。