So-net無料ブログ作成
検索選択

反韓主義に対するサヨクの頓珍漢な分析 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

前記事の後半に書いたものを、こちらに転載し、分けることにした。
(その内容が、前記事のタイトル、テーマから外れているし、脱線が甚だしい上、冗長だったので)

特に、紹介したいのは、転載した「田山たかし氏の説得力のある発言」(下のほうにある)
いつも、宮島理氏のブログ記事と、田山たかし氏のツイッター発言の、説得力には感服させられる。皆様もチェックしてみてください。

やはり、説得力のあるほうの意見や考えに同調してしまう。ネトウヨをバカにし見下すサヨク様の言うことは、なんだか説得力に欠ける。いや、私の頭が悪いから、サヨク様の言っていることが理解できず、説得力を感じないだけかもしれないが。

では、以下、前記事に書いた後半部分をちょっと加筆して、転載。

ーーーーーーーーーーーー

前記事で、話題にした在日韓国人(もとは北朝鮮出身)の朝日記者による朝鮮高校本だが、読んでみた・・・
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%81%AE%E9%9D%92%E6%98%A5-%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%8C%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E7%9A%84%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%8F%E3%81%91-%E9%87%91-%E6%BC%A2%E4%B8%80/dp/4334974805/ref=cm_cr_pr_product_top

「朝鮮高校の青春 ボクたちが暴力的だったわけ」
著者は「金漢一」という朝日の記者。

チョッパリ狩(=日本人狩)についての描写はほんのちょっとであるが・・・暴力行為にあまり反省の色は見られない描写の仕方。
「ま、悪かったな~、許せ」みたいなノリを感じた(少なくとも私は)
日本人は在日を警戒し、差別をするのも仕方ないのでは?と思った。(もち、日本の不良学生による朝鮮人学生狩もあったのだから、お互い様かもしれないが)

日本人への犯罪を是とするのに、歴史問題を持ち出してくるのだろうが・・・まず、強制連行もでっちあげ(日本国家が国をあげて強制連行していない)であり、朝鮮人の自由意志で、中には密入国までして日本にやってきて、日本に染まることなく、日本人を敵視し、いざこざを起こしていれば、そりゃあ、差別されるでしょう・・・と思った。
(在日は「いや、日本人が差別するから、自分たちは暴力的になったのだ」と言うだろうが)

北朝鮮日本人拉致問題では、当初、日本も昔、朝鮮人を強制連行したのだから、日本に北朝鮮を責める資格はない、などと言う人もいたっけ。(デビ夫人、孫正義氏は以前、そのような発言をしていた)

横田さんらに、当初、こういう心無いことを言う人はたくさんいただろう。
捏造された歴史は、ここまで歪めるのである。


話題を元に戻そう。

この本では、在日朝鮮人は闘争で日本での権利を勝ち取った、とあるが・・・生活保護の権利もそのとき勝ち取ったのだろう、闘争(役所に殴りこみ)=暴力行為で。

そして「殺すなら日本人にしろ」という過激なことを言う在日もいたらしい。
(・・・実際、在日コリアンが、つい先日、大阪で日本人を標的に無差別殺人未遂事件を起した)

在特会と変わらない志向の持ち主が在日にもいるのだから、在特会だけ責めるのも、やはり違和感持つ。

もちろん、過激な在日はごく一部だろう。
ならば、過激な日本人もごく一部だろう。

在特会の過激なデモは良くないが、彼らの怒りの理由のひとつに、こういったこともあるのではないか、と思った。

そして、度々行われる反韓デモは、それなりの主張があり、その中に在特会メンバーが混ざり、一部、過激な言動をとるものがいるのだろう。

しかし、サヨクは、デモの参加者全員を「差別排外主義者」と捉え、悪に仕立てていく・・・有田議員のツイッターにも挑発的なものを感じる。
以前から「煽っている」と感じていたが、今では確信的にやっているだろうとさえ思う。(あるときから、「しばき隊」のRTが多くなり、有田議員の発言も挑発的になっていった気がする)

ほんとうに差別発言を止めたきゃ、国会議員であれば、憲法違反にならないよう、どうにか規制する法律を考えればいい。(ただ、これでも根本解決にはならない)

相手をムキにさせるよう、煽っている印象をずっと持っていた。(有田氏と一緒に、過激なデモについて批判し、やめるよう呼びかけた人たちは、有田氏のように煽ることはしていない。ましてや「挑発行為をするしばき隊メンバーの発言」をRTなどしない)

差別主義者に暴行されたとして、倒れている人の画像をのせたことについて、一方的被害者のような印象を与えた。
しかし、どちらが先に手を出したのか、挑発行為はなかったのか、といろいろ疑問である。
しばき隊も挑発行為があったから、そして暴力行為があったから、しばき隊にも逮捕者が出たのだろう。

