So-net無料ブログ作成
検索選択

子持ち既婚者VSいい歳した独身者 [雑記]

「35歳独身限界説」で、「よくぞ言ってくれた、勝間さん」「そうそう、結婚しない独身者は大人になりきれてなくって、幼稚」という感想も目にして・・・

(いい歳した)独身者VS子持ち既婚者

・・・にならなきゃいいけれど、と思ってしまう。

ちなみに「子供がいない既婚者」は、独身者を見下したりせず、それほど「VS」にはならない気がする。
(やはり、子供がいないことへの引け目があったりするのかもしれない。ただ、だからこそ「結婚できない独身者よりはマシ」と自分を慰めている人も多少はいるかもしれないが・・・)

そう、仕事をしている子持ち既婚者(とくに女性)は・・・仕事と家庭、子育てとの両立は、とにかく大変で忙しいので、独身者がお気ラクで、のほほんとして見えてしまうのだろう。
だから「いい歳しても結婚しない人は幼稚で大人ではない、困った人間」と、見下したくもなり、あの勝間さんの「35歳独身限界説」に拍手したくなるだろう。

けど、勝間さんの説がなくても、「負け犬の遠吠え」が大ヒットしたように、世間はまだまだ独身者に対し、マイナスイメージを持っており、「結婚しない人は負け」と捉えているのだから、あえて見下さなくてもいいのでは、とも思うのだ。

ま、とにかく・・・35歳以上の独身者はいい気分ではないだろうが・・・
「負けてます」「幼稚です」「半人前です」「終わってます」と開き直って、「子持ち既婚者」を「大変ですね」「あなたはずっと大人で経験値も高く上等な人間です」と認めてあげればいいのかもしれない。
たしかに、子育ては大変で難しいのだから。

とくに「仕事をしている子持ちの既婚女性」は、一番大変だろう。
なので、「独身者」に対してだけではなく、おそらく「専業主婦」や「子供がいない既婚者」に対しても、「お気ラクでいいね」と、心の中では思っているかもしれない。

大変で忙しいと、人はついついカリカリしてしまい、お気ラクそうな人間を見るとイライラし、見下すことでしか、そのストレスを解消できないのかもしれない。
そして「仕事も家庭ももち、子育てをきちんとしている自分は幸福であり、勝っている」「お気ラクそうに見えるけど、独身者は負け組で不幸なのだ」と思いたくなるのは当然かもしれない。

もちろん、仕事も子育ても両立している人は、それをしてない人間よりも、とてもがんばっている分、偉い、と思う。

ただ、もし、そういう態度が職場で出てしまったら・・・
子供が病気で職場を休まなくてはならず、仕事を他の人(仕事を優先できる独身者)に頼むことになってしまったら・・・独身者は協力しようという気にはなれなくなるかもしれない。

組織の中で働く場合、本当は職場の人間全体で、子育て中の女性(やはり現実、母親=女性が子育ての責任の大半を担うことになるだろう。もちろん父親=男性と半々で担うのが理想だろうが・・・)を支えなくてはならないのに、
子持ち既婚者の女性から見下されているかもしれない「いい歳した独身者」はそういう気になれなくなるかもしれない。

ちなみに、子持ち既婚者の男性は、独身者を見下すことは少ないかもしれない。
独身の時とさほど変わりなく仕事を続けることができるし、子供のために仕事を休むなんてことは、めったにしないだろうから。
結婚により自由度は独身のときより少なくなるが、子持ち女性ほど、家庭との両立や子育てに悩むことはないだろう・・・
なので男性は、「のほほんと見える独身者」を批判することはないかもしれない。

いや、年配の「最近の若者は・・・」と言いがちな旧世代の男性(おそらく家事も子育ても奥さんに任せっきり)も、上から目線で批判することは大いにあるか・・・^^;

ま、とにかく・・・
子持ち既婚女性が、子供が病気のたびに仕事を休まなくてはならなくなると、「だから子持ちの既婚女性は・・・」と言われてしまうだろう。
案外、職場で肩身が狭いのは「子持ち既婚女性」のほうかもしれない。

