So-net無料ブログ作成
検索選択

少子化 [人生・生き方・生活・人間関係]

以前、テレビかなんかで聞いた話だけど・・・

グローバル化とは・・・良い悪いではなく、賃金の安い海外の人との競争ということになり、誰にでもできる仕事はどんどん賃金の安い海外に流れてしまうということで・・・
賃金の高い国の人にとっては厳しい状況になる、雇用はどんどんなくなる、あるいは賃金の安い海外並にどんどん安く使われる、というような話を聞いた。

つまり「普通に誰にでもできる仕事」は減り、「この人でないとできない仕事」「能力の高さが要求される仕事」「需要のある専門職」「特殊能力がいる仕事」「結果を出せる人間」といった優れた人間や高度な技術や才能を持った人間でないと、仕事がこない、雇われない状況になっていくということで・・・

これでは、ますます少子化になるのも仕方ないのかも、と思ってしまった。

経済的に子供は育てられないという理由ももちろんあるだろうけど、子供をそんなに優れた人間に育てる自信がない、というのもあるだろうと考えてしまったのだ。なにしろ「普通」「平均」ではダメらしいのだから。ましてやそれ以下だったりしたら・・・

「自分はどちらかというと劣っているほうなので、そういう遺伝子をもった子孫は世のためにも残さないほうがいい、自分で終わりにし、淘汰されてもかまわない」という内容のブログもどこかで見かけたことがある。

私も、これからの時代、私の遺伝子=性質をたとえ半分でも引き継いでしまった人間は路頭に迷うことになリ、結局は周囲や社会に迷惑をかけることになるかも、やはり子孫は残さないほうがいいかも、と思うので、そういった人の気持ちはよく分かる。

>これは卑下しているわけでも卑屈になっているわけでもなく、周囲にどんなに褒められても、おそらく自分は自己評価は低くしか捉えられないだろう。これは染み付いてしまった性格なので、どうしようもないのである。日本人らしい性格でもあるかもしれない・・・え?このブログを読む限り、上から目線の自信満々の自信過剰なヤツに見えるって?いえ、弱い犬ほどよく吼えるっていうヤツである^^;

おっと話を戻そう^^
少子化で活力はなくなり、老人が今の若い人たちにたかる制度を見直さないとならないので、少子化は社会にとってマイナスなんだろうけれど・・・

少子化は仕方ないのでは、と思う。
普通の能力では仕事にあぶれるというのだから・・・特別に優れた人間以外、将来、ますます仕事がなくなっていくのならば、その分、子供や若い人も減ったほうがまだいいのでは、とも考えてしまう。
若者、働き手が少なくなれば、雇用にあぶれてしまう人もまだ少なくて済むのでは、と単純に思ってしまう。
若者がたくさんいるけど仕事がない状態、あぶれる人がたくさんいる状態も、かなり悲惨なのでは、と。

なのに、婚圧という言葉が生まれるくらい、まだまだ世間は「結婚しろ」と重圧をかけているようである。
「孤独死」「老後は寂しい」「不幸になる」という脅しと、未婚者に対する見下す態度や「負け組扱い」をして、なんとか「結婚へ」=(子供を産め)と追い立てようとするみたいだが、だからといって、そう簡単にできないものなのである。

生涯、独身の人って、2割ほどになるのかしら・・・とすると、反対に8割が結婚する、ということで、8割も結婚するなら、「結婚しない人たち」を社会が大騒ぎして問題にすることもないのでは、と思ってしまった。

昔は、親が設定したお見合いで結婚した人も多く、恋愛で結ばれた人のほうが圧倒的に少なかったわけで・・・

恋愛で結ばれる人というのは、案外難しいことかもしれない。誰もができるってわけじゃないようにも思う。なので、親が「子供の婚活に励む」というのもありなのだろう。それを、今の若者はだらしない、パートナーも探せないのか、って批判する人もいるけれど。

それでも、昔のように、嫌でも結婚しなくてはいけなかった時代に較べたら、今は無理やりに結婚させられるなんてことはないのだから、いい時代になったとも思う。

昔は無理にでも結婚させられたので、生涯独身でいる人は少なかった、というだけのことであって、昔が良かった、というわけではないのである・・・

ちなみに、戦前は「恋愛すること」だって「良くないこと」だったわけで・・・それが今は「恋愛しろ」と世間から圧力がかかり、恋愛できないものは「負け犬扱い」なのだから、世間様の言うことは、本当に信用ならない、と思うのであった。
もちろん、世間様の「恋愛しろ」は「結婚しろ」でもあリ、結局「子供を産め、ちゃんと育てろ」ということなのだろうけれど。

30代未婚者アンケートで、現在、彼氏彼女がいない人の割合がわりと多い(数字は忘れてしまったが、4割程度?だったかな)ということで、メディア話題にしていたのを見聞きしたが、別に彼氏彼女がいないことも、きわめて普通なことではないのか、と思うのだけど・・・

世間様は「少子化になると大変だ」「異常な社会だ」って脅すけど、モーニング連載の「エンゼルバンク」では、社会が不安感を煽っているだけ、と切っていた。
昔のシステムが、今の社会システム(若者が老人を養うシステム、医療年金制度など)が合わなくなっているだけなのに、それを見直すべきなのに、少子化は社会にとってマイナスだと不安感を煽り、社会=世間様は若者に「結婚しろ」「子供を産め、育てろ」と相変わらず若者や次の世代から搾取しようとしているようである。

老人いじめよりも、若者いじめをしているように思うのだけど。
老人=弱者ではなく、年金(若者の年収分以上)をガッポリもらっている裕福な老人もたくさんいるのである。なのに、老人=弱者とひとくくりにしているのである。

けど、政治家など、相変わらず老人が権力を握っているので、改革は難しいのだろう。こういった老人は「若者が情けないからだ」と若者を批判し、搾取し続け、自分たちの既得権益を守るのに必死なのかもしれない。

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。