So-net無料ブログ作成
検索選択

日本をつぶす作戦・・・若者冷遇、外国人を増やし、日本人差別 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

http://ameblo.jp/momosabu39/entry-10758524100.html
高槻むくげの会会長 李 敬宰「なんとしても日本人を差別して死にたい」

一部転載

【(日本は)この先もどんどん外国系市民が増えます。
ある統計では、100年後には5人の内3人が外国系になるといいます。
そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。
だから、私はあと100年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。
これが夢です。(笑)】

転載終わり。

日本に帰化した朝鮮人の言葉だけど・・・これを見て、ユニバースの日本代表に選ばれた宮本エリアナさんの「人種革命宣言」を思い出した。

宮本さんは、100年後の日本は、混血が大多数となり、純日本人は本当に少なくなると言って、革命を開始するという物騒な言葉を吐いた。

いや、でもすでに日本人差別は、こっそりとはじまっていた。

たとえば、何度も話題にしているが、日本人学生には、国による奨学金制度【給付型】がない。
つまり、貸与型しかなく、返済義務があり、実態は、奨学金ではなく教育ローンなのである。

一方、海外からの留学生(主に中国人と韓国人)には手厚く、給付型の奨学金に、いろんな手当がつき、住居や交通費なども支援、援助。
(民主党政権下、相当手厚かったけれど、自民党政権下の今でもそうなのだろう・・・)

ずっと昔は、日本人学生にも給付型の奨学金があったそうだが、いつのまにか、なくなり、日本へ来る外国人学生だけを手厚くもてなし、返済しなくていい奨学金制度を設けている。

外国人学生にくらべて、日本人学生はかなり冷遇されているのだ。つまり立派に日本人差別が行われているのである。

この帰化した元朝鮮人が「日本人を差別したい」という夢は、すでに日本国が行っている。

とはいっても、自民党の下村博文文部科学大臣は、2030年までには、大学まで無償化にするプランを持っているので、実行したいと発言していた。
けれど10兆円もかかるらしいので、ま、きっと無理だろう。下村さんもいつまで大臣を続けられるのか分からない。
財源もないし。自民党にも左翼がいるので、この日本人差別はそう簡単になくならないかもしれない。

日本人差別はこれからも、こっそりと続けられるのでは、と思う。

日本をつぶすには、若者を冷遇すること。若者にお金をかけないこと。
「子ども手当」でお茶を濁し、いちおう「少子化対策してます」といって、ごまかし、さらに少子化を進め、若者を冷遇し、教育を受けるハードルを高くし、外国人だけ優遇する。
労働力が不足するという名目を掲げ、移民を大量に受け入れるようにすれば、日本人を少数派にすることができる。

宮本さんの夢見ている人種革命の始まりだ。
鳩山元総理の「日本は日本人のものだけではない」が実現する。

こうして民族浄化をうまくうまく達成することが、反日の夢かもしれない。今いる日本人を実際に、去勢したり殺害することはできずとも、社会システムで「少なくすること」ができるのだ。
日本人が少数派になってしまえば、もっと大々的に日本人差別ができるようになる。
帰化の条件を緩くすれば、元外国人の政治家を誕生させることができる。
外国人参政権を実現すれば、さらに外国人を優遇する制度が作られ、日本人差別を加速化することができる。
この帰化した元朝鮮人や、宮本エリアナさんの夢はすぐそこにある。

日本人は過去に悪を行ったのだから、外国人たちに差別されるのは仕方ない、いじめられるのも仕方ない、そのうち弾圧されても仕方ないとなるかも。

国際社会が許さない?
でも中国は堂々と人権無視し、弾圧しているし、やめる気配はなし。

安倍政権が、今のところ、反日を抑えているが、自民にも左翼政治家が結構いるから、安倍政権の後が心配である。

http://ameblo.jp/momosabu39/entry-11285753648.html
日本人を差別するために帰化をすすめる運動 より一部転載。

【「在日コリアンの日本国籍取得権確立協議会」
こちらの団体が進めるのが、届け出だけで日本国籍を得られる「国籍取得特例法案」。
国籍取得特例法案を国会に働きかけている自民党の国籍問題プロジェクトチーム(河野太郎座長)だ。】

転載終わり。
このブログ記事は2012年のものだけど、自民党にも相当数の左翼がいるので、要注意。
こういったことネットでないと知らされないもんなあ。

こっそりと日本人差別が行われ、それを助長し、さらに拡大していくシステムが水面下で作りあげられようとしているかも。

日本人学生を窮地に追い込む問題ある奨学金(=教育ローン)の取り立てについて
http://matome.naver.jp/odai/2139225102405270401

まずは、日本の学生に対する奨学金制度がどうなるのか、来日する外国人留学生への優遇制度がこのまま続くのか、だな。
若者に対するお金のかけ方で、日本人差別が見えてくるかもしれない。老人にはお金をかけているので見えにくいかもしれないが。


そうそう、山田洋次監督も「いざとなっても戦わないのがこの国のあり方」と発言し、たとえ侵略されようが、虐殺されようが、無抵抗を貫けとおっしゃっていたようだが・・・
http://gensen2ch.com/archives/40388155.html

日本人は殺されても抵抗せず、不戦を貫け。相手の要求をのみ、富を手放し、貧しさに耐えろ。ウイグル族やチベット族のように弾圧されても仕方ない。日本は悪の国だったのだから、ということで正義を装い、裏に隠される日本人差別ぶりがすごいのだけど、おそらく「差別しているつもりはない」のだろうな。

でも、心の中で「日本人は滅びるのが善。せめて少数派となり、大きな顔をするべきではない。できれば日本国は外国人にも明け渡すべき」と思っているのかもしれない。

それは加藤登紀子氏の発言に表れている。
【 日本という言葉を発するときに、たえず嫌悪の匂いが私の中に生まれ、その言葉から逃れたい衝動にかられる。】

この世代はとにかく日本に嫌悪感を持っている人、多そうだ。いや持たされてしまったと言った方が正しいかもしれないが。
これはもう「宗教」のようなもので、洗脳から抜け出るのは難しい。

「日本人には残虐の血が流れ、劣った民族である」というのは、実は私の時代でも「生きていた考え」だ。だって私もそう教えられたもの。私より上の世代は、さらにそういう教育が頻繁になされていただろう。

上の世代は今更考えを変えられない。今までの自分の発言、考え、あるいは作品を、否定しなければならなくなるからだ。

というわけで、日本国内にまだまだ「敵」が多いようで、しかも正義を装っているので厄介。
心の底では日本に嫌悪感を持っている。これが左翼の大半だと思う。

そういえば民主党、「ヘイトスピーチ規制法」にご執心のようで、万が一これが通れば日本人の外国へ対する批判封じ込め、表現の自由と言論の自由を奪える。
実際、「北朝鮮拉致被害者奪還」を訴えるデモでさえ、「中身はヘイトスピーチだ」と季信恵氏はツイッターで訴えていたという。
「朝鮮学校無償化反対」の訴えもヘイトスピーチ、差別発言だとされ、規制の対象とされてしまうかも?民主党政権かならそうなったかも。

日本人差別がさらにひどくなるか、それとも阻止できるか・・・

なので「日本人を社会システムで滅ぼす平和的なやり方」を反日左翼は支持するのだろう。彼らにとってそれが「善」なのだから。

と、邪推をしてしまったw
(妄想が趣味なのでごめんね)

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。