So-net無料ブログ作成

結婚の条件その1 [人生・生き方・生活・人間関係]

前回の記事「草食系の恋愛と結婚」http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2010-05-14の続きといえば続き。

「結局、女はキレイが勝ち」その2http://kayashi.blog.so-net.ne.jp/2010-05-12にも書いたが・・・

「おしゃれ」とは・・・相手に失礼にならないように、相手に気分良くなってもらうというのもあり、
また、他の人の意見では「他人からナメられないようにするもの」というのもあり・・・なんというか「武装する」という感じもし・・・

そして「化粧をしない、持って生まれた素顔をさらすことが人に対して失礼にあたる」っていうことも、ごもっともなんだけど、なんか悲しい気もし・・・

そこで、素顔を晒すことができる関係というのは貴重かもしれない、と思ってしまった。
武装を解くことができる=気を許せる、ということで。

そういったことを考えると、結婚とは「素顔を晒せる関係になる」ということで、そういう関係を異性と築けるというのは素晴らしいことかもしれない。
もちろん「素顔が許せん、詐欺だ、離婚だ」という超狭量な男性もいるかもしれないが、滅多にいないだろう。
「最初は、素顔にギョッとしたが、慣れた」という男性や、最初から気にしない男性もいることだろう。

まあ、とにかく、ある程度気を許せる関係性は、やはり心の拠り所となるわけで、多くの人は「できれば結婚したいなー」と思うだろう。

ただ、気を許せる、ということは、遠慮もなくなる、気を使わなくなる、ということで、他人には決してしないような行為・・・「それを言ったらおしまいよ」的なことを言ってしまったり、些細なことで怒りを爆発させたり、イライラをぶつけてきたり・・・とマイナス面もあるのかもしれないが。

けど、実際、数多くの異性から一人を選び、また相手も自分を選んでくれないと成立しないので、なかなか難しい。誰でもいい、というわけにはいかず、お互いに妥協するところはして、品定めをすることになるわけだけど、うまくいかないことも多々あるだろう。

「身の程をわきまえず理想が高すぎ、条件が厳しすぎるから結婚できないのだ」と世間はよく言うが・・・自分の人生を左右することなので、やはり簡単には決められないものである。
ダメだったらやり直せばいい、という人もいるだろうが、離婚するには大変なエネルギーを消耗し、そう簡単にできるものではないらしいので、できれば最初から「失敗しそうな結婚」などしないほうがいいだろう。

そこで私の経験を語ってみよう。
ずっと昔の話になるが、まだ「女性の価値=若さ」というのが、あからさまに言われていた時代だ・・・(もちろん今も世間の本音はそうだろうが・・・)
「若さがなくなったら、誰にも相手にされなくなるから見合いをしろ」ということで、見合いをすることになった・・・

恋愛至上主義が世間を覆い尽くしていた当時、お見合いを頼むという時点で「立派な負け組」であった^^;

仲立ち人に相手に望む年収などの条件を聞かれ、節約が趣味でもあるし、他にもいろいろ条件つけたいし、身の程をわきまえないと、どなたも相手にしてくれないだろうと思い、「年収300万円以上」と言ったら、仲立ち人は「・・・350万円以上にしましょうか」と上げてくれたのだ^^;

バブル崩壊後であったが、まだ今ほどの不況ではなく、私クラスでも「350万以上でもいいのでは」と仲立ち人は品定めしてくださったようである。
というか、年収300万円でお見合いに望む男性はいなかっただろう。逆に年収300万という低い希望設定をすると「何か問題ある女性なのでは?」と勘ぐられてしまい、かえって敬遠されるだろう。

当時の見合いを頼む女性の感覚では、低くても年収400万以上、普通は年収450万~500万以上を希望し、その程度の条件ならば、どんな女性であっても「身の程をわきまえろ」とは言われなかった時代だ。
世間様も、最低それくらいの条件は当然だよね、という感覚であったと思う。そう、それが最低のラインだったような気がする。
なので、当たり前のように600万以上を希望する人もたくさんいただろう。でも「普通クラスの女性ならば、それくらいの条件を出すのも仕方ないよね」ということで、高望みだと批判されることはなかったと思う。
さすがに1000万以上は、当時でも「ちょっとそれは無理」「そういうあなたはどこのお嬢様?」という感じだったと思う。

>ちなみに、現在25~35歳の未婚男性で、年収400万円以上の男性は19.5パーセント、600万円以上は3.5パーセントしかいないという。今であれば、350万以上というのはかなり厳しいかもしれない。

