So-net無料ブログ作成

恋愛、結婚、婚活・・・改めて世間様の価値観を考えてみる(その2) [人生・生き方・生活・人間関係]

まずはちょっと気になったニュースを紹介。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120111-OYT1T00489.htm

こちらは1年前のもの。「発達障害」という言葉はだいぶ一般的に広まったようで、そういった子どもをもつ親の苦しさも理解されつつあるようだ。
http://www.asahi.com/edu/kosodate/news/TKY201101290355.html

結婚し子どもを持つということは、得るものも多いだろうが、厳しいことも多く、経済的にも精神的にも負担になることもあり、幸福にはつながらないこともあるのかもしれない。


当ブログのアクセス状況・・・「発達障害」関連のほか、「恋愛、結婚、婚活(欝)、専業主婦など生き方関連記事」のアクセス数も高い。
なので、もう少し思うところを語ってみる。(重複内容、お許しを)

要するに、どんな生き方をしようと・・・恋愛しなくても、結婚しなくても、子どもがいなくても、専業主婦でいても・・・見下されたり、批判されたり、マイナス=(不幸、かわいそう、哀れ、正しくない、良くない、人間的に云々という性格批判など)に見ない世の中になるといいね、ということで。

どんな生きかたにもプラス面、マイナス面があり、自分に合う生き方をすればいいのである。少数派はまだ生きにくいが、社会的成功者である著名人の発言やテレビ新聞の影響力がなくなっていけば・・・世間一般の価値観から解放されて、ほんとうの意味で多様化し、少数派がもっと生きやすい世の中になるだろうと思う。



さてさて、今、婚活サイト詐欺殺人事件の裁判員による裁判について、ニュースが流れている。
婚活絡みのほうの被害者男性、当時41歳、53歳とのことで・・・

婚活サイトに登録してまで結婚したかったのか・・・結婚詐欺でお金を騙しとられ、殺されてしまうなんて(おそらく)、そして、世間にこうやって名前と顔写真が公表され、被害者の親御さんもいたたまれないだろう・・・やはり哀れに思ってしまう。おそらく世間の本音は「あのような女になぜ騙されたのだ?」「そこまでして結婚したかったのか?」だろう。

なので、世間ではますます「結婚がなかなかできない=哀れ、不幸」という空気が作られるのかもしれない。

だが、結婚することにそんなにこだわらなければ、ひょっとしたら、騙されることもなく、よって殺されることもなかったのでは、と。

続きを読む


結婚、恋愛、婚活・・・改めて世間様の価値観を考えてみる(読売新聞と朝日新聞より) [人生・生き方・生活・人間関係]

おめでとう、と言うと・・・CMの「ムーミン」のみ~さんの毒舌を思い出す。
「歳をとりたくないくせに、年越しを祝うなんて、おめでたい人たち」

確かにそのとおり・・・さすが、み~さんだぜ~♪と思ってしまった。
よし、ワシは「めでたくない」と素直に思うことにしよう。

ところで、元旦の読売新聞読んでいたら、24歳女性が「歳をとるのがイヤだ」「結婚の予定もなく、このままでは負け組」という内容の人生相談・・・「(独身の)アラフォー(主人公)のドラマにうんざりする」と書かれてあった。

いやいや、とりあえず世間では「年を越し、めでたい♪と、される年明け」に、歳をとるのがイヤだ、アラフォードラマにうんざり、このままでは負け組・・・と、こんな相談文章を元旦にのせるとは・・・センスないの~、読売新聞。
ムーミンCMのみ~さんの毒舌はセンスがあるが・・・

24歳でこんなことを思うなんて・・・夢も希望もなさそうで、ただ歳をとることに焦っているなんて気の毒な感じもする。
なんというか、もったいない・・・体力気力が充実していて、無理もきいて、頭も働き、まだまだ伸びることができる年代のに・・・と。

でも、この24歳女性の価値観が、世間様の本音、価値観かもしれない。
いやあ、夢や目標を持たないと、こういった世間様の価値観(若さ至上主義)にどっぷり染まってしまうように思う。 不幸とは言わないまでも、それはなんだか楽しくなさそうだ・・・

しかし・・・ドラマ「カーネーション」で、自分の思うまま強気に自由にふるまったため、世間から冷たい仕打ちを受ける主人公が「世間をなめていた」と反省するシーンがあったが・・・ 表向きは世間の価値観に合わせ、弱気に「歳とってしまい、存在価値もありません」「生きていてごめんなさい」「負け犬です」と小さくなっていたほうが利口なのかも、と思うこともある。

24歳という年齢・・・そう、私よりちょっと上の世代は「クリスマスケーキ」と言われ、24歳を過ぎたら価値が下がるといわれていた時代・・・

たしかに30過ぎると妊娠率が低くなってしまうらしいので・・・世間としては、女性は24歳くらいまでに結婚し、20代で子どもを産むことを目指して欲しいのかもしれない。 絶対に跡継ぎが必要な皇室の花嫁選びも若さ重視で、20代前半を選ぶが良い、と思う・・・(もちろん皮肉ね、笑)

ということで、子どもが欲しい人は焦るのだろう。
そして、結婚したからには子どもが欲しい男性側もそのことを知れば「やっぱり女性は20代がいい」と思うだろうから、女性側も「良い相手と結ばれるには20代で勝負」って考え、20代半ばで焦り、年々自分の価値が落ちていくのを嘆くのも、当然かもしれない。

そういえば、以前の朝日新聞記事によると、向精神薬を処方されながら、婚活を続けているという人が紹介され、当ブログでも話題にしたが・・・

続きを読む