有田氏は、もしや情報操作しているのでは、と疑問をもち、画像についても、当初「やらせでは?」とさえ思った。私が特別に有田氏を穿った目で見ていたとも思えない。「しばき隊」のことは、この問題に興味を持っているものであれば、ほとんどの人は知っている。在特会も嫌いだが、しばき隊も嫌い、という意見をよく目にする。しばき隊がどういう集団か、画像も多く存在し、多くの人は知っている。有田氏も知っているはずだ。

有田氏に国会議員の資格があるのだろか、と思う。
国会議員でなければ、どんな活動をしようと自由であるが。

そして、デモ全体を「差別主義者呼ばわり」しないことだ。【殺せ】などの言葉を使うのは一部だろう。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5100.html

カウンター側全員が「しばき隊」ではなく、一般人もいて、皆が「しばき隊」のような挑発行為をしていないのと一緒。


で、サヨクが分析する「在特会はじめネトウヨが排外主義になったのは、経済的貧困の不満を、在日にぶつけているだけ」というのは、かなり頓珍漢である。

そうそう、こうした反韓について、説得力有る【田山たかし氏】のツイッター発言を紹介しよう。


https://twitter.com/neon_shuffle" target="_blank">https://twitter.com/neon_shuffle
以下、田山たかし氏の発言、編集転載。

【弱小国家だった時代の反日は、日本にとって殆ど無視出来るレベルだった。しかし韓国が経済力をつけてくると、無視できないレベルになってきた。日本側のネトウヨのカウンターはこれに呼応するもの。「日本人が経済力を失って、排外主義に進むことで不満を解消する」のでは断じて無い】


【経済的貧困で排外主義に走るという説明は一見説得力ありそうなのだが、何故「在日」のみなのかの説明が出来ない点でダメ。

日本人(加害者・マジョリティ・強者)、韓国人朝鮮人(被害者・マイノリティ・弱者)という構図のみで論じてるバカが多すぎるから、韓国vsイラン、韓国vs黒人、韓国vsカンボジア、韓国vsベトナムという問題を突きつけると途端に黙りこむ。

今、「レイシズムは許さない!」と力説してる連中は、イラン国内で反韓感情が高まったら「イラン人はレイシスト!」と非難できるのかな?

絶対的強者(日本)vs絶対的弱者(韓国)という普遍公理で物事を考える戦後リベラルに対しては、この公理に当てはまらない事例を突きつければ反論できなくなる】


【本当に韓国のことを思うなら、韓国の暴走する民族主義・ナショナリズムを批判する勇気を持たなきゃならない。韓国人を絶対的弱者と考えるバカ共にはわからんだろうけど】


【ネトウヨ・在特会が暴走してるのはその通りだけど、彼らは素人であり無権威の連中だからな。これに対してリベサヨの暴走は、言論のプロ・権威なので。

「強制連行の証拠はないが強制連行は事実だ」「証拠文書は日本軍が全て焼却したに違いないので、証拠がなくても問題ない」 ← こういうことを第一線のジャーナリストや新聞の社説で展開されるわけ。ネトウヨどころの話じゃないじゃん

在日強制連行説だって、メディア・ジャーナリスト・大学教授・小中高の先生・政治家・裁判官が厳然たる事実として流布してきたわけよ。これらのケジメはとられたのか?
ネトウヨのデマは断罪すべきデマで、在日強制連行説は断罪すべきでないデマなのか?そんな馬鹿な】


【こういうおかしな現状が、在特会・ネトウヨを生み出したんだぜ】


【基本的に「戦後生まれの日本人には何の罪もない」という大前提を理解しないと、 ネトウヨ・在特会問題は紐解けないよ。

「確かに日本は悪いことをしたので、私の世代でキチンと精算する。しかし戦後生まれの日本人には罪はない!」 ← これだったらまだ分かる

「日本は悪いことをした!日本は永久に謝罪するべき!いやーいいことをした後は気分がいい。あとの尻拭いは若い世代で頼むよ」 ← 実際はこれ。そりゃあ右傾化するわな】


【ネトウヨは、日本が在日に支配されてると妄想している」と批判する。私も妄想だと思う。しかし、在日の嘘は看過され、日本人の嘘は徹底的に叩かれ、反動として現れた右傾化だけ叩かれ、在日の偏狭な民族主義は叩かれないという現状を見るに、妄想もしかたないのでは?

