So-net無料ブログ作成
検索選択

サヨクつれづれ [国家・日本近代歴史・戦争関連]

財政破綻した夕張市の市長さんの月給が25万と聞いて・・・子ども2人をかかえる生活保護受給者(住居費込みで手取り29万円、医療費やNHK受信料や水道料金無料、病院までのタクシー代ももらえる、引越し費用ももらえる、住民税もなし、年金も納めなくて良い)より低いのか・・・と思った。

んで、その市長さんの月給25万円は手取りではなく、そこからさらに保険料やら年金やら住民税やら、いろいろ引かれるのだろう。医療費ももちろん3割負担しなければいけない。

ほんとうに特権といっていい生活保護受給者の優遇振りに・・・不公平な制度だな、とつくづく思った。
これはもう差別である。

不満を持つなというほうが無理がある。

しかし、サヨクは未だ、生活保護受給者はただでさえ貧困状態であり、これ以上、削るなと言う。

安倍政権は、がんばって、この不公平な制度を是正してほしい。

外国人にまで生活保護を受給させているのはもってのほかである。
日本はもう社会保障制度が破綻しそうなのだし、これからもさらなる負担増が待っているだろう。もしかしたら、今の若者が老人になる頃には、社会保障がなくなるかもしれない、なくならないまでも、サービスは低下し、簡単に利用できない状態になるだろう・・・もはや外国人に大盤振る舞いをすることは、日本人イジメである。

朝日新聞をとっていたときは、読む度に、このような反日メディアが大手を振るう日本は大丈夫か?と危機感とストレスを抱えたが^^;
産経新聞に替えてから、ストレスもなく、心穏やかに過ごしている・・・ので、このブログもちょっと放置気味になってしまった。

いや、敵(朝日新聞)がどのような報道をしているのか、気にしたほうがいいのかもしれないが、契約する気にもなれないし、朝日に金を支払いたくない(笑)

まあ、朝日の反日ぶりが、だんだんと多くの人に知られ、広まり、つぶれることを願う。

そういえば、先日も・・・
「憲法改正は慎重に」という麻生さんが、皮肉で用いた「ナチス」発言を捻じ曲げ、大騒ぎをし、世界に向けて「日本はこんなに危険な国なんですっ」と報道したかったらしい朝日新聞・・・

とにかく、日本を悪に仕立てるべく、中韓の手先となり、今もがんばっているようだ。

日本が軍を持ったら、大変なことになりますっ、日本は危険ですっ。日本は信用できません、軍を持っている中国や韓国は絶対に日本を攻めません、中国と韓国は信用できるけど、日本は信用できませんっ、憲法9条改正で日本は右傾化し、戦争を始めますっ・・・

・・・と訴えたいのだろう。

そ、朝日新聞やサヨクは日本を信用していないし、一般日本人のことも信用していない。
一般日本人は、すぐに空気に流され、右傾化する愚かな民族なのだ。
軍を持ったら、何をするか分からない国・・・中国や韓国や北朝鮮より危ない国なのだ。

・・・と実は日本と日本人をバカにしているのかもしれない。

そういえば、前記事の「隠れオレさま」のアクセス数がすごいことになっている。
朝日新聞磯貝記者の「オレさまぶり」を橋下徹氏が明かしたことhttp://www.youtube.com/watch?v=BMY9qRaVOhEを話題にしたからだな。

サヨクは良識ぶりながら、実はすごいレ様なのだろう。
だから、一般日本人もバカにしているし、信用していない。

あ~、橋下さん、朝日新聞につぶされちゃうかも~・・・
でも朝日新聞の「気に入らないヤツ(右派)はつぶす社是」は知れ渡っているので、ま。朝日新聞に騙される人は減っていくだろうけど。

ただし、橋下さん、「慰安婦発言」で朝日新聞にしてやられちゃったので、安心はできない。朝日はいろんな手をつかって、つぶしにかかるだろうから。

さて、韓国で反日デモに参加した民主党候補の岡崎トミ子氏が落選してホッとしている。
こういう反日議員がいるから、韓国もますます反日になってしまうだろうから。

韓国の反日をやめさせるには、反日になっても損するだけだよ、得することなんて何もないよ、ということを知らしめることだ。

だが、日本に岡崎氏のような反日議員がいる限り、韓国は日本から何かしらの譲歩を引き出せるとして、反日をやめないだろう。

それでも、まだまだ日本は反日サヨクの勢いがあり、油断はできないだろう。
共産党が大躍進したし、岡崎トミ子しが落選したとはいえ、僅差だ。

朝日新聞も健在だ。発行部数も700万部と聞く。せめて少年ジャンプよりも下になってほしい。毎日新聞も300万部と聞いた。2大サヨク新聞の発行部数は合わせて、1000万部だ。実売部数は全く違ってくるだろうが、それでも、これはかなり大きい数字だ。