で、ほかの条件は・・・自分の仕事や可能性に燃えていたので、転勤するような人は不可、東京からは離れられない、などなど、これも条件であった。
我がままで不遜で自分勝手な条件かもしれないが、今まで自分がやってきたことや可能性を捨てることは、当時はできなかったし、思う存分可能性にかけられる環境を希望した。

それに条件はこれだけではなく・・・金銭感覚が違う人(あまりにケチだったり、反対に浪費家だったり)も困るし、神経質な人ともうまくいかないだろうし、なんだかものすごく趣味にはまっていてそれを最優先したい人も困るし、生理的嫌悪感のある人も困るし・・・
で、やはり相性が合うかどうか、ということも大事になる。

もちろん、相手も、いろいろと条件があっただろう。

で、お付き合いしてみるも、結局、条件から入っている分、お互い「好き」という感覚はないわけで、話題も探すも、それほど弾まず・・・つまり、そんなに楽しくはなく、毎週お会いするのも、仕事が忙しかったし、ちょいと苦痛であった。同じ趣味でもあれば、会話は弾んだかもしれないが・・・趣味が合うというのは結婚条件においては優先順位の下位である。

お会いするよりも家で休みたい、あるいは仕事を進めたい、ほかのやるべきことをしなくては、という気持ちが強く、おそらく相手の方も、忙しい仕事の中、せっかくの休日を妥協相手と付き合うのは苦痛だっただろう。
なにか夢中になる趣味を持っている男性であれば、そんな妥協相手と付き合うよりも、自分の趣味に時間とお金を使いたかっただろう。趣味が合い、会話が弾む気の合う友達と過ごしたいだろう。ゆっくり休みたかっただろう。

お互い、そんな気持ちでお付き合いするのは、相手にも失礼ということで、上手くいかないのは当然である。

「もっと相手に合わせる気持ちを持って」と世間はよく言うが、よほど相手のことが気に入り好きにならない限り、結婚生活にあこがれを抱くことができない限り、あるいは子供が絶対に欲しいという気持ちがない限り、とにかく結婚することが最優先というのでない限り、皆それぞれ忙しいし、やりたいこともあるだろうから、そう簡単に運ばないのではないか、と思ってしまうのだった。

自分のやりたいことをあきらめて結婚したとしても、やはり後悔した気がする。
結婚さえしなければ・・・という気持ちが常に付きまとっていただろう。そんな気持ちを抱え込む自分も不幸だが、一緒に生活する相手にとっても不幸なことだろう。

将来のことを考えるも、老後のためを思って生きることは、なかなかできない。
それに結婚が必ずしも安心の老後を保障するものでもないし、たとえ、老人になったときに、孤独で後悔することになっても・・・じゃあ、将来、安心して死を迎えることができるように今を我慢して生きなきゃいけないのか?てなことになってしまう。20代30代に「老後の心配」をさせようとしても、無理かもしれない。老後のことよりも、今の自分を大切にするだろう。

結局は、まず相手が好きであり、それもお互いに「結婚したい」という気持ちが時期的に合い、相手が好きなので相手への条件もそれほど厳しくはなく、そこそこの条件で妥協できるので、結婚できるのだろう。

でも、これって「奇跡」に近いんじゃないだろうか^^
ので、結婚している人たちはほんとうにすごいと思うのだ。

そして、男性も女性も、モテる人は「もっといい人が現れるかも」と希望をもってしまい、なかなか踏み切れない場合もあるだろうし、モテない人は「自分とつきあってもいいという人がなかなか現れない」ので事が進まず、だからといって「つきあってくれるならば、誰でもいい」ということにはならず、条件は落としつつも・・・意に沿わない人と仕方なく無理して結婚する気になれないだろう。そんな結婚しても長続きしないし、お互いが不幸になるだろう。

で、昔は女性が専業主婦として、夫となる男性側の環境に合わせていたが、「女性も仕事をして稼げ」となると夫となる男性側の環境に合わせることは難しい場合も出てくるだろう。

そういうことでは、専業主婦志向の(家計の補助にパートやアルバイトをする)女性がたくさんいるということは、「とにかく結婚して欲しい日本社会」にしてみれば良いことなのではないか、とも思ってしまう。そういう女性は男性に合わせることができるだろう。
生活費が足りなければ、パートに出てくれ、家事や育児は主にやってくれるだろうから、夫はちょっと手伝う程度でいいので、男性にとっては、こういう女性とが一番結婚しやすいかもしれない。