「弱者である在日様のウソなら積極的に協力させていただきます」というメディアが支配的な中で、ネトウヨが「日本は在日に支配されてる」と妄想するのも分からないではない】


【「わかった。我々も少々やりすぎた。在日が弱者だからといって彼らの嘘に加担したり黙認したりするのは間違いだった。だから、ネトウヨも矛を収めてくれ」というのが正しいあり方】


転載終わり。

さすが、田山氏。説得力がある。

だから、サヨクがどんなに右派を悪く仕立てようと、在特会を罵っても、違和感を持つ人が多くなっているのではないだろうか。在特会も悪い、でも、彼らだけ責めて、彼らを罵倒し、それで問題解決するのか?と。

在日への【差別、排外デモ】をやめさせたければ、日本にできることは、在日外国人への優遇策をやめること(生活保護など)、通名廃止、犯罪者は実名報道する・・・これだけでもだいぶ違うだろう。そして、在日韓国人を弱者扱いしないことである。

あとは韓国が反日をやめることであるが、これは韓国次第である。ただし、日本が韓国に擦りより、何かを譲ることになれば、韓国は反日をやめないだろう。まだまだ【甘い蜜が吸える】として、日本叩きによりいっそう邁進することとなる。日本ではますます反韓感情が強まり、在特会のような集団がもっと増えるだろう。

ただ・・・もしかしたら、在日を弱者扱いしなくなったからこそ、このような過激な反韓デモが出てきたのかもしれない。

在特会のやり方は、多くの人が批判するものの、その主張は分かるとする人が多い。在日特権が有るのか、ないのか・・まずは、そこをはっきりさせるべきだろう。ただし、在日コリアンに限らず、在日外国人も生活保護が受給できるのは事実だ。

そして、日本の社会システムを是正すべき、政治家がやることは、こっちのほうだろう。

有田氏は国会議員なのだから、煽るのではなく、憲法違反にならないようヘイトスピーチ規制法を練り上げたらいかがか?と思う。

しかし、どういう表現をヘイトとするのか、その判断基準を練り上げるのは、相当難しいだろうが。

だからといって、有田氏のように、在特会メンバーや反韓主義者を「低劣な排外主義、差別主義者」と罵ったところで、何も変わらないだろう。罵っても、それは煽るだけである。


そうそう、田山たかし氏はこうも言っている。

【既に多くの人間が言及してるけどさ、「ヘイトスピーチを法規制しろ!」とリベサヨが喚いてるのは凄いよな。ヘイトスピーチ規制についてだけは権力の暴走が無いと思ってるらしい。私が政治家なら、権力を奪取したら「特定の民族・国家に対して、合理的な根拠なく誹謗中傷すること」をヘイトスピーチの定義にするぜ】

転載終わり。

在特会のようなデモを規制するのであれば、同じく、沖縄で行われている左派集団の過激な活動も規制されることになるだろう。

右派?だけ規制し、左派は規制しない、なんて不公平はまかり通らない。もし、まかり通るのであれば、それこそ、保守派の激しい反発にあうだろう。

右派のデモだけ規制するなんて、それこそ差別以外の何ものでもない。

ーーーーーーーーーーー
余談

民主党といえば、やはり細野氏である^^;
民主党議員として、有田氏はさほど影響力はなさそうだが、細野氏は民主党の顔でもある。

そんな細野氏はFBで、北朝鮮外交について、田中氏に批判された安倍氏が反論したことについて・・・
「最高権力者が個人を批判すれば、その個人は萎縮し、批判しにくくなるのでは」と、頓珍漢なことを言っていた。

まず、田中氏は元公人であり、その肩書きで発言されていたのだから、ただの一般人ではない。


以下、FBにて、私のコメント転載

【田中氏は毎日新聞で発言されました。一方、安倍氏はご自分のFBであり、読者数でみれば、毎日新聞のほうが上でしょう。「安倍氏をつぶすことが社是」という朝日新聞もあり、マスメディアは中立公正ではありません。最高権力者はマスメディアにつぶされかねないのですから、最高権力者に批判されると、批判しにくくなる、というのは、おおげさのように思います。
最高権力者に対する批判は、マスメディアは喜んで行います。よって、田中氏が批判しづらくなる、ということもないのでは、と思います。細野さんの目論見とおり、マスメディアは田中氏にキツイことを言った安倍氏を批判しています。
最高権力者にも言論の自由があります。ネットメディアが充実していなかった時代はテレビや新聞などマスメディア側に言われ放題だったことでしょう。もしかしたら、マスメディアに叩かれがちな最高権力者のほうが反論する機会も与えられず、言論の自由がなかった(圧力を受けていた)かもしれませんね。】


安倍氏が田中氏を批判した理由
business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130617/249777/

朝日新聞も、このことで安倍氏を批判したが、いやいや、朝日新聞よ、こんなことで安倍氏を批判する前に、まず「安倍氏をつぶすことを社是にしていた件」を反省し、謝罪したらいかが?

世論に影響力を持つ新聞が、特定の政治家をつぶそうと画策していたのは大問題だと思うが。

まさに、朝日新聞に安倍氏を批判する資格はない。

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。