朝日新聞は、自民圧勝によって、「右傾化~」「暴走~」といって、脅しまくるだろう。
ちょっとした発言を捻じ曲げ、世界に発信し、世論を操り、保守派や右派をつぶそうと画策するだろう。

※朝日新聞が広めた「日本軍が姓奴隷にした従軍慰安婦問題」について・・・
1944年アメリカが捕虜として捉えた慰安婦を聴取しているのだが、強連行もなく、単に雇用され、しかも高給であり、自由もあったことが証明されている。

そのことについては、こちら参照。http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5139.html

朝日新聞は、広義の強制性はあった、人身売買による姓奴隷であった、としたいようだが・・・

岡崎トミ子氏にしろ、朝日新聞にしろ、「日本は過去に世界に類を見ないほどの悪辣なことをしたので、周辺国にお詫びをしなければいけない」という主張を今さら翻せないのだろう。
自身の存在意義が問われてしまうからだ。長い間、「日本は悪だ、反省し、補償しろ」という主張で生きてきたから、何が何でも「日本は悪だ」としたい。それがなくなっては自身の存在意義がなくなってしまう。彼らはずっと反日をやめられないだろう。

※朝日新聞は世代交代で、ひょっとしたら、朝日新聞改革が行われ、まともな新聞になる可能性はないとはいえないが・・・しかし、反日報道を続けても、中韓や日本にいるサヨクが味方となってくれるだろうから、改革は難しいだろう。まだまだサヨクの力は強い。東京都で共産党と中核派が応援した山本太郎氏が当選した。これからがサヨクとの本当の戦いになるのかもしれない。


※私は、過去に日本がやったことを正当化し賛美しているわけではない。日本も世界各国と同じくらい【悪いこと】をしただろうということだ。しかも今の若い世代に「70年前のことについてお詫びをして罪を償え」というのは筋が違う。罪は前の世代が謝罪と補償を行い、解決済みなのである。


サヨクの方は、よく「軍靴の音が聞こえてくる・・・」らしい。
よくあるサヨク幻聴だ♪

今の右傾化した日本の空気は「異様だ」「危険だ」と、とにかくサヨクは中韓の代弁をするかのように「これから大変なことになる」と脅し、中韓を刺激するな、いざこざをエスカレートさせるな、と必死だ。

が、私にしてみれば、今までの空気・・・(憲法9条改正や核武装について議論できない空気、右傾化、軍国主義、ファシズムと大騒ぎ。ついに自衛隊や戦争を描いた小説にまで「右傾化エンタメ」などと揶揄する空気、日本軍を過度に悪に貶め、捏造して悪にし立て、それを反省せず、謝罪せず、頬かむり。それに反発する者を右翼、ネトウヨと呼び、バカにする、などなど)・・・が異常で異様だったように思う・・・

サヨク空気の中・・・たとえば・・・数年前まで私は靖国神社というところは右翼の巣窟で恐ろしいところだと思っていた。戦犯が実は事後法によって裁かれていたことも知らなかった。

それでも靖国神社に興味を持ち、行ってみたいと思いつつも誰も誘えなかった。誘いづらかった。あの「恐ろしい右翼の巣窟に誘うなんてできない・・・私も異常な右翼扱いされてしまう」「きっと引かれてしまうだろう」と思っていたのだ。

実際、「靖国・・・怖いところだよね」と言っていた人もいた。

それくらいサヨク空気は、つい最近まで浸透していた。

そんなサヨクが今にして考えれば、恐ろしい。

が、サヨクにとっては、今の空気が恐ろしいらしい。

私はサヨク洗脳から解かれたと思っているが、サヨクからしてみれば私は「右翼に洗脳されている。右傾化している、偏狭なナショナリズムに染まっいる」ということになるらしい。

とまあ、現在は、お互いに指差しあって「異様だ、異常だ」と言い合っている状態だな(笑)

