So-net無料ブログ作成
検索選択

中国が喜ぶから検証しなおすなだって?慰安婦問題 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

都議会での『結婚野次問題」で、塩村議員は世界に広く取り上げて欲しいというのか、外国人特派員の前でも、この「野次問題」で発言した。

『日本は女性蔑視の国なんです』と世界に広く伝えたかったようだ。
左翼の方は喜んでいるだろう。
フィフィさんも指摘していたように、慰安婦問題につなげてしまうことだろう。
「日本は今でも女性蔑視をする国。だから過去も女性に対し、相当酷いことをしたにちがいない。やはり慰安婦問題も韓国が主張するとおりのことがあったのだ」と思われることを、左翼は期待しているだろう。

さて、その慰安婦問題について。

慰安婦問題で、検証しなおすことについて、韓国の金教授が「世界では、もう河野談話が常識となっている。広義での強制連行はあり、女性の人権侵害があったのは事実。今さら検証し直しても仕方ない。河野談話を日本政府も認めているのだから、むしかえすな」というような発言をしていた。

いや、検証しなおしてほしい、というのが正直な感情だ。

今出回っている情報には、かなりのウソがあり、それが世界の常識?になっていて、検証も許されないことこそ、日本人への『人権侵害』なのでは、と思った。

いろい細かい部分については冤罪の可能性はあるけど、全て罪を認めろ、と、そういうことになる。

おそろしい話だと思った。
金教授の発言にぞっとした。

左翼系の人だって・・・ふつう「冤罪事件」は許さないだろう。なのに、なぜ、日本国への冤罪は見て見ぬふりをする?、というか、冤罪を歴史的事実と喧伝し、貶めることに躍起になっている。これこそ「悪」だと思うのだけど。
だから、左派の言うことは全て信用できなくなった。二重基準もはなはだしい。

「未来志向でいくべき。日本と韓国がいがみあって、喜ぶのは中国」だとしても、検証するべきだろう。それで日本と韓国の溝がさらに深まっても。譲るのは日本ではなく、韓国の方だろう。日本はすでに散々譲ってきたのだから。

だいたい、いつまでもむしかえしてきたのは韓国のほう。だから日本はついに「検証しなおそう」という声が大きくなったのだ。

何度も書くが、もちろん、日韓関係が壊れて、喜ぶのは中国。

もしや中国と中国を応援する左派の人たちの策略にはまっちゃった?
中国の策略を手助けし、反日を煽ったのは、朝日や毎日、NHKといったマスコミ
今も、手助けしている感じ。
毎日はもう確信的。
朝日も今さら『反日』をやめられない。いや「反日」の自覚はないだろうけど、慰安婦問題も朝日が始めたわけだから今さら引けないのだろう。「日本が悪かった、韓国と仲良くしよう、補償しよう」となるのだろう。で、「検証しなおすな、日本は我慢しろ」となるわけだ。

日本は我慢して全ての罪を認めろ、じゃないと中国が喜ぶぞ、アメリカが怒るぞ、と。

韓国も、左翼が「反日」を煽り、政府も「反日」にならざるをえない状況になっていった。

今にして思う、本当の敵は「左翼」だったか、と。

今さら韓国は反日をやめられない。
日本も、もう反動がきてしまった。

慰安婦も南京大虐殺も、あまりにウソが多く、でも「検証はするな、それを望む野派、歴史修正主義者だ、右翼だ」というのは理不尽だ。

おそろしいとも思った。
左翼の恐ろしさを今さらながらに感じた。

ほくそえんでいる中国・・・
してやられた・・・かも。

南京事件も検証しなおしてほしい。うやむやなことしないで、とことん検証し、世界に発信していくべきだろう。

なぜ非戦闘員が殺害されたのか。
それは、中国側の兵士が一般民間人を装っていたからだ。
そして、民間人を集めての大量虐殺はなかった。当時、南京にいた外国人もそう証言している。
が、世界では、民間人をターゲットに日本軍が大量殺戮した、と見ている。

ま、日本は南京大虐殺を認めるべきと思っているだろう朝日新聞も中国の味方をし、日本を貶めるべくいろいろがんばっているようだけど。

慰安婦問題を検証すれば、さらに日韓関係が悪くなって、喜ぶ中国。
韓国も、毎日朝日など日本のマスコミも今さら「反日」をやめられない。
今まで語られてきた歴史認識に疑問を持つものを右翼と呼び、右傾化していると揶揄する。
けど、すでに反動はきている。
中国が喜ぶとしても、慰安婦問題は検証し、ウソの部分を訂正して欲しいという声が大きくなるだろう。
今まで我慢に我慢をしてきた日本人の反動がついに来たのだ。
けど、その反動を喜んでいるのも、実は中国かもしれない。

左翼にしてやられた・・・

中国は現在進行形で『人権侵害』を行っている国。そっちを非難すべきだが、左翼の方にとってみれば、「過去、日本は人権侵害を行って来た」ということのほうが重要のようで・・・

日本の敵は「左翼」・・・いやあ、ほんと思い知りました。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。