だから、ほんとうは「VS」にしてはいけないのだ。働くお母さんはたしかに偉い。本当に大変である。がんばっている。

だからといって、独身者を見下してしまえば、独身者は「ならば母親業に徹すればいいのに・・・子持ち既婚女性は仕事を休みがちで困る。皆に迷惑をかけて・・・仕事やめればいいのに」という気持ちにしかなれないだろう。

子育てをし、仕事をする女性は、本当に大変だというのは、独身者もよく分かっている。

けど、「子供を持っても働ける社会にしよう」と思うのならば、独身者の理解や協力も必要だろう。

なのに、見下してしまったら(たとえ、心の中だけにとどめておいても、それはつい表に出てしまうこともあるだろう)、その理解と協力は得られないと思ったほうがいいかもしれない。

勝間さんも「独身者VS既婚者」のバトルを煽りたくって、「35歳独身限界説」を説いたわけではないだろう。やはり少子化をなんとかしたい、と思ってのことだろう。

ただ、お気ラクそうな独身者にイラついている子持ち既婚女性は、いい歳した独身者を蔑視するほうへ、傾いてしまいがち、かもしれない。

独身者の肩身を狭くし、皆が結婚するようになれば、もっと子持ち既婚女性が職場に増え、職場は協力するしかなくなる、ということで
「結婚して子供も産んで、仕事を続ける人が勝ち」という考えを導こうというならば、ちょっと違う気がする。

ま、「結婚して子供も産んで、仕事と両立している人が偉い。勝ちだ」ということを声高に叫ばないといられないほど、子育てと仕事の両立は大変だ、ということなのだろう。

本当に幸福を感じている人は、自分と違った生き方をしている人間に対し、見下したりはしないし、声高に「自分は勝っている。幸福だ」と主張もしないだろう。
「自分は勝っている」と自分で自分を慰めさめずにいられないから、他者を見下すのである。

そういったところを独身者も察して、あえて見下されてあげてもいいかもしれない。
「大変な思いをして家庭と仕事を両立している人」に優越感を与えてあげるのも、独身者の役割かもしれない・・・^^;

で・・・何度も書いているが、子育てと仕事を両立している人は本当に偉い。ものすごい努力がいるのだろう。
だからこそ、それが出来ない人、自信のない人もいるのだ。
それが出来ない人はそれなりに違う生き方をしているに過ぎない。

子育てと仕事を両立している人にとって、そういった違う生き方をしている人が、がんばっていない気がして、見下したい気持ちも分からなくはないけれど、人それぞれ、「環境」や「能力、性質」そして「運」も違うのだ。

ま、でも・・・そもそも、「子育てによって視野も広がりレベルの高い本当の大人の人」は、違う生き方をしている他者を見下し、傷つける言動はしないだろうけれど。

ーーーーーーーーーーーーーー
余談

独身者は既婚者から見下されることがあるということだが・・・
(いや、さすがに面を向って言う人はいないだろうが、陰で、あるいは匿名のネット上で言うのだろう)

フルタイムで働いている子持ち女性も
「子供を保育園や学童保育なんかに預けたりしないで、家庭を優先したら?そんなに仕事が大事?旦那の給料でやりくりして暮らせないの?子供はお母さんに家にいてもらいたいもの。子供がかわいそう・・・」と言われることもあり・・・

フルタイムで働かざるを得ないシングルマザーは
離婚したってことも、幼稚で自分勝手だから、努力と忍耐力がなかったからそのような結果になったのでは?」「離婚なんて、子供がかわいそうだ」と言われ・・・

家庭を優先するために、けど家計を支えるためにパートタイムで働いている女性は
「パートはそれほど能力も問われないし、責任とらなくていいし、お気ラクでいいね」と言われ・・・

家庭だけに生きる専業主婦は
「社会から置いてけぼりになっている世間知らず。視野も狭くなるのも仕方ない」「夫に依存して生きている」とも言われ・・・

そして、独身者は
「視野が狭く、自分勝手で幼稚」ということで

・・・人の生き方に対し、マイナスイメージを植え付け、いちゃもんつけようと思えばいくらでもつけられるのだ。パーフェクトに生きるのは本当に大変である・・・というか。パーフェクトな生き方ってあるのか?とも思う。

お互い、マイナスイメージを植えつけあい、見下しあえば、なんだか生きづらい世の中になってしまう気がする。
いろんな生き方を認めたほうが、自分も責められなくて済むのだ・・・


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。