So-net無料ブログ作成
検索選択

婚活欝 [人生・生き方・生活・人間関係]

「婚活欝」について綴ってみる。
だいぶ前の話になるが、朝日新聞より、「婚活欝」の記事があり、そんなことで欝になってしまうのか・・・(つまり病院に通い、薬を処方されるほどの欝だ)、とびっくりした。で、ちょいと検索してみたところ、「婚活欝専門外来」って本当にあるんですね・・・

http://kawamotomentalclinic.com/oshirase.html
http://diamond.jp/articles/-/9035

ま、大半の人は本格的な鬱病というほどのものではなく、カウンセリングを受ける感じなのかもしれないけれど、それでも中には向精神薬を処方される人もいるようで・・・いやあ、結婚生活のほうがよほど大変だろうに、婚活で欝になるような性質の人は、もっとストレスを感じるだろう結婚生活ましてや子育てすることは厳しいのでは、と思ってしまった。

婚活欝で向精神薬を処方され、それでなんとか婚活を続けているケースも紹介されていたが・・・いや、そんなことで薬に頼らないとやっていけない相手と結婚しようという人はいないだろうなあ、と正直思ってしまう。結婚後はもっと辛いことがあるかもしれないのに、とても耐えられず、結婚生活は破綻するのでは、と。

欝になるくらいならば、まずは婚活から離れればいいのに、と。けど、婚活をやめたら、さらに不安で仕方なくなるのだろう。
そこまでして結婚したいのか・・・というか、好きな相手がいて一緒になりたいから結婚したいのではなく、とにかく条件さえ合えば誰でもいいから結婚したいのだろう、ということなのだろうか・・・

そういえば、これも前の話になるけれど、「婚活がなかなか上手く行かず疲れてしまった女性」をテーマにフジテレビのドキュメント番組もあったっけ。

そこまでして結婚したい理由はおそらく「この先、独身のままだと不安だから」なのかもしれない
けど、おそらくこういった人は、結婚しても「不安」から逃れられず、子どもが生まれて、子供がちょっとでも発育が遅かったり、なにか上手く行かなかったりしたら、もう不安で仕方なくなるだろう。さらに苛め問題、学校でうまくやっていけるか、社会に出られるのか、就職できるのか、などなど不安材料はたくさん出てくる。子どものことへの心配事は、ほんとうに大変そうだ。
婚活欝の次は、もっと辛い育児ノイローゼに陥るかもしれない。

当ブログでは「発達障害」についても、よく話題にしているが・・・発達障害は6・2パーセントの確率で生まれると聞く。(境界線上はもっといるだろう)
発達障害の2次障害として「精神障害になる率が高いこと」を聞いた。(NHK教育はよく「発達障害について」話題を取り上げているが、このことも告知するべきかもしれない。(偏見もあるし、難しい問題なので取り上げないのだろうか。事実、発達障害を苦に、子どもを殺してしまった事件もある)

婚活以上に、ほんとうに厳しく大変なことが待っているかもしれない。
婚活が上手くいかない程度で欝になるような人に、もしも発達障害の子どもが生まれたら・・・ほんとうに育てていくことができるのか、と思う。

世間の「幸せ価値観」に縛られると、碌なことにならない気がする。
どんな生き方をしようとリスクがあり、不安からは逃げられないと思うのだが・・・

就職活動は、生きていくのにどうしたって「お金」が必要だから、就活はやらないといけないことだし、うまくいかなきゃ不安になるだろうし、疲れて欝になるのは分かるけど・・・結婚はべつにしなくても生きていけるのだから、もっと気楽にかまえればいいのに、と思う。

それに、就職活動よりも、婚活のほうがハードルが高く難しいかもしれない。結婚生活が上手くいかなきゃ離婚すればいいのかもしれないが、離婚するのは大変で、会社をやめるよりもはるかに大変だと思う。

企業が人を選ぶ時、万が一、ミスマッチがあったとしても、その人の所為で会社がすぐにどうこうなるというような大きな影響力はないが、結婚相手とのミスマッチは、その人=配偶者の人生を左右するほど影響力は大だ。
なので、結婚はやはり人生における一大事であり、お互い、厳しい目で相手を選びあうことになるだろう。会社が人を選ぶ時よりも、さらに厳しいのは当然かもしれない。

