So-net無料ブログ作成
検索選択

韓流規制 [国家・日本近代歴史・戦争関連]

「なるほど」と頷かされる宮島理氏のブログ記事に注目している。

http://miyajima.ne.jp/index.php?UID=1345932000 「韓流禁止について」


そういえば、北原みのり氏の「韓流という女の楽しみを奪わないで。日本は韓国に嫉妬しているのでは」という発言もネット界で話題になっているようだ。
http://getnews.jp/archives/245003

北原みのり氏の発言、以下転載。

【私の周囲の韓流にハマっている女性たちは、竹島の問題を見事に切り離して考えています。男の人は“国”とかいうけど、女の人にはピンとこない。『韓国のキムチっておいしいよね』というのと一緒で、韓流に政治ははいってこないんです。

 今回の騒動は、自分たちより劣っていると思っていた国が、女性たちの心をつかみ、経済的にも同等になっていることへの嫉妬もはいっているのでは? 韓国でも日本でも、政治がらみでやりあっているのは男の人ばかり。男同士の争いのために、韓流という女の遊びを奪わないでって思います】


転載終わり。

いや、政治絡みでやりあっているのは男同士とは限らないのでは・・・女性の憂国の士もけっこう見かける。
女性の一部が韓流にはまっているのであって、政治や国際社会に興味ある女性もたくさんいるだろう・・・と、多くの人もつっこんでいる。

もし北原氏の言うとおり、女性が自分の趣味だけに没頭し、政治に疎く、興味がないんだとしたら・・・女性に選挙権を与えるのも無駄、もちろん女性が政治家になるなんてとんでもないことだ・・・

北原みのり氏は「女性は政治に向かない(よって選挙権も要らないし、国の運営は男性にやってもらうべき)」と思っているのだろうか。
男性が同じことを発言したら、「男女差別」と受け取られるが・・・

ただ・・・たしかにロシアのときと比べたら、大騒ぎしているかもしれないが・・・ロシアは日本の捏造された歴史問題で責めてこないし(というか、ロシアのほうが悪いこと、かなりしているし^^;)、韓国と比べ、ロシアとはあまり交流がない印象もし、心理的に韓国より遠い国だから、今回の韓国ほどの大騒ぎにならなかったのだろう。
学校の修学旅行先も、韓国はけっこうあるが、ロシアはあまりない。韓流がわりと溢れ、韓国人スターも日本によくやってくる。
だから、幻想を抱いてしまった人はたしかに多いかもしれない。韓国と友好関係にあるってね。実は私も文化交流で友好関係が築けるかも、と甘い考えを持っていたかも。

今回のことで目が覚めた。やっぱり平和ボケしていたのだな、と。

韓国には親日派が取り締まられる法律があり、国を挙げて反日であり、日本を嫌うよう、教育されているという。

(韓国には言論の自由がないので、たとえ心の中は親日派でも、表にそれを出せないだろう。表に出したら、大変なことになり、悪くすれば犯罪者扱いなのだろう。なので、韓国をうらやましいとは、全く思わない。よって嫉妬心など起きない)

日本がどんなに支援をしようと、韓国にしてみれば「当たり前だ。それで許されたと思うなよ」っていうところか。
反日教育が凄まじいので、一般韓国人は洗脳されているだろう。日本が自虐史観に染まったように。

もちろん、個人個人の友好はあるのだろうし、個人対個人の対話なら可能だろう。中には、話を分かってくれる韓国人の方もいるだろう。

歴代韓国大統領らの末路をみると・・・異常である。
だから、イ・ミョンバク大統領も、常軌を逸する言動をしてしまったのかもしれない。
日本から恩を受けようと、反日を掲げないと、国がまとまらない・・・

韓国はまだそういう点では遅れている国なのかもしれない。嫉妬するに値する国じゃないのだ。経済的にも北原氏の言うように「同等になったのか」・・・疑問符がつく。もちろん、私は経済については無知なので、何ともいえないが・・・北原氏も経済のことがほんとうに分かって発言しているのか、とも思う。

そういった韓国内の事情を、日本が弱腰と捕らえられるような配慮や気遣いをすることはない・・・それをすれば、ただただ甘く見られ、周囲の国も「お人よし」と馬鹿にするだけだろうから。

しかし、北原氏のような人ばかりではなく・・・韓国を敬遠する日本人は増えてたようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120827-00000047-jnn-soci

そのことについて、こちらのサイトにもいろいろ書かれている。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4772.html

※このサイトは、少々過激で、ブログ主の主張にすべて同調するわけではないが(・・・やはり、もう少し中立に物事を捉えている感じがする池田信夫氏や宮島理氏、櫻井よしこ氏の意見や考えに、納得させられる・・・)、韓国や中国の反日に対して、こういう人も日本には必要だろうと思う。参考になる資料もある。

