So-net無料ブログ作成
検索選択

炎上、長谷川豊「透析者は殺せ」発言について [社会・ニュース]

9月30日追記
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48552418.html#comments
長谷川氏、テレビ大阪の番組を降板させられたみたいだな。

ま、言葉があまりに過激すぎたか。
「日本、死ね」の場合だって、「日本人、死ね」だったら国会に取り上げられなかっただろう。匿名ブログだし。

しかし大人が「死ね」「殺せ」という言葉を軽々しく使う世の中。子どもの心も荒むはずだわ。子どもが「死ね」「殺せ」と言っても注意できないよね。

荒んだ世の中について関連記事をリンクします。
※ブログ「これも何かの縁・ハヤシのエッセイと物語集」より

「えげつない本音・美容整形の果てにあるもの」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-28

・・・・・・・・・・・
9月24日
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48511272.html
『あまりの低レベルな言葉が利に戸惑ってます』(長谷川豊ブログより)

「透析者は殺せ」発言・・・と書くと、長谷川氏は「はしょるな」と言うだろうな^^;
けど、センセーショナルな見出しは仕方ない。マスメディアにいた人間なら分かるだろう。

長谷川氏も目立つために、炎上を狙って、わざと過激な言葉を選んで使ったのでは?

「保育園落ちた、日本死ね」も過激な言葉を使ったからこそ、ここまで話題になった。

話題になりたくて、その言葉を使ったのだろう。
炎上、批判、嫌がらせも覚悟の上だったのでは、と。

「殺せ」「死ね」という言葉を、公に名前が知られている大人が使うことの意味と覚悟を持っているのかと思ったら・・・あら、まあ・・・

つくづく思う。子どもに「死ね、殺せと言ってはいけません」と注意できなくなったよね、だって大人だって使っているんだから。

ただ、もちろん前の記事「透析者が身体障碍者1級? 不公平かも」http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-22に書いた通り、「透析者だけ優遇されている感」は否めない。

なぜ透析患者だけ??? 不公正だ、差別だ、と。

※障碍者1級ということで、さまざまな恩恵がある。タクシー初乗り運賃無料、医療費も月額上限1万円だ。

医療費を普通に払っているガン患者の方などは思うだろう。
身体障碍者2級でタクシーで病院に通っている人も、「なぜ透析者だけ・・・」と思うだろう。

不公平だ。
だから、世の中がギスギスし、「殺せ」「死ね」という言葉が蔓延するのかもしれない。

そういうことでは、長谷川豊氏は問題提起をしてくれたのかもしれない。


・・・・・・・・・・
追記。

しつこくて悪いけど、また載せる。
B7JTiDhCEAAPDt3.jpg

キモオタ死ね、オタクは抹殺しろ・・・
当時、これに違和感をもった人はどれくらいいいる?

もしかして今もオタクに限り、オタクに対する「死ね」「殺せ」は許せるっていう感覚の人、意外と多いのでは。
気持ち悪い趣味をもっているほうが悪いと。嫌われない努力をしろと。

いじめられているほうにも問題がある、レイプされた女性側にも問題があるのでは、というのは禁句だというのに。

不公平、差別はいろんなところに転がっている。
自分が嫌いな者、理解できない者に対しては、差別に鈍感になる。

そんなことを思いながら、下に紹介する物語=小説を書いてみたのだった。


「蝉――僕のランク」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-05
※あらすじ→学校で下位ランクの『僕』、最下層女子『長山春香』に何を思う。
学園もの、うむ、ちょい辛め、シリアスで重いけど救いはあるのじゃ。

「あだ名―中秋の名月」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14-3
※あらすじ→白井月子が自分のランクを守るために犠牲にしたのは・・・
テーマはイジメ。己の容姿に劣等感を抱える月子が犯した罪とは。

「豚草―腐女子の誇り」http://hayashi-monogatari.blog.so-net.ne.jp/2016-09-19
※あらすじ→中学時代、下位ランクだった長山春香、白井月子、そしてもう一人「モヤシ」こと八島麗華の話。彼女は、長山春香を犠牲にした中学時代をどう想い、今、どうしているのか。

※短編読み切りの体裁をとっているけど、実は1話目「蝉」から3話目「豚草」まで続いている。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0