自分はここまで条件を落としたつもりなのに、なおも「振られる」ことは、たしかに精神的に落ち込むだろう。「自分の価値が相当低い」と思わされてしまい、全否定された気持ちになってしまい、欝になる、というのも分かるけど、ほんとうに「そこまでして結婚したいのか」「結婚後、幸せになれるという幻想を抱いているだけではないか」とよくよく考えたほうがいいかもしれない。もしかしたら「多くの人がしているから、しないと不安」だけなのかもしれない。

自分の人生を左右するような影響力を持つ人をひとりだけ選ぶ、と言うのは、本当に大変なことなのだから、どこかに就職することよりも結婚することのほうが難しい気がする。婚活が上手くいくほうが奇跡だ、相当運が良い、儲けもの、と思ったほうがいいのかもしれない。つまり、上手くいかなくて当たり前。条件を下げてもだ。

で、その後の結婚生活が上手く行くのか、それも不安になるのでは?とも思ってしまう。

一緒になりたいような好きな相手がいるわけでもなく、欝になるほどとにかく結婚したいということは、結婚そのものに相当の価値を求め、結婚そのものに幻想を抱いている可能性も高いからだ。けど、すぐに幻滅することになるかもしれない。

恋愛感情が入っていれば、勢いでいってしまえるところもあるだろうが、「まず結婚ありき」の婚活で相手を選ぶとなると、慎重さも入り、相当厳しいものになるだろう。

昔は大半の人は、どこかしらの会社に就職でき正社員になれたし、結婚もできただろうけれど、これからの時代は「大半の人に出来る普通のこと」というのは、なくなっていくのかもしれない。

昔と今とでは、ほんとうに違う世の中になったのだし、だからといって今の時代が良くないわけではなく、多様化され、いろんな生き方ができて、その点は、昔よりは良い時代になってきたとも思うのだが・・・

昔は、本当に「皆と同じ生き方」をしてないといけない空気はもっともっと強かっただろうし、プレッシャーも今とは比べものにならないほどすごかっただろう・・・昔のほうが自由度が少なく、その分、大多数の人が窮屈な思いをしながら同じ生き方ができていたに過ぎない、と思う。

今の不安定な時代、結婚することもリスクを抱えることになるかもしれない。どう生きようと、「不安」から逃れられないのかも・・・

とくに「子育て」については、いじめなどの学校問題、受験、就職問題などなど心配事は尽きない。
婚活がうまくいかない程度の大変さとは次元が違う苦労が多いだろう。

もち、結婚=子どもを持つ、ではないだろうし、子育ては嬉しいことや楽しいこともあるだろうし、幸運にも全く問題を抱えず子どもがすくすく育つ場合もあるだろうけれど。


そして、先の「東日本大地震」で、つくづく思った。
飢えることなく、栄養バランスがとれた食事をしようと思えばでき、ある程度の水準の医療を受けることが出来、寒さ暑さを凌ぐことが出来る環境にとりあえずいられるだけで、これ以上、何を望むことがあるのか、と。

この地震の影響もあって、これから、おそらく日本の経済はますます落ち込み、自分ひとり分の生活できるだけの分を稼げるだけでも幸せかもしれない。結婚し子どもをもつなど贅沢なことになるかもしれない。(もちろん子どもにある程度の水準の教育を受けさせようと思わなければ、そんなにお金がかかるわけではないだろう。どうしてもやっていけないとなれば、生活保護、あるいは児童養護施設がある・・・しかし、責任をもって子どもを育て、ある程度の水準の教育を受けさせようとなると、ある程度の収入がなければ、今の日本では厳しいだろう)

結婚し子どもを持つことは高望みとなる時代に入るかもしれない。

なので婚活欝になるくらいならば、今すぐ婚活から離れたほうがいいかもしれない。精神を病むことのほうが害があるし、厄介である。精神を病めば仕事さえ失うかもしれない。

日本は経済的(財政的)に、社会福祉も質を低下せざるを得ない状況になるかもしれない。
まずは自分の健康を守ることを優先し、高望みをしないほうがいい。

ただ、今の社会システムのままでは破綻が目に見えているので、早急に改革してほしい。
もっと少子化が進むということで、皆で痛みを分かち合うしかないと思う。

増税はせざるを得ず、でも経済は落ち込むので収入は下がるだろう。
それでも戦前戦中戦争直後の日本社会よりはずっと豊かである。あるいは海外の貧しい国よりも。
そして、先の「東日本大地震」で被災された方を(テレビや新聞で)見て、今現実に近くで起きたことで、今までの生活がいかに恵まれていたかが分かる。
収入は下がり、増税となるだろうが、被災された方のことを考えれば、たいていのことは我慢できると。