サヨク的考えやサヨク思想に疑問をもつようになり、批判するようになった私も、サヨクさまから見れば「右翼」「右傾化した人間」ということらしい。

でも、私は保守派の方のように、天皇や皇族を無条件に崇拝は出来ないし、その存在だけで尊く思えず、よって、公務をあまりしない皇太子や雅子妃は尊敬できないし、原爆投下から終戦記念日にかけて、ご静養に行く神経が理解できない。そもそも身分制度に違和感を持っているので、保守派とは違うし、右翼でもないと思っているが。

天皇制が国益にかなうのかどうか・・・血税を使って天皇制と宮内庁を維持することが国益となり、コストに見合うだけの制度であれば、支持するという考えだ。

ま、やっとまともになったんじゃないですか?
これこそ言論の自由。

私は今は靖国にも普通に行けるしね。
今、靖国が怖い右翼の巣窟って思っている人は少ないだろう。

ところで、在日へ対する過激なデモをする集団に対し、サヨクが「日本人として恥ずかしい」というセリフを吐くのはどうかと思うよ。

だってサヨクこそ日本人という枠組みを否定し、「日本人として」と言うのを嫌い、それをナショナリズムだと嫌悪し、「日本人も外国人も皆、同じ。同じ地球市民なのだ♪」って言っているわけだから。

つうか、サヨクの歴史によれば、日本人は過去に極悪非道なことをしてきたのだから、その極悪非道の日本人が何か悪いことしても仕方ないだろう(笑)

有田氏は、いそいそと「日本はこんなに対し、在日コリアンに対し差別発言をし、いじめてるんです。日本はこれを放っておく悪い国なんです。差別の国なんです」って世界に喧伝しようと、がんばっている。中韓も喜んでいることだろう。
日本はこんなに悪い国なのだから、過去にもきっと世界に類を見ない悪いことをしているはずだ♪

在日コリアンが攻撃されるひとつの理由として、在日特権があるから、ということで・・・
「在日特権はない、それはデマだ」というサヨク様であるが・・・

そんなサヨクに対して、田山たかし氏は、「今はないが、過去には在日特権はあった」と、サヨクははっきり言うべきと発言。
そして、サヨクも朝鮮人強制連行などデマを流したことを、ごまかそうとせず、はっきりと謝罪し、反省をするべきと。


田山たかし氏の発言
【「確かに在日特権は存在した。パチンコ屋の税金減免、自治体での住民税減免、朝鮮学校への不動産の無償貸与など。これらは○○という経緯で実施され、○○年まで存在した。在日側はこれらについて反省すべき」 ← 事実を事実として報道することで、ネトウヨのデマは逆に拡散しない】


【ネトウヨの暴走も止めると同時に、在日・リベサヨがこれまでやってきたことのケジメもつけなきゃならない

在特会の言うことをデマだという者に対し、在日強制連行のデマを批判すると、「それを主張してた奴に直接文句を言え」と反論される。自分達に関するデマを看過してきた責任はないというわけだ。

ならば、在特会・ネトウヨが拡散するデマも放置しろよ、って話になるはず。

この辺のスタンス・ロジックの一貫性の無さに気づくかどうか、あるいは同意できるかどうかが、その人のリテラシー・客観性・公平性を表す指標になると思う

サヨクが垂れ流してきた「南京大虐殺」「日本軍が強制連行したという従軍慰安婦」「朝鮮人強制連行」など「権威づけされたデマ」を看過して、それの反動として登場したネトウヨのデマだけ躍起になるのは、根本的解決にならない。】


そして、サヨクの「ネットのデマに脅さされるネトウヨ批判」に対しては・・・


田山たかし氏発言
【デマはデマで批判されて然るべき。しかし散々これまでデマや偏った情報を好き放題流布させてきたオールドメディアが、自省もせずケジメもつけず顔を真赤にしてネットを批判する資格はないよね、って話。

これまでの自分達のプロフェッショナルとしての大チョンボを反省もせず、「ネトウヨが偏ったネットのデマを信じてる!」と喚いても何の説得力もないんだよ】


【「新聞が言ってた在日強制連行説はデマでした」「新聞が記事を書いたウトロの内容は嘘でした」 → 「そのデマを暴いたのはネットなので、ネットを信頼しよう」 この流れになるのは必然】


【毎日新聞鳥取支局の北村弘一が、自分達の過去のデマについて何ら反省もせずケジメも取らず、「ネットの偏った情報に騙されて嫌韓が増幅してる!」と喚いてる限りは、在日と日本人の対立はますます深まっていくだけだろうね】