今は、昔のように社会的信用を得るためといって無理に結婚しなくていいし、男性も結婚しなくてもそこそこ快適に生活できるわけで、女性を選ぶ目は厳しいのだろう。

でも、結婚してもしなくて選択できる自由があることは基本的に良いことではないか、と思う。
それに、やっぱり結婚している人のほうがまだまだ圧倒的に多いのだから、社会としては上々ではないか、と・・・^^;
※ちなみに、生涯未婚者は男性17パーセント、女性7パーセントだとか・・・

恋愛も結婚もできればしたいけど、けど何が何でもというわけでもなく、「できたらいいね」くらいな気持ちなのかもしれない。
それを「草食系」と言うのならば、男女ともに、そういう人はけっこう多いのでは、と思う。

もちろん、「やっぱり結婚したい」とがんばっている人もたくさんいるだろう。だから、まだまだ結婚する人のほうが圧倒的に多いのだろう。

ただ、「お見合い」っていうのは、まず条件ありきになるので、かなり厳しいと思う。恋愛のように「相手が好き」という気持ちがない分、お互い、実にシビアである。ただ、結婚についてのいろいろな決まりごとは話し合いやすいかもしれないが・・・

やはり、結婚は「恋愛」から入る方が、しやすいのかもしれない。お見合いよりは、条件はゆるくなるだろう。
だから、結婚して子供を産んで欲しい世間は「恋愛しろ」とうるさいのだろう。

しかし「恋愛弱者」と呼ばれる喪男、喪女は「見合い」しか手段はないのだが・・・人生を左右する結婚となれば、おそらく恋愛よりも厳しい条件をお互いに突きつけ合うことになり・・・難しいのかもしれない。あとは妥協し、かなり譲って(条件をかなり落としてまで)、好きという気持ちがまだ芽生えない相手と結婚したいのか?ってことになる。

また、「お前に釣り合うのはこの程度だ」というのが、あからさまになるのも「お見合い」である。あまりに「釣り合わない」と周囲が判断すれば、最初から「見合い話」はこない。釣り合うと思われたから、見合い話がきたり、紹介されるのである。

職業、収入、学歴、容姿、年齢などなど・・・人間を品評するのが「お見合い」なので、「あなたにはこの程度が釣り合う、お似合いだ」というお相手が、第三者によって選ばれるのだ。
つまり、相手のレベルを見てガックリきたら、世間から見れば自分もガックリなレベルの人間だということなのだ。世間が見て「自分の価値、レベルはどのくらいなのか」っていうのも分かったりする。

けど、さすがに「無職、または年収200万以下のフリーター、派遣社員」という条件の男性は、実家がお金持ちでない限り、世間は、どんな女性に対しても、「お見合いさせよう」「釣り合う」とは思わないだろう。

では、無職含め年収200万以下の低収入の男性はお見合い市場では価値がゼロなのか?ってことになるが、誰にも紹介できないのが現実なのだろう。

ただし、「専業主夫」を探しているという女性がいて、「無職、低収入でかまわない。家事育児ができるのならば」ということであれば、お話はくるかもしれない。けど「家事育児ができるのならば」という条件がつくのである。

仮に「できる、やります」という男性がいたとしても「本当にできるのか?口先だけじゃないのか?」とも思ってしまう。子供が生まれてから「やっぱりできない」では困るので、慎重になるだろう。

でも、恋愛から入れば、無職やフリーターでも結婚できるかもしれないのだ。好きという気持ちが強ければ、条件など関係なく、結婚したい、一緒になりたい、どんな苦労もいとわない、となるかもしれない。

「恋愛で相手を探せなかった者が、見合いで結婚相手を得るのは厳しい」「見合いはそこそこの条件(・・・男性であれば、年収、学歴、安定した仕事など。女性であれば容姿が良い、年齢が若い、など)を持ってないと難しいから、恋愛して相手を探せ」と、当時も言われていたっけ。

なので、やはり、結婚は「努力すれば誰もができるもの」ではないような気がする。ただ「努力しないとできないもの」でもあるかもしれない。

それでも8割~9割の人は結婚するのだから、「自分も簡単にできるのでは」とついつい思ってしまうが、「やはり当たり前にできることではない難しい行為だ」と思ったのでした。

トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

トラックバック 0