婚活欝などは、そんなことで欝になる余裕がある「贅沢病」ということかもしれない。

けど、なんだか人生とは不安があるのが当たり前であり、でも震災のことを思えば、今まで通りに生活できれば御の字でもあり、それ以上何かを望むのは贅沢でもあり、もしも望み通りにいったら、それはかなり運がよく、稀なことなのかもしれない。

おそらく、今は「結婚できることは当たり前ではなく、かなり運が良く恵まれたこと」なのかもしれない。できなくても当たり前ということで。
(それが実感できている人はきっと結婚相手も大切にするだろう。考えようによっては、結婚できて当たり前と思い、パートナーをおざなりにしがちだった昔よりもいいかもしれない)

今の時代、生きていくにもただでさえ疲れるのだから、楽しめず疲れるだけの活動は、心身にとっても良くないことかもしれない。

婚活は、相手を品定めをし、自分も品定めをされ、最初から「結婚相手」として審査されるのだから、厳しいに決まっているし、婚活している人が多ければ、そういったパーティなどで、とりあえず出会いの数はこなせるだろうが、目移りもするだろうし、一人の人とはなかなか続かないものなのかもしれない。
強制的にいつも会うことになる学校、職場での出会いで仲良くなっていく以外の方法は、まあ、難しそうな気がする。

努力しろと世間は言うが、こればっかりは縁、ということで、おおらかに構えていていいんじゃないかと思う。
もちろん楽しみながら婚活できるに越したことはないだろうが。

ーーーーーーーーーーーーー
余談

私の世代は、けっこう離婚も多い。結婚生活は婚活以上の努力が必要なのかもしれない。あるいは努力ではどうにもならず、どうしても合わない、合わなくなってしまった、というケースもあるのだろう。

ところで、ずっと前の話になるが・・・三谷幸喜さんと小林聡美さんの離婚はびっくりした。良い距離感を保ちながら、仲良くやっていっているのだろう、と勝手に想像していたから。
でも、嫌いあって別れるのではないようで・・・そういえば、「すれ違い生活で結婚している意味がない」と言って、別れるケースもあるよな・・・三谷さんと小林さんは「仕事優先」「仕事人間」という感じがするし、そういう考えもあったのかなあ、と推測。夫婦でいる意味が見出せず、なのに、たとえば「自由恋愛」はできないし、見えない束縛はあるし、一緒に暮らすストレスというのもあるのだろうな。

やっぱり鍵は、コミュニケーションできているか、そうでないか、かもしれない?
疲れているので、何も話したくない、放っておいてくれ、というのも分からないでもないが、いつも疲れていて、そういう態度だと、やはり心は離れるだろうな。
あるいは、ついつい仕事のイライラをぶつけてしまい、いつも険悪な空気になってしまうとか・・・
お互い忙しく、余裕がないので、お互いイライラしているとか・・・

もしもコミュニケーションもなく、顔を見ればイライラする、というのであれば、それは本当に一緒にいる意味がないどころか、マイナスなのかもしれない。

いや、これは三谷さんと小林さんのことを想像して言っているのではないのだが。
何かと忙しい現代、結婚生活も大変かもしれない。とくに歳をとっていけば体力も落ち、ますます疲れがちになるから。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

婚活はやればやるほど暗くなる

婚活欝…最近よく聞きます。
たしかに婚活をやっていると、出会いの連続で判断を強いられて
疲れることがよくあると聞きます。
要領のいい人は、さっさと結婚を決めるので、真面目な人が逆に損をしているのかな
婚活は、量より質で一発で決めるのが一番安全かもしれません。

欝になったら、婚活を離れるのは最もなご意見だと思いますが、
それはそれで、取り残されそうで不安なものです。
by 婚活はやればやるほど暗くなる (2011-12-01 15:03) 

ハヤシ

最近は、こういった人たちをターゲットに、婚活セミナーの類で商売をする人たちもたくさんいるようです。中には詐欺まがいのものもあるかもしれません。なので、世間の価値観に振り回されないようにしたいものです。
どんな生き方をしようと、マイナス面とプラス面があり、それぞれリスクもあるので、自分に合った生きかたができるといいということで。

by ハヤシ (2011-12-02 00:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0