So-net無料ブログ作成
検索選択

中国人にたかられる日本(医療保険制度) [社会・ニュース]

「来日中国人、日本の医療制度ただ乗りツアー好調」
http://jpsoku.blog.jp/archives/1062603476.html

一部転載。

留学ビザや経営・管理ビザ、就労ビザなどで日本に3か月以上合法的に在留するすべての外国人は、国民健康保険(会社員なら社会保険)への加入が義務付けられている。同時に、日本人加入者と同様の恩恵を受けることができる。

ハーボニーは肝炎医療費助成制度の対象となっており、国保もしくは社保の加入者は、所得によって自己負担限度額が月額1万円もしくは月額2万円までに制限される。

つまり薬価ベースでは465万円かかる投与が、最低3万円で受けられるのだ。さらにハーボニーの薬代以外の診察料や各種検査費用なども、国保なので「3割負担」で済む。

 薬価と患者の負担額の差額は、保険料と税金によって賄われていることは言うまでもない。
Wさんは「保険料はきっちり払っている」と強調するが、前年に日本で所得のない彼女の保険料は、最低額の月4000円程度だ。

 多くの日本人は、健康状態にかかわらず国保や社保の保険料を一生支払い続けなければいけない。
治療目的で来日して国保に加入し、支払った保険料を大きく超えるような医療サービスを受けるというのは、公正とはいえない。】

転載終わり。

まあ、「日本死ね」が流行語大賞にノミネートされるくらいだからな。
日本が死ぬ日、わりと近いかも。リべサヨ、大喜びだね。

※「外国人が3か月滞在で保険に加入、その恩恵を受けられる制度」って、民主党政権時に定められたんだっけ? それまでは1年以上の滞在がないと加入できないと聞いたけど)

外国人が、たいして保険料を払わずに、高額医療を安く受けられ、で、その後帰国してしまうわけで、これからますます流行るだろうな。

日本人食い物にされてますね♪

これからもっと保険料が値上がり、中間層は搾り取られることだろう。
消費税だけ気にするけど、保険料、年々上がってまっせ。

いずれ医療保険制度は破たんするだろう。
これからの若い人、子どもたち、大変だね。

「日本死ね」――現実になりつつある。

いやあ、ゲスい気分になります^^

http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235622参照。
(やはり旧民主党の所為か)


民進党死ね。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。