So-net無料ブログ作成
検索選択

朝日新聞の行く末 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

さて「右傾化エンタメ」という言葉を広めた朝日新聞はどっちの道へ舵を切るのか、ちょっとだけ注目している。

反省して反日をやめるのか、あるいは中国と韓国と手を組み、世界へ打って出て、日本を叩くか。何だか日本の敵として、がんばりそうだなw

世界の左派メディアは「朝日を叩く今の日本が異常だとし、言論弾圧する恐ろしい社会になりつつある」「過去を正当化しようとしている日本。ナチを肯定しようとしているのと一緒」としている。朝日があれだけ叩かれているのは、今まで嘘を垂れ流し、あまりに反日が過ぎたからだろう。で、それが世界に広まり、日本が迷惑を被っているのだから、怒りが爆発するのは無理もない。で、反省しているとは感じられないし、日本側は徹底抗戦するしかないだろう。朝日はこれからも日本の悪口をあの手この手で世界に巻きちらしそうだし。(原発のほうの吉田調書も、誤報ではないだろう。どうにかして原発所員側を悪く仕立てようとしたとしか思えない。暴走する原発を止めようと必死で働いた人たちは、一時、英雄と世界で称賛されたが、何とかこれを貶めたかったのだろう)・・・というわけで、ま、朝日を信用できる新聞だと思っていたからこその怒りもあっただろう。
が、朝日新聞を批判する者=安倍政権賛同者=右派、保守派、右翼という図式で捉える朝日新聞関係者と左派がけっこういるようだ・・・


こういうツイートしている朝日関係者がいた。
https://twitter.com/kiga2hon/status/511370715061174272

「脅しには屈しない」とか「権力の監視は続ける」とか、なんだかね、反省している人の態度ではないな。自分たちはあくまでも「正義」である、と思っているようだ。

「政権をヨイショする報道機関に堕ちたくない」って、
もしや産経新聞のことを言いたいのかな?今回の吉田調書の件では、産経がいち早く「朝日批判」をしたから。(産経はわりと安倍政権を評価している)

いやいや、それよりもさ、嘘を報道する報道機関にならないでよ。政権をヨイショする報道機関よりも、嘘を報道し、誰かを悪に仕立てることのほうが罪が重いんじゃ・・・

そうそう、朝日を批判している人を、右翼とかネトウヨとか、言論弾圧とか言って、非難している意見もけっこう見受けられる。(朝日新聞と仲がいいニューヨークタイムズもそう言っているらしいね)

でも当初、吉田調書の件で、朝日はおかしいと批判していた門田さんに、名誉棄損だと法的手段をにおわせ、恫喝し、言論弾圧したの、朝日のほうなんだけど。

言論の自由はあるけど、ねつ造して誰かを悪に仕立て、嘘を報道していいことにはならない。

言論弾圧、人権侵害したのは朝日新聞のほう。

ま、こんなことじゃ、おそらく朝日新聞はこれからも朝日と敵対する勢力に対して、悪に仕立て、それを「権力の監視をしている」というのだろう。
嘘がばれれば、とりあえず謝罪をし、しかし批判については「脅しには屈しない」「言論弾圧だ」と、朝日を批判する者を「右翼」と呼んで、批判し返す。
自分たちが被害者となり、いかに相手を悪に仕立てることができるか、それが朝日復活の道と考えている朝日関係者も多そうだ。事実、世界の左派メディアはそういう論調で朝日を擁護し、朝日を叩くものを右傾化、言論弾圧する悪だ、ナチを正当化するのと一緒だと敵視しているようだし^^;

朝日を批判し、朝日の垂れ流した嘘を嘘だということが、ナチを肯定することになるとは・・・左派の思考回路は恐ろしい。
国による慰安婦の強制連行はなかった、国による人身売買もない。民間レベルではあった。そういうことだろう。個人の犯罪と一緒。

それよりも国による強制連行って、まさしく徴兵制がそうだろう。今だって徴兵制を強いている国がある。その国こそ人権侵害しているのでは?なぜ女性の人権侵害ばかり取り上げる?
徴兵制を強いている国にこそ、左派や国連は人権侵害だと抗議すべきだろう。

なぜ、未だに日本だけ反省と謝罪を求められるのか、これこそ差別。
公正中立であるというのであれば、過去に戦争に加担したことがあるすべての国に反省と謝罪を求めるべき。

だが、朝日新聞は日本国内の左派と中国、韓国、世界の左派メディアと手を組み、情報戦を仕掛け、日本を悪に仕立てるべく、過去を反省しない今の日本は危険だ、良識的なメディア朝日を叩き言論弾圧しようとしていると訴え、巧妙に貶めていくかもしれない。
朝日によって、日本は被害を被ったのに、朝日のほうが被害者だと、記者は人権侵害を受け、脅迫されている、今の日本は恐ろしいと世界に喧伝するだろう。
朝日が日本の葬式を出すか、あるいは日本が朝日の葬式を出すか・・・
日本の中もNHK、TBSはじめ左派メディアが存在するから、朝日の信用が失墜し、嘘がばれた今も、案外厳しい戦いになるのかも。



ニューヨークタイムズについて。

9月11日付NYタイムズは、「右派を中心としたマスコミや政治家からの批判によって、それまで言論の自由を謳歌していた朝日新聞が政治的キャンペーンでつぶされようとしている」とも報じた。

ということで、朝日新聞を批判する者を『右翼、悪、加害者』に捉えている。
誰かを悪に仕立て嘘を報道することも言論の自由なんだとしたら、おそろしいな。

というか、つぶそうとするのは、お互い様。朝日新聞も、安倍さんをつぶそうとしていたじゃない。それが「社是」と当時の朝日新聞主筆だった若宮氏も言い切ったわけだし。
※朝日新聞主筆若宮氏は「安倍の葬式は朝日が出す」と発言していた。若宮氏、今は定年で朝日から去っている。

ちなみに、ニューヨークタイムズと朝日新聞は提携関係にある。木村太郎氏がテレビでこのことを言ってくれたようだ。つまりニューヨークタイムズは公正中立の立場ではなく、朝日新聞側ということ。(っていうのはネットでは、もうみんな知っていることなんだろうけど)


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0