So-net無料ブログ作成
検索選択

ほりえもんの「稼ぐが勝ち」と勝間和代の「女はキレイが勝ち」 [雑記]

前日記「勝間和代さん」「勝間和代VS香山リカ?」の続きです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

週刊文春で「勝間和代」さんが、なんだかヘンなネタにされている。まあ、有名になった証でしょう。

ハガレン」の等価交換じゃないけど・・・
マスネディアを利用し有名になり、たくさん稼げるようになった代わりに、マスメディアの餌食にされ、プライベートなことをネタにされてしまうのだな。

まあ、その記事を見た限りでは、家族関係がちょいとぎくしゃくしているとか・・・
いろんな経験を積み、今ではスーパーウーマンの勝間さんだけど、全てうまくいき、望むものを全て得る、なんてことはなかなか難しいのだな。

けど、週刊誌は売るために「デタラメ」書いたりもするので、事実ではないかもしれない。
持ち上げては叩く・・・のがマスメディアというものなのだろうから。

そう、みんな、売るためにあの手この手で、がんばるのだな・・・文春も勝間さんも香山さんも・・・そして、下のほうで話題にした「ほりえもん」も。


「人間の生き方を考える系」「成功を目指せ系」の本は、いろいろ参考になったり、なるほどと思えることもあるけれど・・・ ハガレンの「等価交換」は、ほんとうに本質ついているよな、と感心した。
何かを得るなら、何かを差し出せ・・・何かを得る代わりに、何かを失うかもしれない。
もしかしたら、勝間さんの本にも勝るとも劣らないテーマ・・・かも^^


さてさて・・・勝間さんのことをいろいろ書いていたら、ほりえもんも思い出してしまった。

ほりえもんも「稼ぐが勝ち」というような本を書いていた。
ほりえもんとライブドアが絶好調の時である。

勝間さんが「女はキレイが勝ち」・・・まあ、なんか似たようなタイトルである^^

で、ほりえもんの本を読んでみると、上昇志向が強く、ちょいと勝間さんと重なる部分があるというか・・・思考回路が似ている部分があるなあ、と思った。

そうそう、睡眠時間もきちんと必ずとる、というところも。
睡眠は記憶を整理するにも大切なことで、睡眠を削っても何もいいことはなく、かえって効率が悪くなる、という考えも、お二人とも同じだ。
ちなみに、ほりえもんのこの本も面白かった。
説得力もあるし、「なるほど」と思え、正しいことを言っているな、と思ってしまった。
だから、ほりえもんは成功したのか、と。

でも、ほりえもんは、その後どうなったか・・・ま、ここで語るまでもないだろう。

あの留まることのない上昇志向の強さが、破綻を招いたのかもしれない。
(けど、まだまだほりえもんは執筆活動も行って、活動しているので、これからまたどうなるかは分からない)

言っていることは正しい、説得力もある、だから成功した・・・はずなのに・・・

成功者と言われている人たちの言っていることは、プラスに働くこともあるが、もしかしたらマイナスに働く場合もあるかもしれない。




nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。