So-net無料ブログ作成
検索選択

南京事件考察と重慶爆撃について(日本軍は悪だったのか?) [国家・日本近代歴史・戦争関連]

追記
2011年2月8日

重慶の空爆について、昨日の朝日新聞(夕刊)では「軍事施設を狙った」との記事だったが、本日8日は「その後は市街中心部を標的にした」と書かれていた。
とすると、やっぱり重慶空襲は、市民虐殺も目的の無差別爆撃だったということで、昨日7日に書いたものを訂正します。

市民虐殺なんて無益なことと思うのだが、もし「市民虐殺も軍にとっての有益な行為」だとするならば・・・アメリカの、日本一般市民を標的とした空襲もあまり責められないかもしれない、と思ってしまった。もちろん、日本の被害者の数は半端ではないけれど。

この重慶空爆について、田母神さんの意見も聞いてみたいとも思った。
一般市民を虐殺してまで空襲せねばならない事情や理由があったのか。
あるいは、この朝日新聞の記事は間違いで、やっぱり市民を虐殺するつもりのない誤爆だったのか。(朝日新聞はどちらかというと左寄りと聞くから)


2011年2月7日

中国に対する日本軍の「国際法」を無視したという残虐行為に・・・南京事件のほか、重慶への空襲のことをよく聞く。
そこで、朝日新聞に「重慶爆撃」の記事があったので、重慶空襲について追記してみる。

どうやら重慶の軍事施設を狙うための空襲だったようだが、その頃の技術では、目標だけを正確に爆撃することは難しく、爆弾が広範囲に飛び散り、一般市民にも相当の被害を与えてしまったようだ。

市民を標的に空襲したのではなく、目標はあくまで軍事施設だったのだ。
それはそうだと思う。一般市民を殺戮しても、当時の日本軍にとって何の利益にもならないからだ。それどころか、利益にもならないそんな無駄なことをするような余裕は当時の日本軍にはなかっただろう。

現代だって、アメリカは誤爆をやらかし、一般市民へ被害を出した。
そして、なんといっても、アメリカは、日本の一般市民を標的にした空襲を行ったのである。

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーー
南京事件について。

「田母神フィーバーその2」http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2010-12-18で語ったように・・・田母神さんが【大東亜戦争を「聖戦」】と言うのには共感できず、その内容に胡散臭さを感じたが・・・

田母神さんの著書「田母神塾」にて書かれていた【戦後の日本は情報操作をされ、「いかに日本が悪いことをしたか」を教育された】ということについては、「そうかもしれない」と思った。

そこで「南京大虐殺事件」の関する本を読んでいる。

「田母神塾」にも、こう書かれていた。
以下、抜粋編集。

続きを読む