転載終わり。

要するに、ネットはデマもあるけど、真実も語っていることもあり・・・ピンきり。
ネットの情報全てデマである、新聞やテレビは正しい、なんて誰も思ってないだろう。

それともサヨクは違うのか?
未だに、ネット情報はデマ、新聞とテレビの情報は正しい、と思っているんだろうか・・・

んで、ネトウヨ(若者)は、そこそこ裕福な中韓や在日の姿を見ているので、中韓や在日を対等に見ることが出来る、だから批判も出来る、過激だが攻撃もする・・・のかもしれない。
日本人を強者、欧米以外の在日外国人と弱者と位置付けるサヨクこそ差別主義者かもしれない。

そう、強者には心置きなく攻撃できる・・・
強者を攻撃する私って、弱者の味方で、なんだか正義の人みた~い♪・・・と思っちゃうのかも。

強者いじめ・・・これは勝間和代氏が言っていたけど・・・

サヨクは、この強者イジメが好きなのかもしれない。
それは、思いっきり叩けるからである。

そして、強者いじめは、なんだか正義っぽい感じがして、自分が正義のヒーローになった気分になれるから、かもしれない。

今にして思えば、勝間和代氏に噛みついた香山リカ氏はそんな感じだ。「私は弱者の味方。弱者のために働く正義の人なのよ」と・・・

「努力しよう、努力は楽しい、どうすれば楽しく努力ができるか」という勝間さんに対し、「努力できない人(弱者)もいるんです」と批判する。そして「弱者の気持ちを理解できない強者の勝間さん」「努力を押し付けないで」「勝間さんは弱者を無視している」として、自分は弱者の味方、弱者のことをよくわかっている優しい人となる。

だれかを強者と位置づけ、その強者を心置きなく叩き、弱者の味方を装うサヨク。
そう、弱者の味方とする自分は「良い人」なのだ。「良い人」のまま、気持ちよくいじめができるのだ。

相手を攻撃すればするほど、自分は正義の良い人になれる気がする・・・
ストレスも解消できるし、プライドも満足♪・・・すばらしいサヨクレイシズム♪

強者にされるほうがたまったもんじゃないけどね。

サヨクよ・・・強者攻撃(イジメ)、楽しいかい?

そんなサヨクは・・・やっぱり偏っていて、異様に見える。

(香山リカさんも、勝間さんへの発言だけではなく、ほかの言動からして・・・サヨクだと思う。少なくとも私はそう感じた。なので、勝間さんに対する発言も「なるほど、そういうことか」と思った・・・)

サヨクにとって、未だ「日本は強者、加害者」であり、中韓は「弱者、被害者」なのだろう。
強者である日本は加害者として攻撃し、日本イ反省を促す自分はなんて正義感のある良い人なのだ、と自己陶酔できる。

が、すでに若い世代は違和感を持っている。

日本の過去の行いは言われているほど酷いものなのか?
単に条約や当時の価値観にのっとったものではないのか、と。
そもそも、過去の清算は済み、今の若い世代に反省しろといっても無理な話である。
歴史の勉強については、・・・当時、どういう条約があり、どういう価値観があり、どういう社会状況だったか、国際状況だったか、を学ぶことが大事である。正当化するとかしないとかの問題ではない。

そして、捏造された歴史は是正されるべきである。

これは右傾化とは言わない。

そもそも、サヨクは捏造したことを反省するべきだろう。しかしサヨクは自分の行いを正当化し、反省しない。

ーーーーーーーーーーーー
余談

[新月]韓国 外交権のあった1899年の教科書に竹島は韓国領外と明記 http://smar.ws/3rzy9
【外交権があった光武3年(1899年)に韓国で使用されていた教科書『大韓地誌』に…竹島の位置(東経131度52分)が韓国領外であることを明確に記述】


ーーーーーーーーーーーー
おぼろげな昔話・・・

私は、子どもの時、日本軍が穴を掘り、中国人民間人らを生き埋めにした場面を見せられたことがある。映画だったのか何だったのか定かではない。

とにかく日本軍がいかに残虐で極悪非道だったかを表現した衝撃映像(おそらく捏造)があったのは確かだ。

(もちろん、中には非道な軍人もいたかもしれない。しかし組織としての日本軍は違うだろう)

私より上の世代は、こういった教育(日本がいかに極悪非道だったか)がもっともっとなされていたことだろう。

中韓とつながりがあり、自分の利益のためにサヨク活動を行っている者もいるだろうが、今までの自分の考えや言動を否定したくないがため、どうしても日本が悪でなくては困るサヨクもいるのかもしれない。
上の世代ほどそうだろう。今さら、考えを変えられないのかもしれない。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。