私も面白く見ていた「朱蒙」の主人公を演じたイル・ソルグク氏の件について・・・韓国が不況占拠している竹島に、政治的アピールのため上陸したのだから、日本側としては、不法入国したことになるイル氏に対し「入国拒否」をするのは当然かもしれない。

紹介したサイト記事に【韓国は、ソウルの日本大使館前の売春婦像に「竹島の碑」を縛り付けた「維新政党・新風」の鈴木信行代表を入国禁止したのだから、お互い様だ。】と書かれている。
日本だけが譲れば、竹島は韓国のもの、と認めることになってしまうだろう。

「あんな小さな島、韓国にあげちゃばいいのよ、それより韓流を規制しないで」「ヨン様の言うとおり、独島は韓国のもの、日本は欲張らないで(かつてヨン様は独島について発言したことがあるそうだ)」と、さすがにここまで思っている韓流ファンは少ないだろうが・・・もし一部の日本女性にそう思わせることができるほど、韓流に魅力があるんだとしたら、韓国の情報戦もなかなかすごいと思う(笑)

「さすがに日本人が住んでいるところまでは、韓国も中国も侵犯、侵略しないだろうから、諍いのもとになるくらいなら、無人島はあげちゃえばいいのよ」と思っている人もいるかもしれない。

しかし、自国の領土や領海を簡単に譲っていったら、日本は諸外国から国家として認められなくなるだろう。
「戦争放棄のためなら、人が争いで傷つかないですむのなら、国家なんてどうでもいいわ。全部譲ればいいのよ」という選択も、もちろんあるだろうが、相当の覚悟が必要だろう。過去、国家がなかったユダヤ人がどんな悲惨な目にあったか・・・と思ってしまう。

国家を軽視することはやめたほうがいいのでは、と思う。

だが、国家を軽視する組織は、けっこうあるのかもしれない。在日が絡む組織、在日が力を持つ組織は仕方ないとして(・・・祖国は日本ではなく、韓国や北朝鮮なのだから、当然だ)・・・

国家を敵視し、国家への冤罪を招き、反省すらしない朝日新聞、福島瑞穂氏率いる社民党など、注意が必要かもしれない・・・(あるいは、朝日新聞も在日がかなり絡んでいるのだろうか。すると、国家としての日本を敵視するのは当然かもしれないが)

韓国や中国は反日歴史教育に熱を入れているようだ。
一方、日本は自虐史観を植えつける教育をまだ続けている。
しかし、これを機に、大幅な見直しがされるだろう。逆に、見直しがされないとなると、これこそが問題かもしれない。

(が、朝日新聞や福島瑞穂党首率いる社民党、共産党辺りが自虐史観見直しに反対しそうだ・・・もちろん日教組、在日組織など・・・。以前、韓国への配慮から【竹島】を教科書から削除するよう指示したという民主党はどうなのだろう?メディアの反応はどうなのだろう?と、いろいろ注目すべきことが、たくさんあるようだ)

もちろん、日本は反中反韓教育ではなく、きちんとした資料に基づいた証拠がある史実を載せ、多角的見方で、できるだけ中立的でまっとうな歴史を学ぶ、ということで。
どうしても慰安婦問題や南京大虐殺を取り扱いたいのであれば、反証も載せるべきだ。
それが「中立」ということである。

もしも、こういう動きを「日本は軍国化している。戦争ができる国にしてはいけない」と叫ぶ人がいるとすれば、よくよく考えたほうがいいかもしれない。
国の尊厳を取り戻すことが、主張することが、軍国主義だというほうが、おかしいかも。
なんでもかんでも戦争に結びつける短絡思考・・・歪んだ歴史を、自虐史観を植えつけた結果、そういう思考を持ってしまったのかも。
その思考こそ、歪んでいて、偏っていると思う。少なくとも中立性に欠ける。

(池田信夫氏のところで知ったが、朝日新聞は昔、中国の文化大革命や、北朝鮮、ポルポトを賛美していたそうでhttp://www.asahicom.com/anotoki/asiayasasisa.htm、・・・思想的に偏った新聞だったのだなあ・・・今もその偏りは直されていないということで、信用してはいけないと思った。もちろん、ほかの新聞も誤報がわりとあり、朝日はまだ少ないほうだというが・・・)

「仕組まれた、情報戦ですでに負けている」と今回のことで、目が覚めた気がする。

ただし、諜報活動や工作、不公平な在日の利権や特権は追及するべきだが、単なる攻撃は控えるべきだと思う。日本の民度が疑われるので、そこは冷静に、と思う。



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。